テラスハウス78、賢也が遼子に謝罪して卒業?聖南は正人に誘われた

聖南の誕生パーティ以来連絡をしてこない湯川正人、聖南はずっと待っています。崖っぷち芸人島一平、現状を打開する方策が見えません。もっと相方と頻繁に会ってネタ作りをするようにフランキーからアドバイスされました。平澤遼子に謝罪するために、食事に誘った保田賢也、なんだか焦っているようで、遼子を混乱させてしまいました。

スポンサードリンク

保田賢也の心がわからなくなってしまった平澤遼子

今夜は女子メンバー3人でお出かけ、逗子の”bettei”で女子会です。

 

最初の話題は、聖南の誕生パーティに現れた”まーくん”(湯川正人)のこと。

聖南は、知り合いから正人がチャラチャラ遊んでいると聞いて、正人の言葉が信じ切れないと語りました。

でもそれはあくまで噂であって、聖南が目撃したことではないのです。

フランキーは、考え過ぎかもしれないと指摘します。

「信じてあげればいいんだけど……」と聖南は、複雑な女心をのぞかせます。

フランキーと遼子から「(正人のことが)好きなんだね」と言われて、まだ素直に認められない聖南です。

ふだんクールに見えるフランキーも結構ガールズトークにノリノリなのが意外です。

聖南とフランキ―は、「けんけん(保田賢也)は、遼子を意識していると思う」とけしかけます。

「そうなんだ」と自信のない発言の遼子に、「(けんけんの気持ちは)わかりやすい」と指摘しました。

「だとしたらどう?」と聞かれて、素直に「うれしい」と答える遼子でした。

遼子:もっと知りたいなとは思っているよ

フランキー:デ―トとか行ってくれるとわたしうれしいな

聖南:面白いよね

遼子:面白がってくださいよ

と”ネガティブ遼子”が顔をのぞかせました。

逗子bettei お店デ―タ

 

逗子マリーナのお隣り、小坪のデザイナーズ旅館”LINCA”がプロデュースしたお洒落なイタリアンダイニングレストランです。

住所:神奈川県逗子市小坪5-9-5  電話:0467-50-0234

次の日の0:30PM

賢也がポセイドンジャパンの合宿から帰ってきました。

誰もいない男子部屋、賢也のベッドの上には、遼子がくれたアロマスプレーがぽつんと置かれていました。

それに気付く賢也、手に取って少し考え込んでいます。

リビングで一人コーヒーをのんでいる聖南。

賢也が合流しました。

聖南は笑いながら、賢也がアロマスプレーを置き去りにしたことを指摘しました。

聖南:テーブルの上に置きっぱ、あれはまずい。

賢也:そうだね。怒ってた?

聖子:遼ちゃんは、(そのことを)知らない

賢也は、部屋でアロマスプレーを見るまで、置き去りにしたことすら気づいていなかったようです。

遼子が「合宿で使って」と言ったことも、すっかり忘れていました。

これは、賢也が”遼子のことに、興味がない”ということを示しているのでしょうか。

「しょうがないね」としか言えない賢也です。

スポンサードリンク

その日の夜11:00PM

男子3人で夕食中に、遼子が帰ってきました。

すぐに賢也の姿を見つけて、「お帰り!」と声をかけます。

グラスにビールをついで、遼子も合流します。

一平:(賢也がいなくて)寂しかったねえ

遼子:ねえ

賢也:嘘でしょっ!

遼子:ホント、寂しかったよ

遼子が一平に同意を求めます。

賢也:ありがとうございます。

でも賢也は、『またすぐに中国遠征の予定がある』と言いました。

そこへフランキーと聖南も帰って来ました。

全員揃って乾杯です。

フランキー:合宿ちゃんと寝れた?

賢也:うん

遼子:あれ、使った?

賢也:それね、ゴメン。俺ね……。

賢也の言葉がまだ終わらない内に、遼子は「ひどい!」と叫びました。

賢也:忘れちゃったんだ

遼子:最悪っ!

賢也:ホント、ゴメン!

賢也:(合宿の荷物の中に)入れたつもりだったんだけど、

言い訳を続ける賢也。

遼子:最悪だね、絶対許さない!

 

賢也:ホント、ゴメン、次の合宿絶対持って行く。

遼子:ああ大丈夫です、もう。

と取りつくしまもありません。

一平:そうなるわ。えっ、でも向こう行って気付いたの?寝る時。

賢也:うん。

遼子:嘘だ!絶対嘘だよ。

賢也:いや…。

遼子:嘘です。

一平:それ大事よ。

遼子:大事だよね。

賢也:なんで忘れたんだろう、ゴメンね

ショックで、遼子はもう何も答えません。

この事件は、賢也の誠意を疑わせるのに十分な出来事です。

遼子と賢也の未来に、暗雲が立ち込めてきました。

ある日の朝11:00AM

フランキーがダイニングテーブルを拭いています。

最近話題が乏しい”哲ちゃん”(菅谷哲也)が降りてきました。

今日はフランキーのボーイフレンド、アンドリューが来る予定なのです。

メッセージボードには、それぞれの今日の予定が書きこまれています。

一平はライブ。

遼子の『今日は早く帰ります。』の”早く”文字の上に二重線がひかれていて、”遅く”に変えられています。

同じ文字で、『練習で遅くなります。けんや』と書いてあります。

これは一体………?

