タモリの後継者選びが難航中。くりーむ上田、有吉、SMAP中居

タモリ2013年10月22日のフジテレビ「笑っていいとも」のエンディングに、突然鶴瓶が乱入、タモリに向かって「『いいとも』終わるってホンマ?」と問いかけました。「来年の3月で終わる」と答えると、会場は悲鳴のような喚声に包まれました。異例の番組内は発表は、視聴者だけでなく、テレビ関係者をも驚かせるものでした。

「いいとも」終了について、フジテレビからの正式コメントは出されておらず、メディアからの終了の理由についての取材には、広報部が「しかるべき時点で公表する」とだけ答えています。

スポンサードリンク

タモリ自身が番組を楽しめなくなったことが一番の理由か?

タモリの突然の終了の発表は、フジテレビとの正式なすり合わせが出来ていないことをうかがわせわせるものでした。

▼”いいとも”の終了をタモリに確認する鶴瓶
乱入

1988年には最高視聴率27.9%を記録するなど、長年昼の時間帯で2ケタ視聴率を保ち、トップの座を維持してきました。

近年視聴率が低迷し、2011年7.3%、2012年6.5%、2013年も6.3%と低下傾向が止まりません。

”嫌いなテレビ番組ランキング”でも上位になっていて、いつ打ち切りになってもおかしくない状況でした。

【嫌いなテレビ番組】

1.報道ステーション(テレビ朝日)
2.笑っていいとも!(フジテレビ)
3.みのもんたの朝ズバッ!(TBS)
4.ロンドンハーツ(テレビ朝日)
5.ニュースウォッチ9(NHK)
6.アッコにおまかせ!(TBS)
7.めざましテレビ(フジテレビ)
とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ)
9.サンデーモーニング(TBS)
とくダネ!(フジテレビ)

(データ引用元:週刊文春)

現在のフジテレビには、かつて視聴率4冠を誇った面影はなく、番組編成の刷新は全社的な緊急かつ最大の課題になっています。

2012年の年間視聴率では、フジテレビは3位に終わりました。

2013年年6月、視聴率回復を至上命題として、「踊る大捜査線」シリーズなどをヒットさせた亀山千広氏が異例の若さで、社長に就任しました。

関係者によると、亀山新体制は「いいともは一日の視聴率を左右する大きな存在。終了しなければ、局全体の上昇は見込めない」と分析。社長就任直後には終了を決めていたといいます。

