太田雄貴 フェンシング界のプリンスの熱愛相手は元AD笹川友里アナ

日本フェンシング界の第1人者の太田雄貴。父からの英才教育が実を結び、北京オリンピックで銀メダルに輝きました。スランプに陥り一時現役を退くものの再び現役復帰、世界ランク1位も経験しています。そんな太田の熱愛が報じられました。お相手はTBSアナウンサーの笹川友里。美人過ぎるADからアナウンサーに抜擢された異色のアナウンサーです。

父から受けたフェンシング英才教育が結実

リオオリンピックフェンシング日本代表太田雄貴、滋賀県大津市出身、1985年11月25日生まれの31歳。(2017年1月現在)

教師である両親と兄、姉の5人家族です。

父がフェンシングの選手だったことで、幼少時から父の薫陶を受けて育ちました。

▼太田雄貴の両親

どうしても子供たちにフェンシングをやらせたかった父は、スーパーファミコンを餌に子供たちを誘いますが、それにつられたのは末っ子の雄貴(当時小3)だけだったのです。

雄貴はスーファミを手に入れたらすぐにフェンシングをやめるつもりでいましたが、生来の負けず嫌いが頭をもたげ、フェンシングの大会で勝つ喜びにはまってしまいます。

父の指導はとても厳しく、毎日毎晩続きましたが、練習の成果は大会の勝利に直結していて、苦にはなりませんでした。

父は練習だけでなく、雄貴の食事も作ってしまうほど熱心なサポートをしてくれました。

母は、父と息子二人のあまりにも過剰なフェンシングへののめり込みを心配して父と口論になったこともあります。

そんな母の不安は杞憂に終わり、雄貴は知性も磨き続け、のちに東京オリンピック招致のアンバサダーに任命されるほどの評価を得ています。

小学校でも中学校でも全国大会で連続優勝、父と同じくフェンシングの名門平安高校に進みインターハイ3連覇を達成、2002年高校2年の時に日本選手権最年少優勝の快挙を達成しました。

その後活躍の舞台は世界へと移っていきます。

2004年のアテネオリンピックに初出場して個人戦9位。

その後長いスランプに苦しみ惰性となってしまった父とふたりでの練習をやめると宣言します。

そろそろ潮時かもしれないと考えていた父もそれを受け入れ、4270日に及ぶ父との連続練習記録は途絶えてしまいました。

それまで意識的に避けてきたフェンシングの世界的コーチオレグ・マツェイチュク(43・ウクライナ)の指導を仰ぎ、リフレッシュに成功した太田は再び輝きを取り戻していきます。

2006年アジア競技大会個人戦優勝

2008年の北京オリンピックの個人戦で優勝戦まで進出し、フェンシング競技では日本人初となる銀メダルを獲得して、日本中を沸かせました。

感想を求められた母は、

帰って来たら、チューして、ギューってしたい

とその喜びを語り、雄貴をビビらせています。

銀メダル獲得のインタビューの中で、就職先を探していると発言し、図らずもマイナー競技を続けることの難しさを示すこととなりました。

それを受けて従来から支援していた森永製菓が名乗りを上げ、正社員としての採用を決め、雄貴は経済面での不安なく競技を続けられることになりました。

2012年のロンドンオリンピックでは団体戦で驚異の逆転勝ちを連発して、2つ目の銀メダルを獲得、フェンシング競技を日本全国に知らしめる結果となっています。

2012年12月、フェンシング競技普及を目指し、メダル獲得で得た報奨金をすべてつぎ込んで”SUPER FENCING”プロジェクトを立ち上げ、全国をまわって、子供たちにフェンシングの楽しさを伝えています。

日本よりヨーロッパでの知名度が高く、英語・フランス語にも堪能な太田雄貴の才能に気付いた東京オリンピック招致委員会は、滝川クリステルらとともに雄貴を東京オリンピック招致アンバサダーに任命しました。

