アンタッチャブル柴田英嗣の壮絶人生 妻のW不倫は因果応報か

お笑いコンビ”アンタッチャブル”のツッコミ担当柴田英嗣が昨年5月に離婚していたことが明らかになりました。その理由がなんと妻のW不倫で、しかもお相手は元”FUNKY MONKEY BABYS” のファンキー加藤という衝撃的なものでした。柴田と加藤も友達で、3人での話し合いもあったといいます。柴田自身の女性問題で世間を騒がせ続けた柴田にとっては因果応報のような展開になってしまったようです。

スポンサードリンク

コンビを辞めたかったザキヤマと引き留めていた柴田

お笑いコンビ”アンタッチャブル”のツッコミ担当柴田英嗣、静岡県静岡市出身、1975年7月15日生まれの40歳です。

プロダクション人力舎の運営するタレント養成所”スクールJCA”の同期生の山崎弘也と1994年にお笑いコンビ”アンタッチャブル”を結成しました。

『ボキャブラ天国』(フジテレビ)や、『爆笑オンエアバトル』(NHK総合テレビ)で活躍し注目を集めます。

早いテンポでめまぐるしく展開するボケとツッコミが身上で、常にハイテンションな芸風は、現代にピッタリとマッチした漫才でした。

ビートたけしは「アンタッチャブルは言ってることは面白くないんだけど、面白いんだよね」とその芸風を褒められています。

しかしなかなかブレークするまでには至らず、相方の山崎は放送作家への転身を真剣に考えていました。

2003年の『M-1グランプリ』の敗者復活から勝ち上がり、決勝で3位を獲得したことでやっと流れが変わりました。

2004年の『M-1グランプリ』では優勝を飾り、一躍人気者の仲間入りを果たしました。

2005年4月から『いきなり!黄金伝説。』のレギュラー出演決定、2007年5月、恵比寿ザ・ガーデンルームにて芸歴15年目にして初の単独トークライブ「アンタッチャブルトークライブ『っていうか、断りゃよかった。』」を開催するなどその活動は順調そのものでした。

ところが2010年2月柴田の体調不良を理由に突然の休養が発表されました。

一人残されてしまった山崎の苦労はたいへんなものでした。

今まで二人でやっていた仕事を関係者に謝罪しながら一人でこなしていったのです。

この時の苦労はすべて山崎の血や肉となり、山崎のピンでの活動の原点となっています。

その後のピン芸人”ザキヤマ”の活躍は目を見張るものがあり、独自の芸風を確立していったのです。

その間に、休養の理由が柴田の体調不良ではなく、女性問題であったことがマスコミ報道され関係者に衝撃が走りました。

スポンサードリンク

柴田の結婚までの経過とその後の女性関係

柴田は2005年10月に結婚入籍していますが、11月には長男優君が生まれています。

ですからいわゆる”できちゃった婚”なのでした。

2008年3月には長女が生まれています。

二人が結婚にいたるまでには次のような経緯があったとされています。(真偽は不明)

柴田と妻(現在は元妻)のNさんの付き合いは6年にも及んでいましたが、柴田には結婚の意思はありませんでした。

Aさんは妊娠したので子供を生みたいと訴えますが、柴田はこれを拒否します。

どうしても諦め切れないNさんはこの話を月刊誌にリーク、さらに弁護士を立てて認知を迫ったことで逃げ切れないと覚悟した柴田がやむなく結婚に同意した。

というものです。

結婚後も柴田は同居はせず、生活費を渡すだけの関係だったとも言われています。

2007年当時柴田はテレビ番組の関係者に”離婚届に判を押させられて、妻がそれを預かっている”と語っています。

妻はこれを否定し、柴田に子育ての大変さを訴えて、”同居して手伝って欲しい”と言っても、”それは大変だね”とスルーされてしまうと反論しています。

ただ子供のために離婚はせず、我慢して結婚を続けていくつもりだとも語りました。

二人の結婚生活は決して祝福されたものではなかったようです。

そして柴田は浮気をしてしまうのです。

その相手が休養の原因となったAさんです。

Aさんとの関係は数年続きますが、交際中に警察沙汰になりそうな事態になったこともあり別れることになりました。

別れに際して特に金銭の要求もなかったようです。

ところが2010年8月末に、柴田は突然Aさんからの呼び出しを受けます。

いぶかりながらも彼女に指定された公園に行き二人で缶コーヒーを飲みながら話をしました。

この時の様子が写真誌FLASHに撮影され、柴田の女性スキャンダルとして記事になってしまったのです。

この時のことを柴田は”Aさんにはめられた”と知人に語っています。

さらにAさんは、交際中に柴田から脅迫メールを送られたとか、DVを受けていたとか、柴田の妻Nさんに呼び出されて脅迫され男から暴行を受けたなどと、警察に申し立てます。

