薬師丸ひろ子、あまちゃんで再ブレーク、玉置浩二との離婚理由とは

”あまちゃん”に出演して、再ブレークした薬師丸ひろ子。大女優鈴鹿ひろみ役を本当に楽しんで演じていました。小泉今日子との初共演もとても楽しかったと語っています。自分が出演しない1話から5話までの台本を読んで見続けるドラマになると確信したことが出演理由だったそうです。玉置浩二との離婚理由や同棲していた恋人との噂も検証します。

スポンサードリンク

薬師丸ひろ子のあまちゃんの出演と離婚の理由

薬師丸 ひろ子、本名は薬師丸博子、東京都港区出身、1964年6月9日生まれの52歳です。(2017年1月現在)

都会の中の田舎で育ったと自らの生い立ちを語っています。

1978年14歳の時、オーディションで角川映画野生の証明のヒロイン役を射止めます。 この時共演した高倉建を生涯の恩人として尊敬しています。

ひたむきな演技と、透明感のあるビジュアルで観客を魅了し、一夜にしてスターになってしまいました。

原田知世・渡辺典子と共に「角川三人娘」と呼ばれその中でもNo.1の存在でした。

それでも高倉に言われた「学生生活を大事にしなさい」という教えを頑なに守って、1年に1本の映画出演のペースを守り続けました。

学業を優先した結果玉川大学を4年で卒業し、その時の体験を何事にも代え難い経験だったと語っています。

1985年に角川事務所から独立しています。

独立後はCMや歌番組にも積極的に取り組み、薬師丸ひろ子の人気はさらに沸騰していきます。

薬師丸の「ちゃん リン シャン」(Soft in 1のCM)のモノマネは誰もが一度はやってみたことがある定番ネタになるほどでした。

▼Soft in 1のCM

1992年に当時人気絶頂の玉置浩二と結婚します。

結婚後は仕事のペースを抑え、玉置を支えることに専念しました。

しかし結婚生活は7年で破綻し、離婚に至ります。

離婚の理由は明らかにされていませんが、玉置の嫉妬癖やDVも疑われています。

▼玉置は、プッツン女優石原真理子との交際時にもDVが報じられていました。

玉置には統合失調症と診断されたという情報もあり、度重なる奇行の原因ではないかといわれています。

2003年の宮藤官九郎作品”木更津キャッツアイ”の古文の先生役で新境地を開拓、年齢に合った母親役にも取り組むようになりました。

あまちゃん」出演のオファーを受け、渡された台本を読んで余りの面白さに、きっと見続ける作品になると確信し、引き受けたそうです。

無頼鮨での小泉今日子とのヒートアップした掛け合いシーンは演じていてとても楽しく、刺激的なシーンに仕上がったと後に語っています。

主演の能年玲奈とは、人見知りのところが似ているとも言っています。

主人公天野アキを陰に陽なたに応援する鈴鹿ひろみは薬師丸本人と能年玲奈との関係に重なって見えてきます。

キョンキョン演じる天野春子との掛け合いをもう一度どこかで見たいものです。

スポンサードリンク

プライベートでは玉置との離婚で財産分与を受けた豪邸に両親と3人で住んでいました

2001年のテレビドラマ『コウノトリなぜ紅い』で一緒に仕事をしたNHKのカメラマンと交際をはじめました。 2004年には同棲が発覚し、近所を連れだって散歩するなど、事実婚の状態にあったようです。

近所の住民からは、薬師丸さんちのマスオさんと呼ばれていたそうです。

スポンサードリンク


ところが2012年になってマスオさんの姿がぱたっと消えて近所で話題になりました。

その頃には両親も豪邸を出ており、その年の誕生日も、自宅でひとりで過ごしたそうです。

TBSの「ぴったんこカン・カン」に出演した際、「どこからか自宅に隙間風が吹き込んでとても寒い」と語り、暖炉が欲しいと言っていましたが、必要なのは暖炉ではなく、心を温めてくれるパートナーかもしれません。

アラフィフを迎えた薬師丸ひろ子の次なるステージがどうなっていくのかにも興味が集まるところです。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。