吉田羊 演技派女優は年下好きの肉食系 ジャニーズとは共演NGに

30代になってやっと注目されはじめ、40代で大ブレークした遅咲き個性派女優吉田羊。”HERO”出演で全国に名前を知られるようになりました。確かな演技力で映画テレビドラマに引っ張りだこ。そんなアラフォー女優の初めての熱愛報道のお相手は年齢差20歳のジャニーズタレントの中島裕翔。7日に渡る連泊愛が報じられ、中島のファンからは悲鳴が上がっています。

スポンサードリンク

就職せずに舞台女優を目指した20代

女優吉田羊、福岡県久留米市出身、1974年2月3日生まれの42歳です。

年齢公表によって役柄の範囲が狭くなることを恐れて、年齢は非公開とされていますが、少し前までは、普通に年齢や生年月日を公表していました。

兄二人、姉二人の5人兄弟の末っ子で、父は敬虔なカソリックの牧師さんです。

本名は吉田羊右子(ようこ)、キリスト教では、羊は”愛のある人”を意味しているのだそうです。

小さい頃から、歌を歌ったり、お芝居の真似をするのが好きな子供でした。

人前で目立つことが好きなのに、それを自分から言い出したくないという”めんどくさい性格”と自らを評しています。

地元久留米市の小中学校を経て、カソリック系の久留米信愛女学院高校へ進みます。

▼中学校の卒業アルバム

3年生の時みんなに推されて体育祭の応援団長になって、一躍人気者になり、ファンクラブができるほどでした。

上京して大学進学を目指しますが志望校に不合格となり浪人し、一時は姉の住む金沢で一緒に暮らした時期もありました。

その後東京の桜美林大学に入学することになります。

大学3年でいよいよ就職活動の時期になり、このまま就職する人生に疑問を感じてしまい、好きだった演劇の道に進むことを決断しました。

思い立ったらすぐに行動するせっかちな性格だったので、養成所に通ってじっくり演技の勉強をするのではなく、3か月後に舞台に立つ女優を募集していた劇団に応募し、まんまと合格します。

そのまま稽古をして、3か月後には本当に舞台女優としてデビューしてしまいました。

吉田羊23歳の出来事でした。

舞台の面白さにはまった羊は、しばらく小劇場の舞台に立ったあとの2001年、比佐廉(脚本・演出)・石津陽子(制作)とともに演劇プロデュース集団「東京スウィカ」を旗揚げします。

2007年大手芸能事務所から独立して、自身の事務所を立ち上げるべく、女優を探していた女性(現在の事務所の社長にしてマネージャー)に、一緒に仕事をしませんかと誘われました。

女性の熱意に引っ張られるよう劇団を退団、その女性が立ち上げた所属女優は吉田羊たった一人の芸能事務所”ONRAKU”での2人3脚の活動が始まります。

この時吉田羊33歳、それぞれにとって覚悟のいる決断でした。

33歳という年齢のハンディを避ける意味で、この時から年齢非公開ということにしました。

それまで、女優業だけでは生活できなくて、引っ越し業、葬儀屋、パーティコンパニオンなどいろいろなアルバイトを経験していましたが、マネージャーからアルバイト禁止令がでます。

女優業1本で行く覚悟を自覚するためで、そのかわり当面の生活費は事務所が貸し付けるというものです。

この借金の返済は最近まで続いていて、テレビドラマ”HERO”への出演が決まってやっと完済することができました。

思い込みが激しいことでは良く似ている同年齢のマネージャーは、口うるさいものの、仕事に対する熱意は並外れていて、めんどくさがり屋で頑固な羊でも、彼女には逆らえませんでした。

羊が女優としての成功に人生を賭けている以上に、マネージャーもそれに賭けていたのです。

スポンサードリンク

女優吉田羊 遅すぎるシンデレラストーリーの始まり

2008年NHKの朝ドラ””に出演した際の、西田敏行との掛け合いを、俳優中井貴一が見かけたことが、吉田羊の”遅すぎるシンデレラストーリー”の始まりでした。

中井の推薦を受けて、彼が出演する倉本聡脚本のテレビドラマ”風のガーデン”に出演が決定。

中井は脚本家三谷幸喜にも引き合わせてくれ、羊は2009年3月、三谷主宰の劇団「東京サンシャインボーイズ」の15年ぶりの復活公演『returns』のキャストに抜擢されました。

三谷の吉田羊への肩入れは尋常でなく、当時三谷と女優小林聡美との離婚原因は女優Y(吉田羊のこと)ではという噂まで流れました。

業界関係者からの注目度が高い三谷の舞台に参加したことで、羊の知名度は急速に上がっていきます。

2008・9・10・11年と単発ながらテレビドラマへの出演は年を追うごとに増えていきました。

2011年『江〜姫たちの戦国〜』2012年『平清盛』と2年連続でNHK大河ドラマにも出演することができました。

2012年10月NHK連続テレビ小説『純と愛』ヒロイン・夏菜のクールな女上司、桐野富士子役の演技で視聴者の注目を集めます。

そして2014年7月人気テレビドラマ”HERO”に女性検事馬場礼子役でレギュラー出演することになって吉田羊の女優人生は劇的に変わります。

このとき事務所の立ち上げから、関係者への売り込みと、長年苦労を共にしてきたマネージャーと二人で抱き合って号泣しています。

この作品で”東京ドラマアウォード2015”の助演女優賞を受賞しました。

演技以外の仕事のオファーも来はじめ、フジテレビのバラエティ『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』で初MC、2015年1月号より雑誌『おとなの週末』(講談社)に連載コラム「ヒツジメシ」の連載も始まっています。

