大橋美歩、脳梗塞から復帰後も下ネタと”ぶっちゃけキャラ”は健在

テレビ東京の人気アナウンサーの大橋未歩、2013年1月の検査で、軽度の脳梗塞であることが発覚しました。すぐに休養に入り入院、1月中に手術を受けました。予後も順調で、9月2日から復帰しています。若年性の脳梗塞の原因は何だったのか?後遺症や気になる下ネタや、ぶっちゃけキャラについて調べてみました。

スポンサードリンク

テレビ東京の大橋未歩アナ、脳梗塞から8か月ぶりの復帰

テレビ東京の人気女子アナウンサー大橋未歩、本名城石未歩、兵庫県神戸市出身、1978年生まれの35歳です。

夫は1998年から2008年までプロ野球ヤクルトスワローズで活躍した城石憲之、現在ヤクルトスワローズの1軍内野守備走塁コーチです。

 

全く面識のなかった城石から知人を介して交際を打診されましたが、一度は断っています。

1年後に同じヤクルトの選手だった古田敦也からの再度の勧めで交際が始まり、4年の交際を経て、2007年に結婚しました。

プロ野球の取材を、半そでやタンクトップなど露出の多い服装や、薄着で行うことが多く、さらに選手の肩や腕に触れることが多い取材が選手の間で有名でした。

推定Fカップとも言われるナイスバディの大橋が薄着で取材にきたら選手はなんでも話してしまうかも知れません。

阪神の赤星選手との取材が長引いて、当時の星野仙一監督に目の前で怒鳴られたこともあります。

やりすぎコージー」や「極嬢ヂカラ」などのバラエティ番組では、出演者の誘導で下ネタを言わされることが多く、大橋本人もそれほど拒否しないことから、下ネタ好きの女子アナという評価が定着しています。

▼こんなこともやらされています。

今までの下ネタ発言を紹介しましょう。

女は30からさらに◯欲が増す

学生時代はワンナイトラブしました

◯◯の毛は自然に任せていてナチュラル派

夫婦生活に「後◯位は必要」

結構きわどいことを言わされて?います。

スポンサードリンク

2013年の1月に頭部に違和感を感じて病院で検査したところ若年性の脳梗塞であることがわかり、すぐに入院、手術を受けました。

34歳という若さでの脳梗塞は世間を驚かせました。

それまでの健康診断では、血圧やコレステロールの数値にも異常はなく、まったく寝耳に水だったようです。

意外な病気だったことで、原因についていろいろ取り沙汰され、激しいHのし過ぎとか、避妊用のピルの常用が原因とか噂になりました。

専門的には、抗リン脂質抗体症候群といった自己免疫疾患や、奇異性脳塞栓症・もやもや病といった特異な塞栓によるものが多いようです。

もちろん明確な原因はわかっていません。

同じ病気が発見された有名人には、Mr.Childrenの桜井和寿や 、プロレスラーの高山善廣 がいます。

早期発見であったことが幸いして、後遺症もなく、手術後も順調に回復、7か月の自宅療養を経て9月2日に、「やりすぎ都市伝説スペシャル」の収録で、現場復帰しました。

さらに秋元玲奈アナ(27歳)が代理を務めていた「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(金曜午後9時から)への復帰も決定しています。

休養前はスポーツからバラエティまでこなせるテレビ東京の看板アナだったので、大江麻里子アナがニューヨークへ異動して手薄になったテレビ東京にとって、大橋アナの復帰は朗報となりました。

スポンサードリンク

2014年3月2日のテレビ東京の開局50周年記念番組『50年のモヤモヤ映像大放出! この手の番組初めてやりますSP』では、MCを務めています。

大橋の”ぶっちゃけキャラ”は、相変わらず健在で、テレビ東京(旧・東京12チャンネル)の大先輩である田原総一朗が、

「(テレ東は)制作費が安い。偏差値も低い。TBSやNHKに入った人間がテレ東には来ないもん」

といったことを受けて、

テレ東は、基本(他局を)落ちた人間の集まりです。そう、私もです!」

と大橋がぶっちゃけて、周囲を驚愕させました。

4強1弱と言われ続けた放の勢力図は、今は過去のこと、かつての視聴率キングのフジテレビを射程圏内にとらえるほどの勢いを見せているテレビ東京で、大橋のこの発言は、単なる自虐ネタではなく、自信の裏付けがある、余裕の発言だと受け止められています。

大橋には、さらに過激な”ぶっちゃけ発言”を期待したいものです。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。