岡副麻希が面白すぎる 桐谷美玲の色違い?キタキタニシって?

陽焼けした真っ黒な肌と天然ぶりで人気爆発中のフリーアナウンサー岡副真希。おバカキャラとして認知されていますが、早稲田大学を卒業している才媛です。大学4年の時からめざましテレビに出演し、次第に人気となっていきます。スレンダー体型と桐谷美玲似のビジュアルから黒い桐谷美玲とか桐谷美玲の色違いなどとも呼ばれています。そんな岡副真希について調べてみました。

スポンサードリンク

岡副真希はスポーツ大好き少女だった

大阪市富田林市出身(後に大阪市に)、1992年7月29日生まれの24歳です。(2017年3月現在)

父は公務員でと母の名前はひとみさんです。

小さい頃から活発な女の子で、一輪車で遊んでよく転んでいました。

スポーツが大好きで小学校一年から中学校1年まで水泳を習っていました。

オリンピック出場を目指していましたが、周りに才能がある子が大勢いたので挫折してしまい辞めてしまいます。

スポンサードリンク

大阪桐蔭中学校からそのまま野球部が甲子園の常連である大阪桐蔭高校にすすみます。

乃木坂46の御三家の一人松村沙友里とは高校の同級生でした。

毎年甲子園で高校野球の応援をして、再びスポーツの素晴らしさに目覚めます。

それまで将来はCAになりたいと思っていましたが、アナウンサーになってスポーツキャスターになりたいと思うようになります。

その夢を叶えるために猛烈に勉強して早稲田大学文化構想学部文芸ジャーナリズム論系に入学しました。

高校卒業と同時に上京して一人暮らしを始めます。

大学に入って水泳を再開しようと同好会(早水会=早稲田大学水泳同好会)に入りました。

毎年夏に合宿に行き、臨海学校の指導員や小学校のプールの監視員のアルバイトをしたりしていました。

フィンスイミングサークル「SIX BEAT」にも所属し練習に明け暮れます。

2012年の第24回フィンスイミング日本選手権では女子1500mビーフィンで優勝することができました。

岡副真希の競泳水着画像はこちら

大学時代にはミスター東大に選ばれたイケメン大学生服部巧さんと交際していてして仲睦まじい様子をしばしばSNSにアップしていました。

岡副は身長163cm、水泳で鍛えたスレンダー体型で、桐谷美玲に似ていると言われるほどのビジュアルで目立つ存在でもありました。

大学1年で”早稲田コレクション2011”に登場し、読者モデルとして活動を始めます。

スポンサードリンク

2014年(大学4年)の9月からめざましテレビアクアに現役女子大生のキャスターとしてレギュラー出演することになり正式に芸能事務所スプラウトに所属することになりました。

めざましテレビに出演して、その明るいキャラクターと夏になると尋常でない陽焼けをすることで話題になっていきます。

就活ではアナウンサーになるべく、多くの放送局を受験しますがすべて不合格になってしまいます。

一部ではミスター東大との交際をオープンにしていたことが問題だったのではと言われています。

ここ3年以上彼はいないと広言しているのですでに服部さんとは別れているようです。

めざましテレビへの出演はとぎれることなく続き、2015年4月からはめざましアクアめざまし土曜日のお天気コーナーを担当することになり事務所もスプラウトから親会社のセントフォースに移籍しました。

2015年からは念願だったスポーツコーナーを担当しています。

2016年にはオリコン「第12回 好きなお天気キャスター&気象予報士ランキング」で第4位にランクイン、その人気ぶりを示しました。

女優の桐谷美玲に似ていることから、黒い桐谷とか桐谷美玲の色違いとか呼ばれることがあります。

岡副と桐谷は何度か番組で共演していて、二人が似ていることは桐谷も認めています。

身体能力が高く、柔軟性には自信があります。

▼有吉反省会でみせた180度開脚

岡副真希の天然伝説

2017年2月、めざましテレビで節分で恵方巻を食べる時の方角を聞かれて”キタキタニシ”と答えました。

▼その様子はこちらで

2017年2月27日出演のネプリーグの漢字読み書きテストで、漢検2級を持っている岡副に同じチームの堀内健が”岡副さん!お願いしますね!”とエールを送った時の答え。

じゃあオオフナ(大船=オオブネが正解)に乗った気分で‥。”

共演していた林先生(今でしょっ!の人)に早速注意されてしまいました。

国連の常任理事国は?との問題にどや顔で、

あちゅいふろ”って覚えるんですよ!アメリカ・中國・イタリア?・フランス・ロシア。”

イタリアじゃなくイギリスなんですが‥‥。

2017年3月25日にめざまし土曜日を卒業することになり、最後のお天気コーナーを涙をこらえて伝えたが、読み終わると同時に号泣。

番組のエンディングでは

私はよくバカと言われることが多くて、こんな人を朝から見たくないって人も多かったと思いますけれど…、(中略)みなさんの心に伝わるニュースを、これからもお伝えしていきたい

目を真っ赤にしながらお別れの挨拶をしました。

しかし平日のめざましテレビには継続して出演することがMC陣から伝えられ、視聴者は2度ビックリすることになりました。

早稲田大学に合格したことや、漢検2級っを取得しているので決しておバカではないのですが、その思考回路が独特すぎて常人には理解不能なコメントがしばしば飛び出すのです。

最近ではそんなぶっ飛びコメントが期待されていろいろなバラfティ番組にゲスト出演しています。

本人は2020年の東京オリンピックのスポーツキャスターになることを直近の目標に定めているようですが、道はかなり厳しいかもしれません。

それでもめげない岡副真希はきっと1970年のバラエティ界に新風を吹き込んでくれるでしょう。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。