有吉弘行、冠番組7本の売れっ子ぶり。それでも家賃15万の暮らし

お笑い毒舌芸人有吉弘行、猿岩石時代に「進め電波少年」のヒッチハイク企画で大ブレーク、一躍人気者になりました。CDや本も爆発的に売れましたが、あっという間に人気はなくなり地獄を見ます。数年間で仕事も貯金もなくなり自殺まで考えますが、上島竜平らの先輩たちに助けられて芸人として生き延びました。たまたま一発屋芸人として出演した番組で、出演者につけたあだ名と毒舌が注目され復活。今やゴールデンタイムも含めて、冠番組を7本も持っているテレビ業界No.1の売れっ子になってしまいました。年収は5億とも言われています。極貧時代のトラウマで、今でもケチと言われる倹約家です。

スポンサードリンク

電波少年でブレーク後地獄を見るも、毒舌とあだ名で復活

毒舌とあだ名で人気のお笑い芸人有吉弘行、広島県安芸郡熊野町出身、1974年生まれの39歳。

広島県立熊野高等学校卒業後、読売テレビの「公開弟子審査会」に合格してオール巨人に弟子入りしますが、半年で辞めてしまいます。

1994年お笑いコンビ”猿岩石”を結成してデビューするも、まったくブレークの兆しはありませんでした。

1996年4月、日本テレビの人気番組「進め電波少年」のオーディションに合格、香港で前説をすると言われて香港に渡ると、いきなり「ユーラシア大陸をヒッチハイクで横断して、ロンドンがゴール」という企画に参加するように告げられます。

当時全くの無名であった猿岩石は、「この企画を断れば芸能界から干されて追放される」と考えて仕方なく了承します。

実は、猿岩石がこの企画のオーディションに合格した理由は、向こう半年間のスケジュールが白紙だったからでした。

ヒッチハイクの旅は、想像を絶する苛酷さで、何度もリタイアを考えますが、ココで辞めれば芸能界には残れないと思い、何とか続けました。

そんな猿岩石の旅の様子は、オンエアで次第に人気を呼び、視聴率も急上昇、社会現象にまでなってしまいました。

幾度かのリタイアの危機を乗り越えて1996年10月にゴールを迎えました。

帰国凱旋ライブも大反響で、CD「白い雲のように」はミリオンセールスを達成、レコード大賞新人賞を受賞、猿岩石日記はシリーズ累計250万部を数えました。

当時猿岩石は月給制で、100万ほどでしたが、印税収入もふくめると最高2,000万になる月もあったと後に語っています。

アイドルなみの人気を誇った猿岩石ですが、実力も持ちギャグもネタもあるわけではなく、すぐに底が割れて、人気が落ちていきます。

帰国後4年間でとうとう仕事はゼロになってしまいました。

相方の森脇とも不仲になり、目指す路線の違いから2004年に猿岩石を解散します。

最高で7,000万円あった貯金もあっという間になくなり、同じプロダクションの先輩芸人ダチョウ倶楽部の上島竜平に毎日食事をご馳走になる生活を続けていました。

その頃の毎日の日課は、午後4時に事務所に電話をかけて、翌日のスケジュールを確認することだけでしたが、毎日仕事はないと告げられ、次第にそれが恐怖になり、夕方4時になると体が震えるようになったと語っています。