これを受けて警察は柴田に同行を求め、警察での事情聴取を受けることになったのです。

警察の事情聴取の結果、Aさんの申し立てには疑問が多いとして事件化することはありませんでした。

事情聴取の後柴田はすぐに帰されています。

のちに柴田はこのことを勘違いして警察に冤罪で逮捕されたとテレビ番組で語っています。

警察は事件化しなかったものの、柴田がAさんと交際していたことは間違いなく、別れたことについてもAさんは納得していません。

この間柴田は休養理由についてマスコミから幾度となく取材を受けますが、Aさんを刺激することを恐れて何も語ることができませんでした。

そのことが憶測を呼び、柴田は交際中の女性に対して取り返しのつかないことをしでかしたとの噂が広まってしまったのです。

柴田はAさんと何度も話し合いを重ね、ついに柴田がAさんに示談金を支払うことで合意しました。

2011年5月柴田はAさんに示談金を支払いこのスキャンダルはようやく終焉を迎えました。

スポンサードリンク

重かった荷物をやっとおろすことができた柴田は、ようやく復帰に向けて動きだすことになります。

アンタッチャブルの休養は当初5か月の予定でしたが、その間に休養の裁定を下した人力舎の当時の玉川善治社長が急逝してしまったことで解除のタイミングを失っていました。

相方の山崎にはとんでもない迷惑をかけてしまったと思っている柴田は、休養開始から一切山崎とは連絡を取りませんでした。

トラブルが収束してからも、柴田に連絡する勇気は出ません。

今やピンで大活躍している山崎に、自分は必要ないだろうとも感じていました。

2011年1月11日TBS”美女アスリート総出演 炎の体育会TV~2011”でようやく長かった休養からの復帰を果たします。

2012年4月2日からTBSラジオの帯番組『LINDA!〜今夜はあなたをねらい撃ち〜』のメインパーソナリティーに起用され、復帰後初めてのレギュラー出演を果たしています。

このころから相方山崎とも連絡が取れるようになり、コンビ復活に向けての話し合いができるようになりました。

すべて自分で蒔いた種とは言いながら、長く苦しんできた呪縛からやっと解き放たれ、明るい将来が見えてきたと思い始めた柴田にとんでもないどんでん返しが待っていたのです。