インタフォンが鳴って、フランキーの恋人アンドリュー・ケインがやって来ました。

日本語では、”ボーイフレンド”という言葉は、単なる”男の友人”という意味で使われますが、英語圏では”ボーイフレンド”は、”恋人”を意味しています。

外国人と話すときは注意した方が良い言葉の一つです。

アンドリューはフランキーより3歳年上の27歳、190cm以上ありそうな、長身で細身のイケメンです。

 

日本語も達者で、哲也とは日本語で会話をしています。

聖南にも声をかけて紹介しました。

フランキーがテラスハウスで暮らすことについて、最初は心配したけれど、今は信頼していると語りました。

今日は鎌倉デ―ト、彼の希望は”紫いもアイス”を食べることのようです。

新宿歌舞伎町のお笑いライブハウス”VATIOS”(ヴァティオス)

マントル(島)一平とマグ万平コンビ”地球”のライブです。

所属事務所人力舎が毎月開催している、若手芸人による”Sparkネタライブ”の日です。

今日も”カイヤ”のネタをやりました。

小さな笑いはあったものの、爆笑はなく、もちろん”ドッカ―ン”(大爆笑)もありません。

出番の後、楽屋で反省会。

一平は、事務所のライブだから、しっかりネタ合わせをしなかったからと言い訳しています。

どうも一平からは、”切実さ””必死さ”が伝わってきません。

このままでは芸人を辞める日はそう遠くないのかもしれません。

スポンサードリンク

テラスハウスのPlayRoom09:30PM

フランキーはまだ絵を描いています。

リビングでは、聖南と哲也が寛いでいます。

一平が帰ってきました。

フランキーも仕事を終えて合流です。

一平は、聖南からライブの様子を聞かれました。

今日のライブでは、納得のいく準備ができていなかったこと、4月のライブは1年1回の、契約更新を決める場であること、自分たち”地球”もいつ契約を打ち切られてもおかしくない状況であることを語りました。

フランキーから、毎日相方と会って、ネタ作りをしているのかと聞かれ、週1回会えたら良い方と答えます。

お笑いも絵も同じで、毎日繰り返すことで、身体に染み込ませる子とが大切だと指摘されました。

つまらなくて良いから、毎日1つづつネタを作るべきだとアドバイスされました。

フランキーの意見は、至極真っ当なものです。

一平の胸に、どこまで響いたのでしょうか。

東京四谷、SonyMyusicRecords

遼子が働くソニーミュージックレコーズの前に、賢也が一人たたずんでいます。

仕事を終えた遼子がビルから出てきました。

賢也から、突然”お疲れ”と声をかけられ、”ええっ!”と驚く遼子。

『えっ?なんで?どうしたの?』遼子の頭の上には?マークが一杯浮かんでいます。

『ふたりで食事でもしようかと思って、車できちゃった』と賢也。

この不意の待ち伏せには心底驚いている遼子です。

それでも、断らずに賢也についていくのは、まだ好意を持っている証拠なのでしょう。

今夜は台湾小皿料理の老舗、新宿3丁目の荘園(そうえん)新宿店で食事です。

遼子が中華料理が好きだというのを賢也は覚えていました。

ほんの少しだけ、失点回復です。

『疲れた?』と聞く賢也に、『驚いて、嬉しくて、(疲れが)吹っ飛んだよ』と遼子。

こんな素直に喜ぶ遼子は、きっと性格が良いに違いありません。

『あっそう。有難う』と賢也も嬉しそうです。

 

乾杯したあと、賢也が切り出しました。

『今夜は2人きりになりたかったんだ。』

『どうして?』と聞く遼子。

賢也は、アロマスプレー置き去り事件のことを、どうしても謝りたかったのです。

『今度の中国合宿には絶対持って行く』と力を込める賢也に、遼子は笑いながら『いいよ』と答えました。

遼子:ちゃんと、考えてよ。合宿に行っている間も

賢也:考えてるよ。帰りたいなあって思う。

遼子:うん、思うよね

賢也:なんで帰りたいって思うの?

遼子:楽しいじゃん

賢也:楽しいだけ?

遼子:うん、なに?なに?なに?

賢也:何か他の”あれ(理由)があるのかなって

遼子:他に何かあるの?たとえば?

