加藤茶、45歳年下の嫁の狙いは?養育費不払いで前妻から訴えられた

「カトちゃん ペ」のギャグなどで一世を風靡したコメディアンの加藤茶。 45歳年下の女性と再婚して世間をあっと言わせました。 嫁の狙いは、加藤の収入や財産ではないかと言われています。 離婚した後でも、加藤が大病した時に献身的に看病してくれた前妻や、子供たちへの養育費の支払いが滞って訴訟を起こされています。

スポンサードリンク

加藤茶、若い嫁のために働き過ぎで過労?病気再発の噂が

タレントでコメディアンの加藤茶、本名加藤秀文(ひでゆき)、東京生まれで、福島県福島市育ち、1943年3月1日生まれの73歳です。(2017年1月現在)

父親がバンドマンだったので、加藤も音楽を志し高校卒業後に上京しました。

当初トロンボーン奏者を目指していましたが、挫折してドラマ―へ転向、1962年に「ザ・ドリフターズ」に加入しています。

その2年後「加トちゃんぺ」のギャグが生まれ、一躍茶の間の人気者に躍り出ました。

1969年から始まったTBS『8時だョ!全員集合』で、ドリフのコントや、加藤のギャグが大ヒットします。

視聴率も20%を超える、お化け番組になりました。

渋谷公会堂で行われた『8時だョ!全員集合』生放送の観覧希望葉書は、2,000席のキャパに対して、毎週10万通以上の応募がある人気ぶりでした。

加藤個人の人気もウナギ登りで、1970年代には小学生のカリスマ的存在になっています。

ザ・ドリフターズはリーダーの故いかりや長介のワンマン体制で、他のメンバーのギャラの配分までいかりやが仕切っていたと言われています。

メンバーは不満を持ちながらも、いかりやのリーダーシップに逆らえず、常に不満を抱えたまま活動していました。

1974年に志村けんが参加してからは、加藤、志村コンビでのコントやギャグが、受けて行きました。

1980年代になってから『オレたちひょうきん族』に視聴率トップの座を奪われ、1986年に、ついに『8時だョ!全員集合』は終了します。

スポンサードリンク

その後、加藤と志村のコンビ”加トケン”での活動に加えて、俳優業にも進出し一定の評価を得ています。

1987年に、きもの学院の講師であった18歳年下の鈴子夫人と出会い結婚しました。

このころから、加藤の若い女性を好む性癖が知られるようになりました。

鈴子夫人との間には、1998年に長男、1991年に長女”文代”さん、1993年に次男が生まれています。

▼加藤の長女文代さんの画像

結婚後も加藤の性癖は収まらず、たびたびの浮気に悩まされた鈴子夫人は離婚を決意、2003年にいわゆる熟年離婚しています。

離婚時の条件について加藤は、会見で「慰謝料、養育費は別として、生活費は払っている」と明かし、その後、養育費は子供が成人するまで支払う約束をしたとも報じられました。

ところが最近になって、養育費の支払いが滞るようになり、再三の督促にも応じないことで、とうとう家庭裁判所に訴訟を起こされてしまいました。

前妻と子供たちは、加藤から財産分与された高級住宅街の一角にある、3億円で購入したと言われる豪邸で生活しています。

光熱費などは、ずっと加藤が支払って来ましたが、最近になって加藤から電気代の請求書が前妻の元に送りつけられるように成ったのだそうです。

これに前妻が激怒し、今回の訴訟騒ぎになったものです。

加藤の生活は、収入が全盛であった頃からの習慣が改まらず、高額の賭け麻雀などのものめりこんだことから、近年加藤が金欠状態に陥っているという噂があるのです。

さらに2011年、長女とほぼ同じ年頃の23歳の一般人女性綾菜夫人と、45歳の年齢差婚を発表し、派手な新婚生活が、話題になりました。

結婚当初から、嫁の狙いは加藤の収入や財産、あるいは加藤の知名度を利用して芸能界に入ることだなどと噂されています。

事実結婚後は、バラエティ番組への二人での出演が続きました。

養育費の支払いの滞りは、結婚発表の頃当たりから始まっており、ブログなどにアップされる派手な新婚生活ぶりが金欠の原因だろうとの憶測を呼んでいます。

新妻綾菜夫人の実家は資産家だという情報もありますが、新婚生活での散財ぶりは尋常でなく、巷では加藤が新妻に食い殺されるのではないかと心配する向きもあります。

最近出演した「徹子の部屋」での加藤の憔悴ぶりがあまりに酷すぎるとの声がネットで上がっています。

ろれつが回っておらず、声にも力がなく、目も死んでいたと散々な評価です。

綾菜夫人が加藤に望むことは、”長生き”と”物忘れをなくすこと”とすっかり老人扱いです。

夫人の取り巻きの若者たちに交じって、楽しんでいるという加藤の様子は、どうひいき目に見ても無理しているようにしか見えず、最早笑えないレベルと言われています。

タレントのイメージを損なうとして、一流芸能人は手を出さないパチンコ店での営業(ギャラは1回100万円と言われている)にも手を染め、日銭集めになりふり構わない加藤の近況には鬼気迫る執念すら感じてしまいます。

一方新妻の周りには、親族や、怪しげな友人たちが集まる始め、新居はそれらのメンバーのたまり場になってしまいました。

パーティ

加藤夫妻の海外旅行に同行したり、加藤の留守中にパーティ三昧の生活をしたり、とても常識では考えられないような状況になっているようです。

加藤は2006年に”Stanford A型大動脈解離”という心臓の難病を発症しており、その際にはすでに離婚していた前妻の鈴子夫人が、献身的に介護をして話題になっています。

そんな誠意を踏みにじるような加藤の仕打ちに非難が集まっています。

スポンサードリンク

新妻綾菜がアップしている食事の内容は、大病した70歳の老人には負担の大きすぎる脂っこいものばかり、加藤の早死にを狙っているに違いないと過激な意見も聞かれます。

このままでは持病が再発する可能性は非常に高いと医師も警告しています。

加藤が命を削って若すぎる妻を喜ばせようとしている様子は、滑稽を通り越して、哀れさを感じる人も多いようです。

好きでやっているとはいえ、自分の子供たちを忘れているような振る舞いははやめて、年齢相応の暮らしをすることが、長生きの秘訣だと思うのですが‥‥‥。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。