松田翔太、松田優作の遺伝子を継ぐのは兄龍平かそれとも弟翔太か

伝説の名優松田優作の次男で俳優の松田翔太。母も叔母も女優、兄も俳優という生粋のサラブレッド。学生時代はヤンキーで、数々の伝説があります。女優忽那汐里との熱愛デートがスクープされると、忽那の事務所を訪れて謝罪、2度と会わないと宣言して破局しました。妹とはとても仲が良く”我が家のアイドル”と語っています。

 

スポンサードリンク

松田翔太のヤンキー伝説、忽那汐里と熱愛について

俳優松田翔太、東京都杉並区出身、1985年生まれの28歳です。

父は伝説の名優故松田優作、母は女優の松田美由紀、叔母も女優熊谷真美、兄も俳優松田龍平という、俳優一家に生まれました。

地元杉並区の井草中学時代は、ヤンキーでならし、数々の伝説を残しています。

2歳上の兄龍平も学制時代は、周りから恐れられる存在だったようで、血筋なのかもしれません。

翔太の1年後輩に女優の沢尻エリカがいて、付き合っていたとも言われています。

中学時代は相当荒れていて、仲間と常に集団で行動して周囲をビビらせていました。

金髪にサングラスは当たり前で、ドレッドヘアで学校に現われたこともあるようです。

サッカー部に所属していましたが、与えられた背番号が気に入らず、ユニフォームを顧問の先生に投げつけて退部してしまいまったというエピソードもあります。

付き合っていたガールフレンドに度々暴力をふるっていたとも言われています。

生徒会長選挙で、小馬鹿にしたような質問ばかりして、仲間と写真を取り合ってふざけていたのを注意した教師を殴って、さらに椅子を投げ付けて、平然と会場を出て行ったことは伝説になっています。

スポンサードリンク

廊下で花火をしたり、警報器を鳴らしたりはしょっちゅうで、卒業式の前には、トイレの便器を次々に壊して回ったなど、数々の武勇伝が残っています。

母の松田美由紀は放任主義で、ほとんど叱ることはなかったようです。

15歳の時、母からもらった10万円を持って、ニューヨークに渡り、1カ月ほど過ごしました。

17歳から2年ほどイギリスの美術系の高校に留学したことで、英語が堪能になりました。

それでも乱暴な行動は俳優デビュー直前まで続き、本人も「パンク寸前の状態」だったと語っています。

俳優デビュー後は、そういう話が聞かれなくなりましたが、先日夕食のことで妹と口論になり、妹を突き飛ばして怪我をさせてしまい、慌てた翔太が救急車を呼ぼうとして、間違えて110番をしてしまい、その後あわてて118番に通報したとスポーツ紙が報じています。

昔の悪い癖が出てしまったのかも知れません。

妹のことは、”我が家のアイドル”と言っているので、仲が悪いわけではないようです。

2005年20歳で、俳優としてデビューしています。

その年に出演した「花より男子」で注目され、2007年のドラマ『LIAR GAME』で人気を不動のものにしました。

兄龍平が映画を中心に活動しているのに比べて、翔太はテレビドラマをメインに活動しています。

兄龍平はすでに結婚していて、妻はモデルの太田莉菜で、長女がいます。

スポンサードリンク

翔太は、CMではギャツビーでの演技で、独特の存在感を発揮しています。

イケメン俳優の翔太は、数々の美女たちとの熱愛が報じられてきました。

中学の後輩の女優沢尻エリカや、モデルの黒田エイミなどが有名です。

2013年2月に、女優の忽那汐里(20歳)との、所沢航空公園での手つなぎデートがフライデーされました。

その2日後には都内のレストランで、仲良く食事をする姿も目撃されています。

翔太の母松田美由紀は、報道について聞かれた時に「それは良かった。幸せになるのが1番」とエールを送っています。

しかし、双方の事務所は「仲の良い友人と聞いております」と熱愛は否定しました。

忽那の事務所オスカープロモーションは、若手女優は25歳まで恋愛禁止としており、このことで忽那は、かなり叱責されたようです。

忽那汐里は「家政婦のミタ」で注目された女優で、武井咲、剛力彩芽とでオスカー3人娘と呼ばれています。

しかし他の二人の活躍に比べて、出遅れた感は否めず、大学も中退したその年は大事な勝負の年と言われていました。

そんな折の熱愛報道で、松田サイドはかなり責任を感じたようです。

関連記事:忽那汐里 出産疑惑の真相とブレークできない理由を検証してみた

オスカープロを訪れて、「事務所の大事な女優さんに傷をつけてしまい、誠に申し訳ありません」と謝罪、「もう2度と二人では会いません」と宣言したといいます。

翔太としては、男気のある潔い行動ですが、忽那の気持ちを考えると、少し切ないような話です。

あまちゃん」のミズタク役でブレークしている兄龍平と、フジの月9ドラマ「海の上診療所」で主演を果たした翔太。

松田優作の二人の遺児が、今後どんな活躍を見せてくれるかとても楽しみです。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。