村治香織、悲運の美人ギタリスト舌腫瘍で休養、原因は酒とたばこか

国際的美人ギタリストの村治香織が、舌腫瘍であることを告白しました。子供時代から天才ギタリストとして活動してきた村治香織ですが、治療のために長期休養すると公式HP で発表しています。飲酒と喫煙が原因ではとの情報もあるようです。さらにフランスで、フランス人と結婚しているのではないかとの噂も検証しました。

スポンサードリンク

両親との確執に苦しんだ青春時代と度重なる病との闘い

村治香織、東京都出身の35 歳。3 歳からギタリストで、ギター教室を経営している父村治昇から、ギターを習い始めました。

4歳年下の弟村治 奏一(むらじ そういち)もギタリストで、ニューヨークに住みながら、米国を中心に活動しています。

香織は、幼少時から、父より厳しい英才教育を受けたことで才能が開花、10歳からは、クラシックギタリストの福田進一に師事して、メキメキと頭角を現わします。

1992年14歳で、ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)と東京国際ギター・コンクールで優勝を果たしました。

1993年15歳の時にデビューリサイタルを開催、同年アルバム「エスプレッシーヴォ」でCDデビューしています。

女子聖学院中学校、同高等学校を卒業し、1997年19歳で、フランス・パリのエコールノルマル音楽院へ留学して、アルベルト・ポンセに師事しました。

その後数々の有名オーケストラと共演したり、さまざまなジャンルのミュージシャンとコラボして、着実にキャリアを重ねます。

その美貌からメディアからも注目され、テレビのドキュメンタリー番組に特集されるなど、クラシックギターの世界では際立って名前を知られている存在になっていきました。

スポンサードリンク

幼少期の思い出として父と母からギターのレッスンのことで厳しく当たられ、子供心にとても苦しかったことを語っています。

そのため両親との関係は、必ずしも良好なものではありませんでした。

フランスに留学して、両親と距離を置いたことが幸いして、帰国後父とは冷静に話せるようになったといいます。

それでも母との距離はなかなか縮まらず、ほぼあきらめていたと語っています。

順調にコンサートなど演奏活動を続けていた村治でしたが、2005年10月に右手後骨間神経麻痺という病に侵され3カ月間の休養を余儀なくされます。

この時母親の方から治療のサポートを申し出られたことで否応なく一緒の時間を過ごすことになりました。

母はその時始めて自分がなぜ子供の村治に厳しく接したのかを語ります。

その時母の思いを始めて知って村治と母は心を通わせるようになりました。

母は村治のマネージャーを務めるようになり、そこから母娘の2人3脚の人生が始まります。

2011年に再び右手後骨間神経麻痺に襲われ、やはり3ヶ月間の休養を経て2012年2月に復帰したばかりでした。

今回(2013年7月に)公表された舌腫瘍は、腫瘍が舌にできるという特異な病気で、悪性のものは舌癌と呼ばれ、発見された腫瘍の大きさや場所、良性か悪性かで、手術の仕方もだいぶ違うようです。

スポンサードリンク

腫瘍が小さければ放射線治療などで治癒することもありますが、ある程度の大きさになれば外科手術が必要になります。

腫瘍の場所が舌の根元であれば舌を全摘出する場合もあり、話す機能や、口から食べることを断念しなければならないこともあります。

飲酒と喫煙が原因とされることが多く、村治もヘビースモーカーで、酒豪であることも知られていました。

バーなどでナンパしてくる男と、飲み比べをして、酔い潰すのが撃退法と語ったり、一度でいいから酔ってみたいなど言うほど酒が強かったようです。

そんな風で、日本では全くと言っていいほど、恋の噂のない村治に、留学していたフランスで、フランス人と結婚したとの情報が駆け巡りました。

残念ながら全くの誤報で、フランスのノルマンディで、十数年前のパリ留学時代にお世話になったホームステイ先の友人の結婚式に出席したことをエッセイに書いたことで、ネットで村治がフランスでフランス人と結婚したとの噂につながったようです。

村治は、長期休養発表から3ヶ月後の2013年10月に、公式HP上で近況を次のように伝えています。

「お心のどこかで、私の状況を気遣ってくださり、気を送ってくださっている皆さま、ありがとうございます」

「おかげさまでギタリストとしての活動休止を除いては、普通の生活を送ることが出来ています」

「健康を取り戻すために、以前から興味はありましたが、時間の余裕を作れずに取り組んだことがなかった水泳を始めました。水泳歴の長い、すばらしい先輩に色々と教えていただいています」

「心は大丈夫です!折れてしまうことなく、いつでも状況に則して良き方を見据える心を保っています」

残念ながらこれ以降は、公式には何の発表もありません。

村治の病が、少しでも早く癒えて、素晴らしい演奏が聞けるようになることを祈るばかりです。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。