木崎ゆりあ生放送でAKB48からの卒業を発表 女優の夢を追いかけたい

AKB48チームBのキャプテン木崎ゆりあが2017年4月12日深夜のAKB48のオールナイトニッポンの生放送中でAKB48から卒業することを発表しました。先輩後輩問わず愛された天然キャラの木崎でしたが、キャプテンとしての責任が重圧になっていたようです。卒業後は夢だった女優業に専念する意向で、将来は三谷ファミリーに入ることが目標だと語っています。

スポンサードリンク

キャプテンの重圧におしつぶされそうになって卒業を考え始めた

AKB48チームBのキャプテン木崎ゆりあ、愛知県春日井市出身、1996年2月11日生まれの21歳です。(2017年4月現在)

両親と兄、ゆりあの4人家族、大好きな祖父母も健在です。

実家はかなり豪華な高層マンションで億はくだらないだろうと言われています。

天真爛漫で、正義感が強く、元気がないメンバーを自然に励ましたりできる優しい性格は家族の愛情をたっぷり受けて育てられたからでしょう。

小さい頃からアイドルが大好きで自分もアイドルになりたいと思っていました。

2007年12月27日avex audition project 俳優・タレント・モデルオーディションに合格して芸能界デビューしますが目立った活動はしていません。

2009年11月中学3年の時にSKE48第三期メンバーオーディションに合格して芸能活動を再開します。

ここから木崎ゆりあの快進撃が始まります。

スポンサードリンク

2010年6月研究生のままでSKE48の3rdシングルごめんねSUMMER7人選抜に抜擢されました。

それから1週間後の6月23日に正規メンバーに昇格します。

同年10月27日にはAKB48の18thシングルBeginnerのC/W曲僕だけのValueでアンダー選抜に抜擢されました。

2011年には東海テレビ制作の昼ドラ明日の光をつかめ2女優デビューを果たします。

このことがきっかけで将来は女優になりたいとおもうようになりました。

人気もうなぎ上りで、2012年の選抜総選挙では31位2013年には22位と順調に順位を上げていきます。

2014年2月24日の公演でAKB48のチーム4への移籍と同時に副キャプテンに就任することが発表されました。

アイドルとしてのポテンシャルだけでなく、木崎の人望や人柄に対しても運営サイドの期待が高いことを示す移籍でした。

しかし選抜総選挙では23位と一つ順位をさげました

2015年3月26日の公演でチームBへの異動とキャプテン就任が発表されます。

この年の選抜総選挙では22位と一つだけ順位をあげました

2014年5月21日リリースのラブラドールレトリバー以降は標題シングル選抜メンバーの常連になりますが、総選挙では一度も選抜メンバー(16位以内)に入ることができません

このころから破竹の勢いで、AKBグループのヒエラルキーを駆け上がってきた木崎が挫折を感じ始めるようになっていきます。

選抜総選挙の順位は2013年と2015年の22位が最高で、2016年には最後の総選挙と宣言したにもかかわらず順位は37位と急落してしまいました。

年末の紅白選抜では23位にランクインしています。

この結果で大家津香と同じく、木崎の人気はAKB48のファンの中でよりも、一般の人たちでの人気が上回っていることがわかりました。

このことも木崎がAKB48からの卒業を意識した理由の一つになっています。

スポンサードリンク

木崎はざっくばらんで、自分のことは何も隠さない性格です。

落ち込んでいる後輩には自然と声をかけ、食事に誘うなどキャプテンとしての責任を自分なりに果たしているつもりでした。

しかしチームから卒業者が相次ぐなど自分はキャプテンの仕事ができていないのではないかと悩むようになっていきます。

木崎が本格的にグループからの卒業を考え始めたのはこの頃でした。

ここ1~2年は自分のことよりチームのことばかり考えていたのです。

今年になって改めて自分の将来について考えて見て、夢である女優業に進もうと決心しました。

仲良しの川栄李奈が2年前に卒業して女優として活躍していることに刺激になっています。

2017年4月12日深夜のオールナイトニッポンの生放送に総監督横山由依と入山杏奈と3人で出演し、番組半ばで重大発表として木崎がAKB48を卒業することを発表しました

生放送でこの発表をするにあたって、誰と一緒にいたいかとスタッフに聞かれて選んだのが横山と入山の2人でした。

木崎は

1人じゃめちゃめちゃ怖いから、ゆいはんとあんにんに一緒にいてもらった。こんなすてきな場所で、ファンの方に直接お伝えできるのはありがたい。ありがとうございますという気持ちでいっぱいです。

