篠田麻里子、太眉メイクにむくみ顔、へそ出しファッションがヤバイ

元AKB48の篠田麻里子の顔が激変しているとネットで評判です。流行の太眉メイクも、へそ出し衣装もダサイとバッシングの嵐です。AKB48を卒業して運動不足になって、顔がむくんでしまったのではという意見もあります。マリコさまの性格についても、いろいろと問題がありそうです。卒業したメンバーの近況は、いずれもパッとしない中、ファっションに強いという、特技を持つ篠田の将来は明るいと思われていましたが、現実はそう甘くはありません。以前から性格には問題アリとされていたマリコ様、このままでは、大島麻衣や前田敦子と同じになってしまいそうです。

スポンサードリンク

AKB48の女王だったマリコさまの性格は?、卒業後は苦労の連続らしい

元AKB48の篠田麻里子、1986年3月11日生まれの30歳(2017年1月現在)、福岡県立糸島高等学校を卒業しています。

2005年に上京して、10月に行われたAKB48の第1期オーディションを受けますが、不合格。

東京に残るか福岡に戻るか迷っていた時に、AKB48劇場内カフェ「48’s Cafe」のスタッフになることを打診され、12月のAKB48活動開始時より、”カフェっ娘”としての勤務を始めました。

2006年1月の”AKB48のお気に入りメンバー人気投票”で”カフェっ娘”であるにもかかわらず1位になったことで、AKB48のメンバーに抜擢されました。

初期メンバーとともに、2年ほど下積みを過ごしますが、特徴的な顔立ちと、身長168センチメートル、スリーサイズ87-57-85センチというスレンダーボディが注目され、2008年7月には単独写真集を発売、11月からはファッション雑誌『MORE』の専属モデルとなります。

2009年7月開票の『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では3位に入選、AKB48での地位を確立しました。

ダンスや歌は、それほど得意ではなく、時にはマイクをオフられていたこともあったようです。

スポンサードリンク

それでも、AKB48の中では、そのファッションセンスの良さから、女性人気が高いことでも知られていました。

2012年には、マリコ様の人気もピークを迎え、「2012年タレントCM起用社数ランキング」において、板野友美と並び、女性部門最多となる20社のCMに起用され、CM女王になっています。

スタイル抜群のマリコ様ですが、手の親指が他の指に比べて、極端に短いことが知られています。

10,000人に一人の確率で発生する、俗称”マムシ指”と言われているもので、爪も極端に小さく、横爪となっていて、マリコ様にとっては、コンプレックスになっているようです。

2012年年12月には、ファッションブランド「ricori(リコリ)」を立ち上げ、プロデューサー兼デザイナーとしての活動も開始しています。

「ricori」は私の夢がいっぱい詰まったブランドです。
いつかは自分のブランドを作るのが夢でした。
女の子が、かわいくなりたい!キレイになりたい!という夢を叶えるお洋服を提案し、皆さんに愛されるブランドに成長させていきたいです。

(引用元:ricori(リコリ)公式サイト)

AKB48で最年長であったことから、卒業時期がいつになるのか、注目されていましたが、2013年7月21日に福岡ヤフオク!ドームにて開催された、『AKB48・2013真夏のドームツアー』2日目の公演で、卒業セレモニーが行われました。

卒業後は、ファッション関係の仕事に軸足を置いて活動をしていますが、あまり順調に進んでいるとは言えない状況です。

自身のファッションブランド「ricori(リコリ)」の業績も芳しくなく、大阪心斎橋店は、半年で閉店に追い込まれています。

若年層をターゲットにしている割に、タイツが4,095円、靴下は1,890円と価格設定が高いのも一つの原因と言われています。

デザインそのものの評価も低いようで、、『アイドリング!!!』の菊地亜美が、全身ricoriでコーディネートした姿を公開すると、「ダサい」「イモっぽい」「田舎くさい」と、ネットでは散々な評価をされてしまいました。

マリコさまの男性ファンをターゲットに、メンズアイテムもあるようですが、肌着にしか見えない白いTシャツが、2,000円もするようで、これも空振りに終わっています。

スポンサードリンク


モーニング娘で最年長だった、中澤裕子と同様に、AKB48で最年長だったマリコ様も、後輩には厳しく、後輩から恐れられる存在でした。

2012年の5月には、twitter上に、メンバーのすっぴん画像を、次々に公開して大騒ぎになっています。

▼左北原里英、右高城亜樹

 被害にあったのは、北原里英を皮切りに、 高城亜樹、前田敦子、大島優子、宮澤佐江、高橋みなみ、横山由依、指原莉乃、柏木由紀、渡辺麻友らでした。

あまりの反響の大きさに、すぐにマリコさまのアカウントは休止されましたが、画像はすでに拡散された後でした。

▼マリコさま本人の卒アルのすっぴん画像です。

AKB48の女王”と呼ばれていた、マリコさまの面目躍如といったところです。

スタッフを呼び捨てにしたり、インタビューに遅刻しても謝罪もせず、挨拶すらしなかったりと、勘違いの行動も多く暴露されています。

インタビュー遅刻事件は、インタビュアーの吉田豪が、自らの体験談として発表しています。

ガールズアワード2013のステージ裏での記者会見で、新規LCC”ピーチ・アビエーション”の公認客室乗務員として同社の東京ー福岡の第1便に搭乗することを発表する予定でしたが、幸田來未のリハーサルが30分以上も押したことで、会見が開けず、マリコ様の表情がみるみる不機嫌になっていったと、取材にいったワイドショーのスタッフが語っています。

上からマリコ”は、どうやら”ガチ”だったようです。

2014年1月に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演した、マリコさまの映像が、ファンに衝撃を与えました。

太い眉に、ふっくらとした頬、とてもあのマリコさまとは思えないと悲鳴が上がっています。

最近しばしば着用している”ヘソ出しルック”にも、27歳の大人の女性には、ふさわしくないと、批判が集まっています。

AKB48を卒業して、激しいダンスもしなくなり、忙しさもなくなって、運動不足になったからだとか、仕事がうまくいっていないので、ストレスで顔がむくんでしまった、との意見も聞かれます。

確かに、AKB48のOGは、大島麻衣を筆頭に、前田敦子、板野友美と、もれなく仕事では苦戦しており、マリコさまも例外というわけにはいかなかったようです。

AKB48時代と違って、年末・年始には休むことができるようなので、しっかり休養をとって、もとのキレのある顔立ちに、戻してほしいものです。

関連記事
:小嶋陽菜、アニメ声とは裏腹の”毒舌キャラ”、寿退社はできるのか
:前田敦子、展望の見えない女優業と恋愛依存。尾上松也の愛情と打算
高橋みなみ、ヤンキーからAKB48総監督への道と卒業できない事情
指原莉乃の成上がり伝説、スキャンダルを肥やしにするしたたかさ
AKB48渡辺麻友は悩んでいる!めちゃイケの加藤浩次とは演出?
大島麻衣が干された理由とは、AKB48のエリートだった過去も
:大島優子が元気がない。うつ病説まで浮上、卒業時期を探している?

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。