横山裕 虐待とDVの子供時代と母の急死 水卜麻美と破局で田中みな実?

関ジャニ∞の人気メンバー横山裕。両親の離婚がきっかけで辛い子ども時代を過ごしています。15歳でジャニーズに入りますが仕事がなく、アルバイトの建設現場からレッスンに通うような生活でした。人気が出てからは一家の大黒柱として、シングルマザーの母と、二人の腹違いの弟たちの面倒を見てきました。大好きだった母は50歳の若さで急逝してしまいますが、母との約束を守って二人の弟たちを立派に一人前に育て上げています。

スポンサードリンク

継父に疎まれてDVを受け祖父母に預けられた子供時代

関ジャニ∞のリーダー的存在横山裕(本名真島侯隆・ましまきみたか)、大阪府大阪市出身、1981年5月9日生まれの35歳です。(2017年4月現在)

ジャニーズのメンバーは本名が基本で、横山裕という芸名を使っていることはとても異例で、これには複雑な事情があります。

本名の姓の真島は実母の姓、横山は母が再婚したときの継父の姓で、ジャニーズに入った時はこの姓でした。

名前の裕は、本名の侯隆(きみたか)という字を見たジャニー喜多川社長が

ユーこれじゃ読めないよ

と言って、ジャニーさんの口癖だったユーを漢字にした”横山裕”が芸名になったのです。

横山は自分に芸名が付いたことを、自分が出演したテレビ番組を見ている時に知りました。

スポンサードリンク

裕が3歳の時両親が離婚してしまい、裕は母に引き取られます。

4歳の時に母が再婚しますが、継父は裕を疎み、虐待を始めます。

困りはてた母は裕を祖父母の元に預けました。

その後母と継父の間に6歳下と8歳下の二人の(腹違いの)弟(勤さんと充さん)が生まれています。

祖父母との生活は決して裕福ではなかったものの、学校の友だちと過ごす時間はとても楽しいものでした。

中学生になってから祖父が心臓の病に倒れてしまい、裕は母の元に戻されてしまいます。

裕は再び継父の虐DVを受けるようになってしまいました。

中学3年になって、とても高校に進学させてもらえる状況ではなく、就職しようと思い始めたころ母がジャニーズ事務所に履歴書を送ります。

うまく合格すれば東京の寮に裕を入れて継父と引き離すことができ、給料までもらうことができるという一石二鳥の作戦でした。

1996年12月25日ルックスに恵まれていた裕はジャニーズのオーディションにまんまと合格します。

裕はオーディションの翌日には東京に呼ばれ取材を受けています。

スポンサードリンク

しかし地元大阪在住のまま渋谷すばる村上信五らと関西ジャニーズJrとしての活動を始めることになり、継父との同居生活は続くことになりました。

当初仕事がほとんどなくわずかな給料しかもらえなかったので、裕の稼ぎは家計の足しにはなりません。

建設現場でアルバイトをしたあとニッカボッカの作業着のままでレッスンに行くという生活でした。

事務所から夢を売る商売なんだからニッカボッカで来るのはやめてくれと言われたので、しかたなく駅のトイレでわざわざ着替えてからレッスンに通うようにしていました。

裕の給料が増えて一家を支えられる状況になると、母は継父と離婚して、裕と母と2人の弟との4人の生活が始まりました。

裕にとって信頼できる家族で過ごす幸せな時間が始まったのです。

裕は年の離れた弟たちの面倒をみたり、一緒に遊んだりすることが楽しくてなりませんでした。

2002年に関西ジャニーズJr.のメンバー8人で関ジャニ∞を結成し、2004年8月25日「浪花いろは節」で関西限定デビュー、9月22日にようやく全国デビューを果たしました。

このデビュー曲でオリコンの総合チャート及び演歌チャートで1位を獲得しています。

このころの裕は自分にはジャニーズで認められて芸能界で生き残る以外に道はないと思っていて、ファンに必死でアピールしていました。

ほぼ同期に、滝沢秀明今井翼生田斗真山下智久などがいる中で、自分たちが生き残るためには目立つことをする以外にないと思い、当時の裕はスキあらば前に出ようとギラギラしていました。

