前田敦子、展望の見えない女優業と恋愛依存。尾上松也の愛情と打算

元AKB48の絶対的エースで女優の前田敦子。2012年8月にAKB48を卒業しました。かねてからの希望通り、女優業に専念しますが、思うような結果を出せていません。2013年の5月には泥酔して、俳優佐藤健にお姫様だっこされる姿をスクープされています。そんな前田に、歌舞伎役者尾上松也との交際や同棲しているとの情報があるようです。

スポンサードリンク

前田敦子と歌舞伎役者尾上松也の馴れ初めや過去の熱愛

タモリからとても可愛がられていて、ミュージックステーションに出演した時にはいつもいじられます。

AKB48卒業後初出演した時には、「少し太った?」と突っ込まれてしまい、直後にTwitterで「痩せてやる」とツイートしました。

AKB48では絶対的センターだった前田敦子、千葉県市川市出身、1991年7月10日生まれの25歳(2017年3月現在)です。

AKB48のオープニングメンバーとして、初期の苦労を経験しています。 歌もダンスも得意ではなく、秋元康総合プロデューサーからセンターを命じられて、泣いて嫌がったことは、良く知られています。

かねてからの希望通り、女優業に専念したいとして、2012年8月にAKB48を卒業しました。

その後いくつかの映画やドラマに主演しますが、思うような評価を得られていません。

そういったストレスからか、酒を飲むと乱れることが多くあったようで、卒業直後の2012年9月の合コンでは、泥酔してお尻丸出しで、一緒に飲んでいた俳優の佐藤健にお姫様だっこされている姿をスクープされて話題になりました。

前田は元々恋愛依存体質で、2009年の誕生日には、ドラマで共演して親しくなった俳優山本裕典のマンションにお泊まりしています。

ところがこれが秋元康総合プロデューサーにバレてしまい、大目玉を食らってしまいました。

他のメンバーの前で山本に電話させられ、泣きながら別れさせられたことは、古いメンバーなら皆知っている事実です。

関連記事:山本裕典事務所解雇の真相 女性スキャンダル続きで芸能界引退の危機

その後総選挙で大島優子に1位を奪われたり、アンチ前田ファンに心ない言葉を浴びせられたりして落ち込んだ時に相談に乗ったのが佐藤健だったと言われています。

何かにつけて佐藤に相談していた前田に、恋愛感情が芽生えたものの、美人女優から引く手あまたであった佐藤には気持ちが届かず、あの泥酔シーンにつながったとされています。