雄貴はその期待に応え、2013年のIOC総会で英語での見事なスピーチを披露しています。

この時の滝川クリステルのスピーチ”おもてなし”はこの年の流行語にも選ばれています。

東京オリンピック招致決定の瞬間に、涙を流して歓喜する雄貴のニュース映像が全国に流れ、日本中を感動させました。

この時現役を引退していた雄貴の心にも火が付き、再び選手としての活動を再開しました。

2014年アジア競技大会団体優勝。

2015年フェンシング世界選手権フルーレ個人戦優勝。

この大会の直前に、ワールドカップグランプリ大会の通算ポイントにより太田雄貴は世界ランキング1位となりました。

2016年4月世界ランクの規定により、太田雄貴のフルーレ個人戦でのリオオリンピック出場が決定しました。

男子では太田のほか、エペの見延和靖(28)、女子ではエペの佐藤希望(29)とサーブルの青木千佳(26)の3人。

太田は4大会連続、佐藤は2大会連続、見延、青木は初出場です。

太田が熱望していたフルーレ団体戦での出場はかないませんでした。

スポンサードリンク

太田雄貴の恋愛事情

太田の最初の熱愛相手は3歳年上のモデル檀原彩(だんばらあや)。

2009年知人の紹介で知り合って、太田がひと目惚れ、猛アタックが奏功して交際がはじまりました。

ところが2009年にフランスで行われた「ルブニュー・チャレンジ」で優勝した後、太田は勝ちに見放されてしまいます。

悩んだ末に太田は練習に集中するため檀原との別れを決断、彼女もこれを受け入れました。

しかし二人の間の愛情がなくなったわけではなく、メールで連絡を取り合っていたのです。

しばらくして復調した太田は再度檀原に交際を申し込み、両親にも紹介して2011年には同棲生活を開始しました。

結婚も秒読み段階と思われていた二人でしたが、フェンシングに集中したいという太田のわがままな理由で再び破局してしまいます。

その後2015年に檀原は一般男性とハワイで挙式し、結婚してしまいました。

太田の性格は結婚に向いていないのかもしれません。

そんな太田に2度目の熱愛報道が出てきました。

今度のお相手はTBSの女子アナ笹川友里26歳。

2013年アナウンサー志望でTBSを受験するも不合格、一般職でTBSを受け直して入社しています。

入社後制作局に配属されADとして働くすがたが”美しすぎるAD”として注目され始めました。

田中みな実退社後アイドルアナが育たないTBSアナウンス部の実情に業を煮やした上層部は、笹川がアナウンサー希望だったことを知り、入社後1年たった2014年4月にアナウンサーに抜擢するという異例の人事を断行します。

これでTBSにもアイドルアナ誕生となるかと思いきや、現場アナウンス部は、NTVと並ぶ古い体質。

田中みな実が苦労した通り、アイドルアナなんて認めないのが伝統です。

笹川は”美人過ぎる元ADというキャッチフレーズを封印するように求められ、他のメディアにも同様の要求をつきつけます。

このことでせっかくの異例の抜擢は全くの骨抜きにされてしまい、笹川自身もアナウンス技術の低さから萎縮してしまい、アナウンス部のお荷物とまで陰口を言う人までいました。

その後笹川は注目されることもなく、地味にアナウンサーとして働いていたのです。

スポンサードリンク

そんな笹川に再びスポットライトが当てられた太田との熱愛報道。

5月28日。奇しくも笹川がADとして担当していた王様のブランチの生放送の中で、MCの谷原章介に太田との交際について尋ねられるとあっさりと肯定、交際が事実であることを認めました。

交際が始まったのは10か月以上前で、結婚を前提とした真剣交際であると報じられています。

リオオリンピックの後で結婚するという噂もあるようです。

番組中で、

温かくでも、冷たくでもいいから見守ってください

と発言した笹川アナ。

太田には2度にわたり、同棲までした檀原彩を振り回した過去があります。

新たな恋人にはそんな悲しい思いはさせてほしくないものです。

追記

笹川友里が2016年12月12日放送の「7時にあいましょう」で、占い師でタレントのゲッターズ飯田に2017年の運気を占ってもらったところ、出演者中で最下位になってしまいます。

「今の彼とは失恋する可能性が高い」「結婚するなら今月か、来月に。そうじゃないと幸せの運が逃げる」と飯田からアドバイスされた結果、「今月、結婚します」と宣言してしまいました。

勿論その相手は太田雄貴です。

話しの流れとはいえ、相手の了解もなく結婚宣言してしまったことでネットは炎上してしまいました。

ところが年が明けても太田と笹川が結婚したとの話は聞こえてきません。

1月後半には都内某所を親し気に寄り添って歩く二人の姿が目撃されているので、交際は今も続いているのだと思われます。

太田と笹川アナの結婚はいったいいつになるのでしょうか?


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。