スポーツ飲料”ポカリスウェット”を皮切りにCMへの出演も一気に増えていき、2015年『タレントCM起用社数ランキング』では初登場で5位にランクされました。

その後の活躍も目を見張るものがあり、アラフォー女優吉田羊の遅すぎるシンデレラストーリーは急展開を見せていきました

スポンサードリンク

アラフォー肉食系女優の恋愛事情

恋愛では”年下好きで肉食系”ですが、つい最近まで、メジャーな芸能界とは距離が遠かっただった羊には、芸能マスコミに取り上げられるような熱愛とは縁がありませんでした。

年齢相応の恋愛経験はあったものの、マスコミが知るところのものではなかったのです。

でもブレークした後の羊は注目度の高い人気芸能人、いやでも注目されてしまうのです。

そんな羊に2016年4月1日発売の週刊ポストで、まさかの熱愛報道が出てしまいました。

その相手はなんと20歳も年下のジャニーズのアイドルグループ”Hey! Say! JUMP”中島裕翔22歳。

二人は連れ立って吉田の自宅マンションを出て、食事を楽しんだ後、再び吉田のマンションに戻り、そのあとなんと7連泊したという衝撃的な内容でした。

中島は年上好きの甘え上手、かつて8歳年上の女優水川あさみとの熱愛報道がありました。

羊は年下好きでお互いの好みが一致、羊のそれまでの年下恋人との年齢差は8歳が最大だったので、一気に自身の記録を更新してしまったようです。

この報道は、意外にも女性ファンからは好意的に受け止められています。

しかし”Hey! Say! JUMP”の中島裕翔と言えば、ジャニーズの中で、今最も旬な俳優として、事務所を上げて売出し中、ただで済む話ではありません。

そのうえ中島は、ジャニーズ事務所のジュリー・藤島・景子副社長のお気に入り中のお気に入りとして知られている存在なのです。

この報道に激怒したジュリー氏の母でジャニーズ事務所の女帝とも呼ばれているメリー喜多川氏が、吉田とジャニーズタレントとの共演NGを各メディアに通達したとも伝えられています。

ジャニーズ事務所は、中島が吉田のマンションを訪ねたことは認めたものの、俳優の先輩である吉田の自宅に演技についての相談にいっただけで、交際の事実はありませんとコメントを出しました。

中島はこの7月からフジテレビ日曜夜の連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』への初主演を控えた大事な時期。

 

 アラフォー女優との熱愛は決してプラスにはならないとジャニーズサイドは考えています。

吉田の事務所にも圧力がかかったとみられ、今後の芸能活動に危機感を抱いたマネージャーは、さっそく各テレビ局などを回って、記事についての釈明と今後の活動への協力の依頼に奔走しました。

かつての亀梨和也と小泉今日子の熱愛を思い起こさせるこの騒動。

関連記事:亀梨和也、永遠の野球少年。30代で芸能界を引退してブティック経営

反対された二人は今どう感じているのでしょう。

それを想像させる出来事が報道直後の二人に起きていました。

7連泊の後、吉田のマンションを出た中島は、なんと路上泥酔痴漢事件を起こしていたのです。

5月19日発売の週刊文春によれば、30代女性の一般女性からの110番通報で駆け付けた現場にいたのは、泥酔している中島裕翔。

女性の上半身に抱き着いたりしたことで通報されたのです。

目撃者もなく、中島の身元を知った女性が(示談に応じたためか)被害届を出さなかったことで、刑事事件にはなりませんでしたが、事務所からは、謝罪のコメントが出ています。

泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております

ネットでは吉田との別れを強要された中島が絶望して泥酔した結果の出来事ではないかと言われています。

一方この騒動のヒートアップぶりに

もう恋愛はこりごり

と苦笑いだったはずの吉田羊にも異変が起こっていました。

5月22日「日経ヘルス Presents ビューティーミューズ大賞2016」の女優賞の授賞式に出演しました。

司会者から芸能活動での重圧について質問されると

「基本的にはすべてが試練だと思っている。それには意味があると思っているので、しんどいですし、外に出られないこともありますけど……………………。

そこにきっと意味があると思っていれば、乗り越えられる」

さらに、集まったファンへのメッセージを求められて

「きょうはたくさん来ていただいて、ありがとうございます。とにかく日々、笑顔で過ごしてください。あなたが笑顔であれば、あなたを大事だと思っている人もきっと………………、きっと笑顔になると思いますので、日々笑顔で過ごしてください」

と涙で声を詰まらせながら語ったのです。

このコメントは、中島と自分自身にに向けられたものではないかとネットでは話題になっています。

確かに、吉田と中島の恋が真剣であったことを意味しているのかもしれません。

中島のファンから心無い言葉をぶつけられたり、ジャニーズサイドからの圧力で、芸能活動そのものに影響が出ることが心配されている女優吉田羊。

吉田の遅過ぎるシンデレラストーリーはこらからどんな形で展開していくのでしょうか。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。