「いいとも」でも製作陣を一新して、新しいコーナー企画を立ち上げるなどてこ入れを続けてきましたが、思うような成果を上げられていません。

「オネエメン企画」では、タモリが反対しているにも拘わらず、放送を強行して、タモリが抗議のため、放送途中からいなくなるという事態も起きていました。

それに加えて3億5,000万とも5億ともいわれるタモリの高額なギャラも問題視されていたようです。

終了発表の際、「司会に起用してくれたフジテレビに感謝している」と語ったタモリですが、ここに至るまでには様々な確執があったと思われます。

これにより来年4月から、タモリのレギュラー番組は、テレビ朝日の「ミュージックステーション」「タモリ倶楽部」の2つだけとなります。

Mステ

”Mステ”も終了の噂が常にささやかれていて、”タモリがテレビから消える日”は近いのでは、という声も聞かれています。

タモリは福岡県福岡市出身の68歳、30歳での遅い芸能界デビューです。

早稲田大学を学費未納で退学して帰郷、優秀な生命保険の外交員、喫茶店の雇われマスター、ボウリング場支配人などの職を転々としていました。

たまたま知り合ったジャズピアニストの山下洋輔に見出され、ジャズ関係者を中心に名前が知られるようになります。

山下たちに誘われるまま上京した折に、タモリのいわゆる”密室芸”を目撃して感動した人気漫画家の故赤塚不二夫が、自分の所有するマンションに居候させることにしました。

▼若き日のタモリと故赤塚不二夫
ばかぼん

赤塚の人脈により、タモリの名前は芸能関係者の知るところになり、メディアへの露出も始まりました。

黒柳徹子もその一人で、早くからタモリに注目して、「徹子の部屋」に出演させています。

タモリが”生涯の恩人”としていた故赤塚不二夫の葬儀では、「私もあなたの作品の一つです」と7分56秒に及ぶ弔辞を読んで参列者を感動させました。

のちに、その弔辞が書かれていたはずの紙が白紙で会ったことが分かり、さらに人々の胸を打ちました。

タモリを、フジテレビの昼の帯番組に起用することを決断したプロデューサーの横沢彪もすでに故人となり、一つの時代が終わったことをうかがわせます。

32年にも及ぶ「笑っていいとも」の歴史には、様々なエピソードがあります。

ロゴ

テレホンショッキングに出演した黒柳徹子が延々としゃべり続け、43分にもわたり他のコーナーが一切できなかったこともありました。

泰葉の間違い電話がきっかけで、素人が3日続けて出演したこともあります。

タモリが”嫌い”と公言して憚らないミュージシャンの小田和正が出演した時には、画面からでもその緊張感が伝わってきました。

スポンサードリンク

全盛時のタモリの番組の取り廻しは絶品で、夜しか通用しないと言っていた関係者さえもうならせるものでした。

座右の銘は「適当」「現状維持」「やる気のある者は去れ」で、好きな言葉は「妄想」。

”笑っていいとも”の長寿の秘訣を問われて、”反省しないこと”と答えています。

かつては、番組の収録を一番楽しんでいるのはタモリ自身だと言われるほどで、その楽しさが視聴者に伝わって多くの支持を得ていました。

今でもゲストとのトークで、興が乗った時にはその片鱗が垣間見えます。

今回の番組終了を受け入れたのも、”タモリ自身が番組を楽しめなくなった”ことが一番の理由でしょう。

20124年4月からの後継番組については、まだ何も発表されていません。

情報系の番組であることは、間違いないといころで、バラエティ色をどの程度出すのかは、MCのキャラクターにかかっています。

ライバル局の現状は、NTV「ヒルナンデス」は南原清隆、TBS「ひるおび!」は恵俊彰、テレビ朝日ワイドスクランブルは、局アナがメインMCとなっていますが、いずれも一長一短があるようです。

スポンサードリンク

フジテレビの昼の新しい顔の候補としては、次のタレントたちが挙げられています。

SMAP中居正広(41歳)

MCとしての能力も実績も十分ですが、コンサートツアーや、俳優としての現在の忙しさを考えると、実現性は低いかも知れません。

くりーむしちゅー上田晋也(43歳)

お笑い芸人ながら、早稲田大学中退の高学歴で、知識も豊富、MCとしての力量も十分で、本命ではと言われています。

有吉弘行(39歳)

2014年現在、冠番組を8本持つ超売れっ子芸人。

毒のあるツッコミも、かつてのタモリの密室芸に通じるものがあります。

かつて地獄をみた有吉が、「フジテレビの昼の顔」を背負うリスクをとるかどうか、微妙なところです。

とんねるず・石橋貴明(52歳)、木梨憲武(51歳)

”いいとも”の放送8,000回記念の回に、出演し大暴れしたあげく、レギュラーにしろとタモリに迫りました。

コンビでやるのは、石橋の暴走があまりに危険ですが、木梨単独であれば、リスクは抑えられるでしょう。

突如浮上した、ダークホースです。

いずれにしても、後継MC選びが、新番組の方向性をきめる最も重要な要素であることは、間違いありません。

あと3カ月、交渉にかけられる時間はそう多くはありません。

フジテレビの発表が待たれるところです。

『「笑っていいとも」の終了まではまだ時間がある』と語るタモリですが、あとわずか数か月しか見ることのできない「笑っていいとも」を惜しむファンは多いことでしょう。

追記:笑っていいともの後番組「ゴールデンタイム(仮)」の月曜MCに毒舌俳優の坂上忍が起用されることが決まったようです。

関連記事
徹子の部屋、4月から12時スタート、笑っていいともの後番組に対抗
有吉弘行、冠番組7本の売れっ子ぶり。それでも家賃15万の暮らし

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。