と語り、

13歳でAKB48に入り8年を過ごしたことについては、

(13歳から今日までやってきて)アイドル人生は、おなかいっぱいだなと。これからは自分がやっていきたい演技について真剣に考えなきゃいけない

と木崎らしい言葉で語りました。

2人は放送前に木崎の卒業を知らされていたものの、木崎が卒業を発表するとこらえきれずに泣いてしまっています。

それでも木崎を温かく見守る二人の気遣いが感じられる良い番組になっていました。

木崎の卒業時期は年内としか決まっていず、詳細はこれから相談するようです。

2014年公開の映画柘榴(ざくろ)坂の仇討や、連続ドラマGTOに出演したことで女優になりたいとの思いが募ったといいます。

いつか三谷幸喜作品に出演して三谷ファミリーに入ることが目標だとも語っています。

ハッキリ言って木崎の女優としてのポテンシャルは未知数です。

きっと茨の道が待っていることでしょう。

管理人の個人的には天然・おバカキャラを活かして、バラエティ番組を目指す方が向いているのではないかとも思います。

それでも川栄のようにおバカキャラを封印して女優一本で勝負して成功している例もあるので木崎にも十分チャンスがあります。

AKB48の愛されキャラ木崎ゆりあの女優としての未来に期待したいと思います。

両親からの手紙と木崎ゆりあの天然エピソード

木崎が先輩後輩をとわず慕われているのには理由があります。

家族からたっぷりと愛情を貰って育ったからです。

▼両親とゆりあ

2015年6月に深夜番組「娘は アイドル」 (フジテレビ系)で、両親・木崎幸一郎さん 栄里子さんからの手紙が紹介されました。

ゆりへ小さい頃はおてんばで、男の子に生まれた方が良かったのかなと思ったりもしたけれど、今では アイドルだもんね、不思議だね。
1人で東京へ行って、私たちが思っている以上にきっと辛い思いもしてるよね。
でもあなたには家族ももちろん、一緒に頑張っている仲間や支えてくれるスタッフの皆さん、
そしてあなたの良い所も悪い所も受け入れ、いつも支えてくれて一緒に喜んだり悲しんだりしてくれるファンの皆さんがいるから大丈夫。
だから安心して、これからも自分らしく進んで下さい。
あなたが頑張っている姿を見ると、私たちも、もっと頑張ろうと思えます。
いつもありがとう。パパ、ママ より

実家には木崎専用のサンドバッグが置いてありキックの練習をしていたので廻し蹴りが大得意です。

▼AKBINGOで松村香織の頭の上の紙風船を目がけて廻し蹴りをする木崎

木崎は、裕福な家庭に育って甘やかされて育てられましたが、わがままな性格にはならずに他人を思いやる優しい性格になりました。

天然ぶりをからかわれてもあっけらかんと笑い飛ばす性格が慕われているのです。

このころ月のお小遣いが15万円であることを番組中でカミングアウトしてメンバーを驚かせています。

4人家族で渋谷に一軒家を建て4人家族で仲良くくらすためには月収400万円は必要だとも言っています。

厳しい躾で育てられた横山総監督やおっとりして優しい入山と仲良しでいられるのが一番の証拠です。

木崎ゆりあの天然エピソード

2日間でキャリーバックを3回忘れたことがある

昭和の前の年号は江戸と答えた

ワンピースのまねをして腕に×マークを書いたが、油性マジックで書いてしまい次の日(公演日)になっても消えなかった

神戸を“かみど”と読んだ

楽屋で緑茶のパックを発見して「あ!!みどりちゃ飲む(・∀・*)」と言った

お弁当を作っているときに、半分に切ったハンバーグを縦に入れてしまい、ふたが閉まらなくなった

中学生になっても子供クリニックに通っている(理由はここが好きだし、ちっちゃい子達がいっぱいいるし、待ってる時間も楽しいから)

「ずっとあたし丸いままなのかなぁ…」と鏡の中の自分に向かってつぶやいていた

九九のかけ算ができない

犬のマルチーズのことを食べるチーズだと思っていた

小学生時代に男子生徒から暴力女と呼ばれていた

猫は卵から生まれると思っていた「猫って卵から生まれるッスよね!どうやって生まれるのか見てみたいッス!」

生まれも育ちも愛知県なのに「名古屋県」と言っていた

ゆりあ「みぃちゃんって、あれだよね、あの……高知県の聖徳太子だよね!」桑原みずき「観光特使や!(`皿´;)」

抜き打ちテスト収録後のインタビューで「ひらがなさえ使えれば生きていける!ハワイに行ったときもハローとテンキューしか言わなくても大丈夫だった」と豪語した

週刊AKB抜き打ちテストで18人中最下位(国語/25点・英語/0点・社会/10点・保健体育/35点・音楽/15点 合計85点)になり見事おバカ女王の栄冠に輝いた

「もしタイムスリップするとしたらどんな時代に行きたい?」の問いに「明治時代!・・・よく知らないけど、チョコがおいしそうだからです(明治製菓より連想したらしい)」と答えた

こんな木崎ゆりあですがきっとこれからもファンに愛されながら女優として活躍してくれるでしょう。

関連記事:AKB48選抜総選挙2017順位予想と辞退者の理由 指原の3連覇は確実か
薮下柊NMB48卒業を発表 アイドルからの幸せな卒業と不幸な卒業を考える


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。