乃木坂46川村真洋のお泊り愛の相手はキャバクラのスカウトマンなの?

2017年1月28日のニコ生配信による週刊文春デジタルで、事前の予告通り国民的アイドルグループ乃木坂46の1期生メンバー川村真洋のお泊りスキャンダルが報じられました。お相手の男性の職業はキャバクラのスカウトマンであるとされているようです。2014年10月に選抜の常連メンバー松村沙友里が不倫・路チュー事件を起こして以来の男性スキャンダルです。清純派のイメージで売ってきた乃木坂46の運営は川村にどんな対応をとるのかに注目が集まっています。

スポンサードリンク

乃木坂46では約2年半ぶりの男性スキャンダル

乃木坂46の1期生メンバー中元日芽香が1月上旬からブログやモバメの更新が途絶えていて、ここ数回は握手会も体調不良を理由に欠場していたので、ネットでは文春砲の標的は中元ではないかと随分騒がれていました。

そのため1月28日21時から始まった週刊文春デジタルの生配信では、出演者が驚くほどのVIEWER(7万人超)が視聴する事態になったのです。

週刊文春デジタルは元ハロープロジェクトの真野恵里菜の熱愛や、嵐松本潤の二股騒動に触れた後、予告した乃木坂46の男性スキャンダルの当事者をイラストで示しました。

▼その時のイラスト

このイラストから今回のターゲットが中元日芽香ではなかったことが判明します。

髪形や宣材写真のアングルの相似から新に浮かび上がったのは、1期生でアンダーメンバーの実力派川村真洋(かわむらまひろ、通称ろってぃ)の名前でした。

イラストを提示したあとしばらくして今回のターゲットが川村真洋のお泊りスキャンダルであることが告知されました。

一方中元日芽香はこの日に体調不良による期限付き休養を発表し、文春砲とは無関係であったことが判明しています。

スポンサードリンク

川村真洋は1995年7月23日生まれの23歳です。(2017年1月現在)

大阪府出身の元気娘で、舌足らずな大阪弁と長い髪がトレードマーク。

小学校のころからダンススクールに通っていて、ダンスと歌唱力は乃木坂46に入った時点で即戦力とみなされていました。

乃木坂46加入以前にもアップフロントのオーディションに合格していて一時的に芸能活動をしています。

2012年の乃木坂46のデビューシングルぐるぐるカーテンでは前評判通り選抜メンバー入りし、同時にダンス7福神のセンターにも選ばれて順風満帆の滑り出しをしました。

しかし2ndシングルおいでシャンプーでは選抜メンバーには選ばれず、以降(8thシングル気づいたら片想いを除いて)アンダーメンバーの常連に甘んじることになってしまいます。

ダンスも歌も才能に恵まれながら握手会人気がなく、ファニーフェイスであったことも災いしたかもしれません。

乃木坂随一のディーヴァ(歌姫)であることは自他ともに認めるところですが、歌唱力一本で勝負できるほどの実力派でもないのも事実でした。

2016年12月9日、『THE カラオケ★バトル 最強女子ボーカリスト決定戦』(テレビ東京)に出場しましたが話題にはなったものの決勝進出は逃しています。

川村は乃木坂46では、選抜メンバーが外仕事や病気で欠場するときに呼ばれるスーパーサブのポジションに置かれていました。

実力上位なのに器用さがかえって便利に使われる材料になってしまったのです。

AKB48でもダンスの実力者である田野優花が同じような憂き目に遭っています。

田野が選抜に入れないのは握手会人気のなさと自分でも認めているその性格によるものでしょう。

人気商売であるアイドルグループでは仕方のないことですが、当事者にはストレスがたまっていくのは自然の流れです。

AKB48グループでもグループ内の処遇に不満を持つ古参メンバーは押し出されるように卒業していきます。

乃木坂46のような少人数グループでは5年目を迎えて選抜メンバーの固定化が進み、非選抜の1期生はいつ卒業発表してもおかしくない状況が生まれつつありました。

川村はその筆頭格で、自信の乃木坂46での未来像が描けなくなったことが禁断の恋愛に走る原因であったと想像されるのです。

スポンサードリンク

AKB48とは一線を画す乃木坂46は清純派のイメージを大事に育ててきました。

2014年には結成3年目で紅白歌合戦出場が手の届くところまで来ていましたが、人気メンバー松村沙友里不倫・路チュースキャンダルが発覚して、紅白出場を逃してしまいました。