ただ根拠のない自信だけは持っていて、いつか必ず売れると信じていました

多分それは関ジャニ∞という仲間がいたからだろうと今では思っています。

今そのころを振り返るとその勘違いぶりが恥ずかしくもあり、愛おしいとも感じると語っています。

デビューから3年ほどは人気も出ず、コンサートも観客動員できずガラガラの状態でした。

当時は本当にお金がなく、東京の仕事が入ると事務所から支給された新幹線のチケットを払い戻し夜行バスで上京し、浮いた差額を食事代にまわしたりしていました。

3年目の大阪松竹座の舞台が3年目を迎えて初めてチケットが完売してメンバー全員が飛び上がって喜んだことは今でも忘れられません。

たくさんあるジャニーズグループの中でKINKI KIDSと関ジャニ∞だけが関西系のグループで、いわゆるカッコいい系のジャニーズグループとは一線を画していて、関西ノリの親しみやすさが売りのグループです。

ファンが全国規模に広がるまで若干時間がかかりましたが、現在では幅広い年齢のファンを獲得しています。

2012年からは毎年紅白歌合戦に出場し常連になっています。

2014年には日本テレビ『24時間テレビ37』のメインパーソナリティーもつとめました。

グループとしての人気が出ると同時にメンバーそれぞれのソロ活動も活発になっていきます。

裕はなんでも器用にこなす才能があり、歌手、俳優、MCなどマルチに活動のは幅を広げていきました。

歌手として、2007年大阪松竹座を皮切りに、2008年に東京と名古屋2010年には全国14都市でソロでのライブ横山YOUがヤっちゃいますコンサートを開催しています。

俳優業も派手さはないもののコメディからシリアスまでなんでもできるユーティリティ俳優として重宝されていて、テレビドラマへの出演は途切れることがありません。

舞台では2015年5月にブルームーンで初主演を果たし、2017年5月には妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』の主演を控えています。

2017年1月公開の映画破門 ふたりのヤクビョーガミでは実力派俳優佐々木蔵之介とW主演を果たして話題になりました。

俳優としてそれなりに評価はされているものの、まだ代表作と胸を張って言える作品には出会っていません。

30代半ばになってそろそろそういう作品を選んでいかなければならない年齢に差し掛かっています。

裕の性格はストイックで真面目、守ると決めた自分ルールをたくさん持っています。

遅刻は絶対にしない

目覚まし時計が鳴って10秒以内に起きないと死ぬという10秒ルールを設定してそれを守っています。

サウナ風呂は12分の砂時計が落ちきるまで出ない

オフにもぐうたらせずにジムで鍛える

怒りたいことがあってもぐっと飲みこんで我慢する

などを守り続けています。

これらは辛い子ども時代に身に着けた裕なりの処世術なのでしょう。

スポンサードリンク

苦労し通しだった母は2010年5月16日に急死しています。

買い物に行った自宅近くのスーパーで倒れ、そのまま意識が戻ることなく亡くなってしまいました。

母はまだ50歳、若過ぎる死でした。

男運が悪く、そのために子供たちまで苦労をさせてしまった母ですが、女手一つで頑張ってくれた母のことを息子たちはみんな大好きでした。

裕が母の死を知ったのは青森でのソロコンサートツア―中の最中で、開演4時間前のこと。

コンサートの中止を勧めたスタッフもいましたが、わざわざ来てくれたお客さんに申し訳ないと言ってそのまま開演を迎えました。

コンサートの最後で母親との思い出を歌詞にした曲”オニギシ”を歌う段になって何とも言えない感情がこみあげてきて、観客に背中を向けてしまいます。

そのまま歌い続けようとしましたがこらえきれなくなってうずくまってしまいました。

会場は騒然としますが、なんとか歌い終えて終了しました。

その日は大阪に帰ることができず、翌朝一番の飛行機で母の元に駆け付けました。

その時3人の兄弟で一番気丈にふるまったのは上の弟勤さんでした。

涙も見せずに弔問客の応対をしてくれたのです。

ところが母の葬儀からしばらくして勤さんが突然倒れてしまいます。

病院で目覚めた勤さんが裕に電話をかけてきて、お医者さんや下の弟が変なことを言ってくる、オカンが死んだとか……、と言うのです。

なんと母の死を受け止めきれなかった勤さんが母が亡くなった時の記憶を失くしてしまったのです。

母が亡くなった時二人の弟たちを一人前にすると誓った裕は、勤さんとたくさんの楽しい思い出を作ろうと思い、旅行に連れ出したり一緒に食事をしたりして勤さんのケアをしました。

