石原さとみは清純派なの?魔性の女なの?スタッフも共演者もメロメロ

人気女優石原さとみ、清純派の代表というイメージですが、意外にも共演したイケメンとはいつも熱愛が報じられています。スタッフやキャストへのボディタッチやハグは当たり前で、みんなを虜にする魔性の女との噂も。そんな石原さとみと佐藤健キス画像流出の話題、酒好き、両親やカップについて調べてみました。

スポンサードリンク

女優石原さとみ、清純派から魔性の女へ変身、厳しい躾けの反動?

女優石原さとみ、東京都出身、1986年12月24日生まれの30歳です。(2017年2月現在)

家ではいつもラジオが流れていて、ラジオパーソナリティに憬れていました。

藤原紀香に憬れて女優になりたいと決心します。

厳格で、真面目だった両親には、もちろん反対されました。

あきらめさせるために一度だけという母との約束で受けた、2002年ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』でグランプリを受賞して芸能界入りのきっかけをつかんだとされています。

この話には少し誇張があって、このオーディション以前にすでにホリプロの俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属していて、本名の『石神国子』名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』『船を降りたら彼女の島』へ出演していることが確認されています。

石原は創価小学校、創価中学校、創価高校と進んでいます。

▼石原さとみの本名石神国子の高校卒アル画像

女優活動を始めた関係で大学進学はあきらめました。

両親は学会の幹部と言われていて、”石原さとみ”という芸名は、池田会長による命名であると言われています。

まだ女優の原石であることから姓を石原、聡明で美しい女優になってほしいとの思いを込めてさとみ(聡美)としたのが由来です。

両親からは厳しくしつけられて育ったと語っています。

2003年NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン、岩田冬子役に抜擢され全国的に注目されます。

2006年には”奇跡の人”で舞台に初挑戦、故つかこうへいの名作”幕末純情伝”にも出演しています。

テレビドラマにも次々に出演しますが、いまだ代表作と呼べる作品には巡り合っていません。

自らは役に憑依する(身も心も役になりきる)タイプの女優を目指していて、恋愛ドラマではいつも相手役に恋するようにしていると言っています。

それが清純派でありながら、”共演者キラー”とか”魔性の女”と呼ばれる一つの理由です。

佐藤健との舞台ロミオとジュリエットが終わった後のブログでは、ロミオ役の佐藤との思い出にふれて『あの表情、あの台詞、あの動き、あの温もり、あの感触、あの涙』とその思いを綴っています。

この時の舞台のキスシーンの画像が、ネットに出回って、石原さとみ佐藤健キス画像流出として話題になりました。

スポンサードリンク

フジテレビ月9の小栗旬とのドラマ「リッチマン、プアウーマン」の収録前日には、『明日からは日向徹(小栗旬の役名)に恋します。』と記事をアップしています。

キャストやスタッフとのコミュニケーションで、さりげなくボディタッチをしたり、テンションが上がると誰にでもハグしたりする癖があり、男性スタッフの多くがこれにやられてしまいます。

同じ事務所のタレントの伊集院光も、石原の水がはいったグラスをスタッフが倒してしまった時に、石原が自分のことよりスタッフを気遣ったことを目撃して『好きになってしまった』と言っています。

日本酒のCMに起用されるほどの酒好きとしても知られています。

しかし酒を飲むと乱れることが多く、事務所はいつもハラハラしています。

”ロミオとジュリエット”の打ち上げの席で、好きなビールを10杯近くも飲んで、べろべろに酔ってしまい、共演した佐藤健と人目もはばからずイチャイチャし始めました。

互いの体をつつき合ったり、手を握ったり、ついにはチュッチュッとキスまで始めてしまったそうです。

打ち上げに参加していたスタッフが、あまりの石原の乱れっぷりに、この情報をもらしてしまい、マスコミや事務所の知るところとなりました。

スポンサードリンク


以来事務所の管理が厳しくなり、打ち上げなどの酒席では、事務所スタッフが監視していて乱れ始めるとすぐに車に乗せて連れ帰る体制をとっているようです。

”リッチマン、プアウーマン”の打ち上げでは、共演の小栗旬が先に酔ってしまい、椅子を投げ付けるなどの狼藉に及んでしまいました。

石原もどんどんピッチを上げて、いつもの泥酔状態になり、女性スタッフを捕まえて大声で男の話を始め、さらには下ネタまで連発する始末だったようです。

清純派と言われてきた石原も30歳、Dカップとも言われる豊かな胸を気にもせずに、体に押し付けて男性スタッフにしなだれかかる姿は、まさに”魔性の女”と呼ぶにふさわしい趣です。

厳しい両親の元で育てられて、恋愛も事務所から止められたきた反動が出ているとのもっぱらの噂になっています。

お行儀のよい優等生キャラを演じ続けてきた石原さとみに一つの転機が訪れているのかも知れません。

関連記事:佐藤健、肉食系男子は共演者キラー、ダンスに明け暮れた高校時代

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。