仲間由紀江が仕事も恋愛も迷走中、ストレスで激太りした真相とは

女優仲間由紀恵、最近出演したドラマが、軒並みに振るわず、低視聴率女優となってしまいました。事務所の看板女優として熱愛報道をブロックしていましたが、俳優田中哲司との熱愛が発覚。事務所の度重なる説得で、別れたと言われています。そんな仲間の近況や、両親や姉、兄のことなどを調べてみました。

スポンサードリンク

仲間由紀恵、舞台俳優田中哲司との熱愛破局で激太り?

女優仲間由紀恵、沖縄県浦添市出身、1979年10月3日生まれの37歳です。

両親は宮古島の出身で、仲間も宮古島には公私ともに縁があります。

沖縄独立の持論を持っています。

1994年15歳の時にオーディションに合格し、沖縄テレビ制作のドラマで女優デビューしました。

身長160cm、体重45kg、スリーサイズは、79-59-85で、トリック山田奈緒子役で言われている通り貧乳です。

父親は遠洋漁業の漁師で、一度漁に出ると1年以上も帰って来ず、不在の方が多かったそうです。

母和子は琉球舞踊の踊り手で、仲間も小さいころから琉球踊りを習っていました。

姉一人、兄3人の5人兄弟の末っ子ですが、一番上の姉とも6歳しか離れておらず、ほとんど全員年子です。

これについて、仲間は、父が長い間の漁から帰ってきて、張り切ってしまった結果だ思うと、恥ずかしそうに語っています。

姉も兄も全員美男美女です。

▼左が姉のちえみさん、右は自衛隊に勤務する兄、イケメンで有名です。

▼仲間の卒アル画像、このころから美人です。

プロデューサーの勧めで1995年に上京して、現在のプロダクション尾木に所属、寮暮らしを始めました。

その後、篠原涼子らが活躍していた東京パフォーマンスドールに参加したり、小室哲哉プロデュースで歌手デビューも果たしています。

アニメの声優や、テレビゲームの主題歌、ラジオ番組のアシスタントなど様々なジャンルに挑戦しますが、長い間下積みが続き、この間のことを仲間由紀恵の黒歴史などと呼ぶファンもいます。

しかし本人は気にしておらず、プロィールにもちゃんと記載があります。

2000年の映画『リング0 バースデイ』の演技で注目され、同じ年に代表作の一つとなる『TRICK』の山田奈緒子役でブレイクしました。

その後もう一つの代表作であるドラマ「ごくせん」に出演、高視聴率を得て、TRICKと共にシリーズ化や劇場映画化されました。

2006年にはNHKの大河ドラマ「功名が辻」に女優としては史上最年少で主演を果たし、人気はピークを迎えています。

最近では、演技の幅を広げるため、様々な作品の様々な役に挑みますが、「ごくせん」や「TRICK」を超える作品にめぐりあうことができず、迷走を始めます。

特に本人が望んだ悪女役に挑戦した作品では、「美しい隣人」はかろうじて合格点だったものの、「サキ」は大コケしてしまいました。

強い愛着を持っている沖縄を舞台にした「テンペスト」、刑事役に挑んだ「ジョシデカ!-女子刑事」なども振るわず、かつて高視聴率女優と呼ばれた面影はなく、低視聴率女優のレッテルさえ貼られそうになっています。

スポンサードリンク


仲間は2003年頃まで、寮暮らしだったので、ほとんど熱愛報道とは縁がありませんでした。

「ごくせん」で共演した嵐の松本潤とは、双方の事務所の反対に合い、発展していません。

上川達也、大野智、三浦翔平などとも噂になっていますが、ほとんどがガセネタでした。

ところが意外な相手との熱愛報道が出てしまいます。

主に舞台で活躍している俳優田中哲司です。

「アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜」で共演した田中には、演技の相談や女優としての今後を相談しているうちに、愛情が芽生えてしまったようです。

仲間はかなり本気で、事務所も交際について完全否定はせず、”良いお友達”と言うところまでは、認めざるを得ない状況になっていました。

この作品で田中は、当初の予定とちがい、ストーリー半ばで謎の死を遂げてしまいます。

仲間との交際の進展に危機感を抱いた事務所の意向が働いたとの憶測を呼びました。

それでも仲間の思いは変わることはなく、かいがいしく独身の田中の身の回りの世話を焼く仲間の姿が、度々目撃されています。

スポンサードリンク

ところが、田中と他の女優とのデートをフライデーされて仲間が激怒、いったんは破局します。

このころから仲間が太ったという噂が出始めました。

田中の浮気と、仕事の不調が重なったストレス太りという情報が駆け巡ります。

その後田中が仲間に謝罪したことで、復縁したとフライデーは伝えています。

仲間の激太り状態は2010年ころがピークですが、まだ完全に元に戻っている訳ではありません。

仲間が松坂慶子のようになることを真面目に心配しているファンもいます。

仕事も停滞したまま良い作品にめぐり会うことができていません。

仲間が田中に仕事のことを相談してから、作品の選び方に偏りが出て、問題作や意欲作ばかりにとらわれていることが裏目に出ているとの指摘もあります。

最近ではCM契約も減ってきており、本人も事務所もかつてない危機感を感じています。

ここ数年テレビドラマでは主演以外での出演はなかった仲間ですが、2013年秋のドラマ「ハニートラップ」では、EXILEのAKIRAが主演で、仲間は妻役で助演に回っています。

しかし視聴率は振るわず、これも残念な結果に終わりました。

2014年春のNHKの朝ドラ「花子とアン」でも主人公を吉高由里子が演じ、仲間は親友役に甘んじています。

それでも花子とアンでは吉高由里子とW主演のような脚本になり作品は大ヒット、仲間の演技に再び輝きが戻ってきました。

私生活でも2014年9月、6年の交際を経て俳優田中哲司と入籍を果たしました。

2015年からは故森光子のライフワークだった舞台版放浪記を仲間が受け継いで演じています。

2016年4月からフジテレビの音楽番組ミュージックフェアの司会に挑戦するなど、女優以外の仕事も増えています。

そんな仲間に2017年に再び激太りしたとの情報が出ています。

▼1月9日「連続ドラマW 楽園」(WOWOW)の完成披露試写会に出席しました時の様子です。

ネットでは幸せ太り!、妊娠か?などの噂が飛び交っています。

37歳アラフォー女優の仲間由紀恵にとって本当のオメデタなら喜ばしいことです。

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。