2年程かかって勤さんの記憶が戻り、少し安心することができました。

そのころ勤さんには同棲している女性がいて、裕は結婚を勧めていましたが、ふたりはこのままでいいと言っていました。

たまたま弟の家を訪ねた裕が結婚式っていくらぐらいかかるのかなとつぶやくと、相手の女性はすぐにゼクシイを持ってきたのです。

見せてくれたページには蛍光ペンでラインがひいてあり、彼女が本当は結婚式を挙げたいのは明らかでした。

裕は勤さんに結婚式を挙げるように説得します。

しばらくして勤さんから裕に結婚式に出てほしいと連絡がありました。

結婚式に親代わりとして出席した裕は、勤さんから今まで面倒を見てくれたことのお礼の挨拶を受けて号泣してしまいます。

そのあとのサプライズでの家族になろうよのトランペット演奏は涙でグズグズになってしまいました。

人目もはばからず号泣する裕の姿に、これまでの兄弟の生い立ちを知っている列席者はもらい泣きをしていたそうです。

その後下の弟充さんが税理士の資格を取って独り立ちをして、裕はこれで母との約束をまもることが出来たとホッとしたと語っています。

裕の恋愛遍歴はそう多くはありません。

最初に熱愛が発覚した相手は元モデルでバックダンサーなどの活動をしていた6歳年上の中野良子です。

6歳年上の彼女とは2004年のミュージカルDREAM BOYで共演したことがきっかけで交際が始まります。

その後交際が深まり彼女が裕の自宅マンションに同居する形で同棲が始まったようです。

このことは長らくマスコミに知られることはなかったのですが、2013年3月思わぬ事件から2人の同棲生活が発覚してしまいます。

裕の自宅マンションの部屋で彼女が”水漏れ騒動”を起してしまい、

下の階からの通報で事件になってしまい、二人の同棲がわかったのです。

この騒動で裕は600万円の賠償金を払っていると言います。

2人はすぐにこの部屋を引き払って、別々のマンションに引っ越しますが、それぞれの部屋を行き来するなどしばらくは交際が続いていたようです。

2015年7月週刊文春が横山裕とNTVの水卜麻美アナとの密会を報じます。

ヒルナンデスで共演したことがきっかけで意気投合し交際に発展しました。

水卜アナが週末に通っているボクシングジムに横山も顔を見せていて、その後水卜が横山のマンションに出入りする様子をスクープされたものです。

ジャニーズタレントとNTVの看板アナとの熱愛報道でマスコミは沸き立ちますが、ジャニーズ事務潮もNTV側も火消しに躍起になります。

横山は一時結婚を意識していて、水卜もNTVの退社を考えた時期もあるようです。

しかしNTVが水卜アナの仕事を減らし圧力をかけたことで、仕事が大好きでNTVでのアナウンサーの仕事を失いたくない水卜アナが身を引く形で年末には破局してしまいました。

水卜は横山との破局を上層部に報告したと伝えられています。

2017年になって横山とフリーアナ田中みな実の交際が報じられました。

1月にプロダクション関係者がセットした飲み会に田中みな実と横山が同席して知り合ったと言います。

田中は昨年11月に出演した『ボクらの時代』(フジテレビ)で

(仕事を)辞めてもいい。結婚して家庭に入ってもなんの悔いもない。(中略)来年結婚して妊娠する。結婚の目処が立つといいなって感じだから、ポンポンいかないと……。

と語っています。

これに危機感をいだいたのが田中が所属するプロダクションテイクオフの幹部たちでした。

最近ジャニーズタレントの熱愛報道が頻発していて、ジャニーズ事務所は、所属タレントの私生活の動向に神経をとがらせているのです。

それを良く理解しているテイクオフ側は、ジャニーズ事務所を刺激して、テイクオフ所属のタレントとジャニーズタレントとの共演がNGになるような事態は絶対に避けたいのが本音です。

これを危惧したテイクオフはグループの総帥である芸能界のドンの異名を持つ周防郁夫氏にマスコミ対策を依頼したといいます。

多くのマスコミは周防氏とはことを構えたくないと思っているので、横山と田中の交際はマスコミの標的から外れてしまうでしょう。

今後二人の交際は表に出てこないことが予想されます。

それでも超肉食系女子田中みな実が横山裕という大きな獲物をどういう風に仕留めるのか興味のあるところです。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。