その頃の経験がトラウマとなって、年収5億と言われる現在でも、月15万の家賃の部屋に住み、餃子の王将でセットメニューを頼む生活を続けています。

スポンサードリンク


現在これだけ売れているのに、視聴者からの反発が少ない理由は、収入が増えても売れない頃の生活スタイルを変えない地道さに共感を得ているからかもしれません。

そういう事情を知らない後輩からは、ケチと思われていますが、有吉本人はまったく気にしていません。

「貯金1億では安心できない。10億あったらやっと1億ぐらいは使ってもいいかなと思う」と今でも思っているそうです。

不遇の時代に、たびたび番組に呼んでくれた内村光良や、南原清隆、さまーずたちのことは、命の恩人だと言っています。

折に触れて、これらの先輩たちに感謝の言葉を述べることも、視聴者の好感を呼んでいます。

2007年8月にアメトークに出演した際に、品川祐につけた”おしゃべりクソ野郎”というあだ名が大爆笑をとり、ネットで話題になります。

このことで有吉のあだ名をつける才能が評判を呼び、多くのバラエティ番組で取り上げられ、番組出演の依頼が来るようになっていきました。

毒舌、いじりキャラとして有吉は認知されて、再ブレークすることになります。

家族のことはあまり語らない有吉ですが、母親には毎月仕送りをする親孝行な一面も持っています。

4歳離れた弟がいて、小さいころから兄には威張られていたと語っています。

再ブレークして多忙の2010年に父親が脳梗塞で倒れ7か月の闘病後なくなりましたが、有吉は仕事のために葬儀にも参列できなかったとツイートしています、

「電話で主人の死を伝えたとき、最初は無言でしたけど、少し落ちつくと“お母さん、長い間お父さんのこと看てもらってありがとうございました”っていってくれて…。そして続けて“ぼくは仕事でいますぐには帰れないから、後はよろしくお願いします”って…」

と母親がその時の有吉の様子を語っています。

有吉本人は「芸人やタレントにあだ名を付けて本気で怒られたことはまだない」と言っていますが、事実は違います。

有吉のあだ名や毒舌が原因で、共演がNGのタレントは何人かいます。

女優の菊川怜に「お前なんか学歴だけだろ」と言ったら、本番中に泣きだし、謝罪も受け入れず、いまだに許していません。

叶姉妹には支持層がわからないと言ったことで共演NG。

人気絶頂の時期の青木さやかも泣かせています。

2011年には、年間テレビ出演本数ランキングで1位になりました。

2013年12月現在、一流タレントの証しである冠番組を7本も持っています。

有吉AKB共和国(2010年3月29日~TBS)MC
マツコ&有吉の怒り新党(2011年4月5日~テレビ朝日)MC
ぶらぶらサタデー「有吉くんの正直さんぽ」(2012年4月7日~、フジテレビ)MC
有吉ジャポン(2012年10月9日 ~、TBS)MC
有吉反省会(2013年4月7日 ~ 、日本テレビ)MC
有吉ゼミ(2013年9月9日・10月7日 ~ 、日本テレビ)MC(教授)
有吉弘行のダレトク!?(2013年10月8日 ~、関西テレビ)MC

その他にMCを務める番組が3本もあります。

ウーマン・オン・ザ・プラネット(2012年10月6日~、日本テレビ)MC
今、この顔がスゴい!(2013年4月11日~、TBS)MC
ひろいきの(2013年10月15日~、フジテレビ)MC

タモリ、たけし、さんまのBIG3の後を継ぐのは誰かという質問への答えがここにあるのかもしれません。

スポンサードリンク

女性と付き合うことは、基本苦手です。

そのため熱愛報道の数は、多くありません。

2007年から2009年にかけて、モデルの青木亜希との交際を双方で認めていますが、破局しています。

2010年には一般人のOL、モデルの大石 参月( みつき)との交際も報じられましたがいずれも別れています。

ぶらぶらサタデー・有吉くんの正直さんぽ」で共演している女子アナ、生野陽子(ショーパン)との絡みが、まるで恋人同士のようだと評判になっています。

有吉くんのイチャイチャさんぽ」などとも呼ばれていて、二人の熱愛はホンモノだとの声も大きかったのですが、生野アナは同じフジテレビの中村光宏アナと結婚してしまいました。

単に有吉が女子アナ好きを発揮していただけのようでした

結婚願望はあると言っている有吉も今年で39歳、いつ結婚してもおかしくない年齢です。

希望通り知性と美貌を兼ね備えた女子アナと結ばれるといいですね。

関連記事:夏目三久妊娠 お相手は有吉弘行 結婚入籍未定 番組は来年3月降板か
タモリの後継者選びが難航中。くりーむ上田、有吉、SMAP中居

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。