結婚10年目にして妻から受けた告白の内容は驚くべきものでした。

2014年の12月妻のNさんは知人から誘われた飲み会で知り合った男性と交際を始め、愛してしまったと柴田に告げたのです。

余りの衝撃に柴田は一言も発することができませんでした。

この時Nさんはその相手がファンキー加藤であることは言っていません。

柴田の頭の中は真っ白になってしまい、怒りも悲しみもありましたが、今まで自分が彼女にしてきた仕打ちの数々を思い出せば、なにも言い返すことができませんでした。

正直に打ち明けた妻の気持ちを受け入れるしかありません。

そして二人の子供たちの気持ちや将来も考えなくてはなりません。

その結果柴田が出した結論は、離婚の2文字でした。

2015年5月10年以上に及ぶ波乱万丈だった柴田の結婚生活は静かに幕を閉じました。

2015年9月Nさんは自分が妊娠したことを知ります。

今後のことについて悩んだNさんは、なんと別れた夫である柴田に相談をもちかけます。

柴田はこの時初めてNさんの不倫相手が飲み友達の加藤であることを知り驚愕してしまいます。

2015年11月柴田、元妻のNさん、ファンキー加藤、加藤の事務所関係者の4人での話し合いが行われました。

加藤は話し合いの席に柴田がいる理由がわからず、固まっていたそうです

そしてこの時初めてNさんの元夫が柴田であることを知りさらに固まってしまいます。

Nさんは、加藤と知り合ってから、結婚していることも、夫が友人の柴田であることも加藤に告げていませんでした。

Nさんは柴田との離婚を成立させたのちに、この事実を加藤に告げるつもりだったようです。

加藤によれば、その話し合いの最中柴田は終始冷静だったと語っています。

加藤は2013年4月に事務所の反対を押し切り、当時マネージャーだった工藤牧子さんと入籍・結婚しています。

つまりわずか結婚1年8か月で不倫に走ったことになるのです。

2015年5月には、3か月前の2月に第1子の男の子を授かったことを自身のブログで報告しています。

「ファンの皆さまへ」

今日は皆さんに、大切なご報告があります。今年の2月中旬に、第一子が誕生しました。とても元気な男の子です

幸いにも出産に立ち会うことができ、新たな生命の誕生という奇跡を目の当たりに感じることが出来ました。感謝の想いが満ち溢れています

今まで以上に責任感を持ち、今までと変わらず音楽に情熱を注ぎ、さらに成長した姿を皆さんにお見せできるようこれからも精進していきます

2015年5月13日

第1子誕生の報告が3か月も遅れたことに違和感を覚えたファンも多くいました。

しかし今回のW不倫を知って深く傷ついた牧子さんのために、加藤がこの記事を投稿したのだとすれば合点がいきます。

牧子さんが出産した2月には加藤とNさんの不倫は継続しており、それを知った奥さんの気持ちを考えればいたたまれない思いに駆られます。

一方この記事をNさんが読んでいるとすればその心情も察するに余りあります。

このエントリーはすでにブログから削除されています。

いずれにしても加藤の身勝手ぶりが際立ってしまう記事になってしまいました。

結局加藤は離婚はせず、6月にNさんが出産する子供を認知して養育費を払うことで合意したと記事は伝えています。

養育費は数千万円になるだろうと言われています。

加藤はインタビューに答えて”一生を賭けて償う”という公式コメントを出しました。

ファンの皆様へ

いつも多くの応援をいただき、誠にありがとうございます。

本日発売されました週刊女性の記事についてですが、書かれている僕の記事の内容はすべて事実です。

現在お相手の女性との間には子供を授かっております。そして認知させていただいております。

産まれくる子供の為にも、きちんと責任をもって向き合って、考えていきたいと思います。

また、柴田さんへ、辛い思いをさせてしまったこと、心から謝罪をさせて頂きました。

今回の件で、妻には計り知れない大きな心の傷を負わせてしまいました。

正直、離婚を切り出されたこともありました。都合のよい話だとわかっていても、自分は離婚をしたくなかったです。

こんな自分を最後は受け入れてくれた妻のことを、一生を懸けて守り、つぐなっていきたいと思っています。

ファンの皆様には、裏切ってしまったこの信頼をどう取り戻すのか、必死で考え、これからの答えを導き出していきたいと思います。

本当に、心よりお詫び申し上げます。

2016年6月7日

ファンキー加藤

今回の騒動では不倫の被害者である柴田には加藤に慰謝料を請求する権利があります。

でも今まで自分がしてきたことを考えれば請求する気持ちになれないかもしれません。

柴田とNさんの子供2人の親権はNさんが持っていて、Nさんが2人を育てています。

2人の子供はすでに10歳と8歳になっていて、Nさんが忙しい時には柴田が2人の面倒を見ることもあると言います。

今後一人で3人の子供を育てていかなければならないNさんをできるだけサポートしていきたいとも語っています。

これから生まれてくる加藤の子供も含めて同じように接したいとも語りました。

それを考えれば柴田が加藤に不倫の慰謝料を請求し、それをNさんに養育費として渡すという選択肢もあるかもしれません。

一方加藤の妻牧子さんにはNさんに慰謝料を請求する権利があります。

W不倫とはそういうものです。

柴田に今起きていることも因果応報なのかもしれません。

今回妻と友人とのW不倫への柴田の対応が、潔く、男気があると賞賛する向きもあるようです。

人生には何が起きるかわからないものです。

ただこれから生まれてくる命も含めて、2つの家庭の子供たちには何の罪もありません。

柴田、Nさん、加藤、牧子さん、この騒動の当事者の大人たちがそのことを1番に考えてくれることを祈るばかりです。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。