清純派のイメージで売っていた乃木坂46にとってこのスキャンダルは致命傷になりかねない大きな傷跡を残しました。

メンバーは激しく動揺して、メンバーの結束さえ危ぶまれる事態まで引き起こしています。

松村自身は乃木坂46を辞めることを覚悟しましたが、彼女の人気を惜しんだ運営が慰留したため残留を決断しています。

2015年には念願の紅白出場を果たしますが、大晦日の生放送本番までメンバー・スタッフともにピリピリした時期を過ごしました。

2016年も無事紅白出場を果たし清純派グループとしてのイメージをやっと取り戻したと思われた矢先に川村のお泊りスキャンダルが起きてしまいました。

今回は川村と相手の男性が昨年の12月23日と今年の1月18日に仲良くスーパーで買い物をした後川村の自宅マンションに二人で入ってゆく姿を激写されているようです。

相手は水商売に従事する男性で、キャバクラのスカウトマンだとされています。

翌日川村が先に自宅を出て行き、その後この男性がでてきたことから男性は川村のマンションのカギを持っているのではないかと文春は伝えています。

この男性は昨年の乃木坂46のライブにも招待されているといいます。

川村の所属事務所(乃木坂46LLC)にこの件で取材を申し込んだところ現在にいたるまで返事がないとしています。

相手の職業も清純派グループの乃木坂46にとっては良くない材料と言えるでしょう。

週刊文春の直撃取材に対してこの男性は川村との交際を認めたとされています。

この男性の対応が確信犯なのか何も考えずに答えたのかは判断できません。

ただこの発言で川村が交際を否定しても信用されにくくなってしまったのは事実です。

AKB48グループではこの程度のスキャンダルは何回も起きていて、ファンもスキャンダル慣れしていると言えます。

しかし乃木坂46のファンの大多数は乃木坂のメンバーとAKBのメンバーは全く違うと信じています。

乃木坂46のメンバーはみんな清純派で、男性スキャンダルなどとは無縁の存在だと信じているのです。

今でも松村の不倫・路チュー事件を許していない乃木坂ファンはたくさんいます

だから今回の川村真洋のお泊りスキャンダルが乃木坂46ビジネスへ及ぼす影響はAKBグループの場合とは比べ物にならないくらい大きいと考えられます。

川村と運営はこの緊急事態にどう対応するつもりなのかは今の段階では何とも言えません。

嵐が去るまでじっとスルーをして、ほとぼりが冷めたころ自主的な卒業を発表するというAKBグループの伝統芸が発動されるかもしれません。

川村は選抜メンバーではないものの、それに引けをとらない知名度を持っています。

このスキャンダルは乃木坂ブランドに大きな傷をつけてしまったことは間違いありません。

AKB48のようにはスキャンダル慣れしていない乃木坂の運営がこの問題にどう幕引きをするのか、ファンも関係者も固唾を飲んで注目しています。

続報

2017年2月2日発売の週刊文春が乃木坂46川村真洋のお泊り愛の続報を掲載しました。

記事が伝えるところによれば

川村と真洋の交際は半年前から始まっていた。

真洋の自宅は他のメンバーも住んでいる寮のようなマンションで、彼の存在は他のメンバーも知っているらしい。

記事には真洋と彼と真洋と同じ1期生でアンダーメンバーの和田まあや(18歳)とのスリーショットも掲載されています。

当初交際を否定していた彼氏も文春が取材した事実を告げると

そこまでご存知でしたら仕方ないですね。真洋とは友人を通して知り合いました。僕の仕事の詳細を彼女は知りませんし、彼女がアイドルだというのも後で知った。(恋愛禁止だが)二十歳を超えているから自己管理のようで。バレちゃだめみたいですけど・・・・・・

二人の仲はメンバーの一部で公認済

語ったそうです。

未成年メンバーまで巻き込んでしまったこの騒動、運営は何事もなかったようにスルーで終わらせることができるのか?

場合によっては真洋とまあやの卒業(という名の解雇)まであるかもしれません。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。