しかし後にこの情報が間違っていたことがわかりました。

この合コンには、一度は別れたはずの山本裕典が来るはずだったというのです。

ところが、待てど暮らせど山本は現れず、ついには、『仕事が遅れて来れない』と佐藤に連絡が来てしまったのです。

これを聞いた前田は号泣したあげくに、酒を飲み過ぎて悪酔いして、この醜態にいたったのが真相なのです。

山本にとっては、前田はとっくに過去の人だったのでしょう。

スポンサードリンク

卒業直後に起こしたこのスキャンダルで、前田敦子のイメージは急速に下がり、特にCM出演に大きく影響しました。

女優活動でも、新作のオファーがなかなか来ず、展望が開けない状況になってしまいました。

今回真剣交際が伝えられている6歳年上の歌舞伎役者尾上松也(29歳)とは2013年1月に、知人の紹介で知り合っています。

以前の恋愛沙汰でバッシングされた経験から、すぐには親密交際には発展しませんでした。

それでも尾上の積極的なアプローチにより、友人として少しづつ距離を縮めていったようです。

3月頃から本格的に交際が始まり、尾上の大阪公演を前田が見に行くほどの関係になりました。

ところが松也がやらかしてしまいます。

40代のラジオ番組プロデューサー松任谷玉子さんと深夜の車内でキスをしているところを激写されてしまったのです。

これには前田も激怒して松也に別れを切り出しますが、松也は土下座する勢いで前田に謝罪して、何とか許してもらいました。

この事件で歌舞伎関係者にも、二人のことは知られるようになり、双方の母親にも紹介が済んでいるとも言われています。

松也の母親河合盛恵さん(57才)は、元新派の女優でしたが、結婚を機に引退しました。

盛恵さんは、『女性自身』の直撃取材に答えて、

歌舞伎役者の妻になる人は、以前から業界のことを少しでも知っている人がいいなと思って ましたから、前田敦子さんのような方なら結婚は大賛成です。明日にでもOK

と、交際を歓迎しています。

前田と松也が、お互いの家を行き来して、すでに半同棲状態であることも、事実上認めてしまいました。

この背景には、尾上松也の現状が大きく関係しています。

尾上松也の血筋は、名門音羽屋の中では傍系です。

現状で、大きな役をもらえる立場ではありません。

さらに後ろ盾になってくれるはずの父親が急逝してしまい、松也は自力で名前を大きくしていかなければならない立場に追い込まれてしまったのです。

だから尾上松也は今大変厳しい環境に置かれているのです。

同じく、播磨屋の傍流で苦労していた中村獅童のように、自らの努力で人気を勝ち取り、自力で這い上がって、大きな役を獲得していくしか道はありません。

しかし残念ながら、今の松也の実力では、映画やテレビからそうそう声がかからないのが現状です。

派手に見える歌舞伎界でも、裏側では経済的に厳しい状況にいる役者はたくさんいます。

今後松也が、大きな名跡を継ぐようなことになれば、お金はいくらあっても足りないのです。

松也の母が、前田敦子の人気と稼ぎに期待して、結婚後も仕事を続けてほしいというのも、頷けるところです。

尾上松也の前田敦子への愛情に、打算や計算があるのは周知のことです。

歌舞伎界の松也の仲間たちが、前田との交際報道を知っても、冷やかに見ているのには、こういう事情があります。

この交際について、ジムでスポーツ新聞を目にして知ったという市川海老蔵が、興味深いブログ記事をUPしています。

ジムで新聞みたら
うけた笑
マツヤくーん笑
マツヤ…
うける
スポチニさんうける笑
まぁ若いうちはね色々ね笑
ありますね♪
人のこと言えない私♪
ちなみに松也があっちゃんと付き合ってるの知らなかったよん笑
ちなみにこないだ楽屋きた時は
僕の記憶が確かなら違う人ときたような笑…
なぁ~んて笑
ん?
楽しいねぇー

恋愛依存体質の前田には、こんな状況が見えているとは思えません。

女優と歌舞伎役者の結婚は珍しいことではありませんが、ゴールインするにはいくつものハードルが控えています。

後援会の了承は必須ですが、女優を続ける中で了承を得ることは簡単ではありません。

人気絶頂だった富司純子でさえ、いったんは女優を引退、後継者を産み、きちんと子育てをして一人前の歌舞伎役者にした後で、やっと女優に復帰することができました。

スポンサードリンク

梨園の妻になるということは並大抵のことではないのです。

女優をあきらめきれずに破局した例は、米倉涼子と市川海老蔵など枚挙にいとまがありません。

まだ22歳と若く、アイドルとして過ごしてきた前田に、歌舞伎役者尾上松也との結婚について、どれほどの覚悟があるのか問われる所です。

現状、女優としての前田は、何本かのインディーズ映画で主演していいますが、メジャー作品のオファーは、全くと言っていいほど来ていません。

女優としての将来は、決して明るいとは言えません。

ただCMだけは、超一流とはいえないもののある程度の本数はこなしています。

しかしこのままの現状では、ジリ貧になっていく可能性は高いと思われます。

テレビドラマや舞台にも活動の場を広げて、脇役に甘んじながら、活動するようなことも覚悟する必要があるかも知れません。

いずれにしても前田にとって、茨の道であることに、変わりはないようです。

関連記事
:小嶋陽菜、アニメ声とは裏腹の”毒舌キャラ”、寿退社はできるのか
:高橋みなみ、ヤンキーからAKB48総監督への道と卒業できない事情
:篠田麻里子、太眉メイクにむくみ顔、へそ出しファッションがヤバイ
指原莉乃の成上がり伝説、スキャンダルを肥やしにするしたたかさ
AKB48渡辺麻友は悩んでいる!めちゃイケの加藤浩次とは演出?
大島麻衣が干された理由とは、AKB48のエリートだった過去も
:大島優子が元気がない。うつ病説まで浮上、卒業時期を探している?

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。