賢也は、自分が振った話題なのに、何も答えません。

挙句に『ゴメン、今の話し流して』という始末です。

遼子には賢也の質問の意図が分かりません。

もしかして『あなたが好きだから』という答えを求めたのでしょうか。

遼子のテンションが少しだけ下がってしまいました。

賢也は話題を変えて、休日にどこに行きたいかを尋ねます。

遼子は”ゴルフ”と答えますが、賢也はコースに出たことがありません。

”打ちっ放し”なら行けると賢也。

『今度行こうよ』と誘いますが、遼子は『時間ないでしょ』

『(時間は)あるよ』と言っても『行かなそうだね』と信じてくれません。

賢也:行くよ

遼子:うん

賢也:みんなで行こうか?

遼子:うん

賢也:みんなでいいの?

また風向きがおかしくなってきました。

遼子:なに、それ!どっち?

きまずい沈黙が流れました。

遼子には、賢也が何を考えているのわからなくなってしまいました。

『こうして、待ち伏せまでして二人きりになって、この前のことを謝罪したのだから、俺の気持ちはわかっただろう。次はお前が”あなたが好き”と言う番だ』

とでも思っているのでしょうか。

実は、賢也が子の答えを急ぐのには理由が在るのです。

来週の放送で、明らかになりそうですが、早くも賢也がテラスハウスから出ていく可能性があるからです。

次週予告で、賢也が遼子に『オレ、(テラスハウスから)いなくなっちゃうんだ』と確かに言っています。

それで賢也の心も混乱して、遼子にあんな態度をとってしまったようです。

遼子と賢也、ふたりの恋は始まる前に、終わってしまうのでしょうか。

荘園(新宿店) お店データ

住所 東京都新宿区新宿2-12-9 大倉ビル 1F

電話 03-3350-7936

秋の「上海蟹」が絶品です。

その日の夜女子部屋11:30PM

髪を乾かしているフランキー、聖南はもう寝ています。

突然聖南の携帯が鳴りました。

正人からの着信でした。

明日良い波が来そうだから、朝6時に迎えに行くとの電話です。

あまりに急な出来事に驚く聖南ですが、正人のサーフィンを1年以上も見ていません。

誕生パーティ以来の連絡を、聖南はずっと待っていたのです。

フランキーには『結構楽しみ』と素直に答えました。

次週予告では、聖南が正人を怒っている様子が流れていました。

こちらの2人の恋の行方も、簡単ではありません。

テラスハウスの2つの恋は、いったいこれからどうなっていくのでしょうか。

今週のおまけ

女子メンバー3人の恋愛のタイプ

相手の携帯を見る派

聖南とフランキー

フランキーは、浮気メールを見つけたら、自分の手で消してしまうそうです。

 

二人とも見たということを、ハッキリ相手に伝える。

疑いがあればとことん話し合う。

相手の携帯を見ない派

遼子

怖くて見られない。

知りたくない内容があったら、落ち込むから。

相手のクラブ通いを許さない派

フランキーと聖南

聖南もフランキーも、焼きもちやきであることが判明。

クラブに行きたがる男とは付き合いたくないようです。

一見クールに見えるフランキーが、相手に、遊びに行かず、家でじっとしていて欲しいというのにはビックリしました。

相手のクラブ通いを許す派

遼子

ネガティブ体質と言っていたけど、実は3人の中で一番自信があるのではと指摘されますが、実情はやっぱりネガティブでした。

クラブに行きたがるのは、遼子に満足していないから。

そういう相手を引き止める強さがないと言います。

でも、それを許しながら、だんだん自分の気持ちも冷めていくのだそうで、究極のネガティブ体質なのかも知れません。

関連記事
:テラスハウス83賢也の大事な話は告白?地球単独ライブに全員が協力
テラスハウス82聖南と正人の恋が終了、いよいよ賢也は遼子に告白か
:テラスハウス81聖南の涙の理由?一平は”地球”解散を回避できるか
:テラスハウス80 一平コンビ解散の危機、遼子・賢也はカップル成立
:テラスハウス77正人の浮気を疑う聖南、遼子は賢也との恋愛モードに
:テラスハウス76、聖南が正人を受け入れた、遼子は賢也を意識する?
:テラスハウス75 新メンバーは保田賢也、フランキーと平澤遼子
:テラスハウス74智恵・洋介・まいまいも卒業、哲也への想いは叶わず
:テラスハウス73、智恵卒業旅行のサプライズで涙、まいまいも卒業か
:テラスハウス72華の拒絶に洋介は卒業宣言!哲也がまいまいにキス?
:テラスハウス71、一平はまいまいを応援する羽目に、洋介と華は?
:テラスハウス70、洋介が華に乗り換え!jyA-Meは涙のバレンタイン

:テラスハウス66、まいまいの好感度が急上昇、聖南はニートだった

記事に共感していただけたら、下のボタンを押してください。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。