岡田准一、宮崎あおいとの不倫で高岡蒼甫に謝罪。軍師官兵衛に主演

V6のメンバーで俳優の岡田准一。来年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演が決定しています。先日公開された映画”永遠の0”では、海軍一の臆病者と言われた天才パイロットが、戦況の変化につれて、次第に狂気をはらみ、特攻を志願するという難しい役柄を熱演して絶賛を浴びています。祖母も母も姉もみんな美人ピアニストで地元では有名でした。

 

スポンサードリンク


V6のメンバーで俳優の岡田准一、大阪府枚方市出身、1980年生まれの32歳。
母親が、車の中で産気づき、生れたというエピソードを持っています。
全身紫色で、息もしておらず、急いで駆け込んだ病院の看護師が、死ぬほど体を叩いてくれて、やっと息をし始めたのだそうです。
小学校2年の時に両親が離婚、母と姉の3人で暮らしていました。
男とはどうあるべきかを考え続ける岡田准一

小学校の時は太っていて、同級生からはデブと呼ばれていました。

中学校にはいって、デブから抜け出すためにラグビー部に入りました。

祖母も母も2歳年上の姉もみんな美人ピアニストです。

母の岡田美緒は、大阪芸術大学大学院を首席で卒業、さまざまなコンクールで受賞するほどの才能の持ち主です。

母親は現在地元枚方市でピアノ教室を開いています。

2歳離れている姉は完全音感を持っていて、音大を卒業してピアニストをしています。

両親は、岡田が小学校2年の時に離婚、父親が家を出ていく時の姿を覚えているそうです。

「男なんだから自分で考え、自分で責任を持ちなさい」というのが母の口癖で、岡田はいつも男はどうあるべきかを考えていたようです。

父親を恨む気持ちは全くなく、どこかで元気で幸せにくらしていればいいなと思っています。

岡田の将来の夢は、『平和なお父さん』、『フレンドリーな家庭』だとインタビューで答えています。

岡田の身長は公称170cmとされていますが、実際はもう少し低いのではと言われています。

身長の低い名優は世界にもたくさんいます。

クレイマークレイーマーのダスティン・ホフマン165cm、バックトゥザフューチャーのマイケル・J・フォックス163cm、、ロバートレッドフォードは公称172cmでしたが、女優とのキスシーンなどでは『セッシュウ』と呼ばれている踏み台を使っていました。

この『セッシュウ』は映画界の用語で、日本人初のハリウッド俳優早川雪舟が背が低くて、他のアメリカ人俳優とのバランスを取るために、初めて踏み台を使ったことが起源です。

岡田もこれらの名優たちの仲間入りをしてほしいものです。

スポンサードリンク


14歳の時に母が『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「ジャニーズ予備校」に勝手に応募し、交通費がもったいないという理由で、一人で上京してオーディションに臨みました。

まさか合格するとは思っていませんでしたが、はからずも合格してしまいます。

単身で東京暮らしを始め、それからはずっと母とは年に1~2回ほどしか会えない生活をしています。

下積みをほとんど経験せずにV6としてデビューすることになりました。

2002年の宮藤官九郎脚本のドラマ『木更津キャッツアイ』で主演を果たし、一躍脚光を浴びます。

2008年のドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』に主演することが決まり、肉体を自在に駆使できる俳優を目指して、格闘技の習得に励みます。

カリ、ジークンドー、USA修斗のインストラクターの資格を持っており、アクションシーンは許されれば全部自分で演じたいというこだわりを持っています。

映画『図書館戦争』では、プロのスタントマンよりもキレのある動きをして監督を驚かせました。

2013年4月からは、地元大阪の枚方市にあるテーマパーク「ひらかたパーク」のイメージキャラクター”超ひらパー兄さん”に就任して話題になりました。

「ひらかたパーク」は全国的には無名ですが、大阪ではユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に次ぐ年間120万人を動員する人気スポットで、岡田も子供のころには何度も訪れたことがあるそうです。

CMでは普段のカッコイイ岡田ではなく、こてこての大阪のあんちゃんのノリを見せています。

スポンサードリンク

岡田の熱愛相手として最初にスクープされたのは、その当時人気絶頂だった優香です。

 

1999年11月深夜の路上で、岡田の車に乗り込む優香の姿が目撃され、シートを倒して4時間も車中で過ごしたことがフライデーされました。

その後は蒼井優長谷川京子などの名前も挙がりますが、どれも進展はしませんでした。

もっとも世間を驚かせたのは、2011年12月の週刊文春による宮崎あおいとの不倫報道でした。

当時宮崎は夫高岡蒼甫のTwitterでのフジテレビ批判などの暴走で、一方的に被害をこうむっていると世間の同情を集めていました。

2011年の7月には別居、宮崎の気持ちはすでに離婚を決意していたようです。

高岡の再三の話し合いに宮崎が多忙を理由に応じない日々が続いていました。

ところが、高岡名義で契約していた宮崎の携帯電話の請求書に添付されていた通話やメールの明細に、ある特定の番号やアドレスの頻度が異常に高いことに高岡が気づいてしまいました.

その番号やアドレスには昼夜関係なく通話やメールが行われていました。

それで高岡は意を決してその電話番号に電話を掛けてみたのです。

電話はある男につながりました。

その男は高岡に誤解があるようだと言って、面会して話し合うことに同意しました。

その面会の席に現われたのが何とマスクとサングラスで変装した岡田だったのです。

最初岡田はしらを切っていましたが、高岡の追及に事実を認め、謝罪をすることになってしまいました。

伝えられるところによれば、岡田と宮崎はお忍びで温泉旅行にも行っていたようです。

これにショックを受けて、高岡は離婚届に署名したと言われています。

一般人からの目撃情報だけでなく、離婚騒動で損害を被った高岡のマネージメントサイドから情報がリークされてこの二人の面会が、発覚したようです。

一方的に批判され続けた高岡サイドの捨て身の反撃だと言われています。

その後は宮崎サイドも、岡田サイドも、次のリークを恐れて戦々恐々だったようです。

最近になって高岡と鈴木亜美の熱愛が報じられて、やっとホッと出来たのではと伝えられています。

この騒動が落ち着くまでは、宮崎も岡田も新しい恋というわけにはいかないようで、しばらくは仕事に専念する日々が続くのでしょう。

2014年1月からは、NHKの大河ドラマ”軍師官兵衛”が始まります。

前川洋一のオリジナル脚本でどんな演技を見せてくれるのか期待が高まっています。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。