高島礼子 事情聴取と尿検査後涙の謝罪会見 離婚は不可避の状況

夫である高知東生容疑者が逮捕されたことを受けて、妻で女優の高島礼子がドラマの撮影で滞在中の京都市内のホテルで謝罪会見を開きました。多数集まった報道陣の前で、深々と神戸を垂れてお詫びの言葉を述べた後、芸能記者や」レポーターらの質問に真剣な表情で答えました。一緒に暮らしていながら夫の異変には全く気付かなかったこと、一方で妻として責任を感じていると語っています。

スポンサードリンク

夫高知東生の異変には全く気付かず、逮捕を聞いても実感がなかった

夫高知東生容疑者の逮捕を受けて、妻で女優の高島礼子が7月21日から放送予定の主演ドラマ”女たちの特捜最前線”収録のため滞在中の京都市内のホテルで会見を開きました。

6月24日の逮捕から6日たった30日の会見となってしまったことについては、気持ちの整理と事実関係の確認に時間がかかったこと、そして高知東生容疑者と暮らしをともにしていたものとして当局による事情聴取や検査を受けなくてはならなったことを述べて謝罪しました。

逮捕の報道に接してまず”信じられなかった”、”冗談かと思った”と語り、夫の異変には全く気付いていなかったようです。

ただ夫婦として一緒に暮らしていて知らなかったでは通らないことも理解しているとも語っています。

高知東生容疑者と一緒に逮捕された五十川敦子(いそかわあつこ)容疑者は、10年くらい前に知人の知人として紹介されたが、その後は全く会っていないと答えてました。

高知容疑者五十川容疑者が不倫関係にあったことに関連して、高知と高島の夫婦仲についての質問には、

自分としては仲の良い夫婦だと思っていた。

(普通の夫婦というより)親友とか同志という風に思っていた。

と答えています。

高島と高知の関係は男女の関係というよりもっとさっぱりした関係であって、べたべたした男女関係が嫌いな高島にとってはそれが心地よいあるいは都合が良い関係だったのでしょう。

ただ高知東生容疑者にとってはさらに都合の良い夫婦関係だったのかもしれません。

高島の父は、高知東生が女性関係にルーズなことで、結婚には反対していました。

その心配は最悪の形で現実となってしまったようです。

現在も要介護の状態で、認知症も進んでいる高島の父を刺激しないために、今回の事件のことは知らせていません。

逮捕時に高知東生は五十川容疑者との関係を尋ねられて、

愛人だと思われるでしょうが知人です。

と答えています。

一緒に違法薬物を摂取し、肉体関係もあるのに”知人だと思っている”というのは普通に考えれば通用する話ではありませんん

ただ高島が言うように、高島夫婦が同志愛で結ばれている関係なら、高知と五十川の関係は単に薬物への依存で結びついただけの関係に過ぎないのかもしれません。

逮捕された夫に対して何を思うか?との問いには、しばらく考えたうえで、

絶対にやってはいけない犯罪をどうして………、どうしてやってしまったのか

と絞り出すように答えています。

こんな絶望的な状況の中で、励ましてくれたり、支えてくれる大勢の人たちがいるので、その人たちを悲しませたり、裏切ったりすることはできない

と涙をあふれさせながら語りました。

高島を女優業に導いてくれた大御所俳優松平健も彼女を支える一人として、助言や励ましの言葉をかけていると思われます。

今後は離婚も考えているのかとの質問には、

妻としての責任をどうとるのかも含めて離婚も選択肢の一つ

だと答えています。

芸能界で同種の事件を引き起こした押尾学は、妻で女優の矢田亜希子からすぐに離婚を切り出されました。

夫婦ともに逮捕された酒井法子も離婚しています。

現状では高島も高知東生容疑者との離婚は避けられないとの見方が有力です。

離婚したとしても茨の道には変わりないと思いますが、女優活動を続けていかなければならない高島にとって離婚は避けられない道でしょう。

スポンサードリンク

現在撮影中のドラマ”女たちの特捜最前線”(テレビ朝日系7月21日スタート予定)は高島の連続ドラマ初の主演作品なので、高島の降板イコール”お蔵入り”ということになってしまいます。

すでに何本か収録済みで、万が一”お蔵入り”となればテレビ朝日は大損害をこうむることになります。

放送を予定通り強行したとしても、世間の風向きによってはスポンサーが降板するような事態になるかもしれません。

かつて日本テレビは芦田愛菜主演のドラマ”明日ママがいない”の番組内容に大きな批判を受け、提供スポンサーの引き上げという緊急事態のなかで、CMなしでの放送を強行して営業的には甚大な損害を出したことがあります。

関連記事:明日ママがいない、NTVが謝罪、ノーCM放送で追い詰められた?

今回テレビ朝日も世間の動向とそれに反応するスポンサーの意向を十分に考えながらの難しい判断を迫られることになります。

高島にとって唯一明るい材料は、大手スポンサーである花王が、いち早く現時点で高島とのCM契約の解除は考えていないとのコメントを出していることです。

高島との長い付き合いの中で、高島の人柄を信頼しているからでしょう。

スポンサードリンク

一部報道では、高知東生の供述からある大物女優について逮捕が近いのではとも言われています。

高島の尿検査の結果は2~3日後に出るようですが、結果がシロ(陰性)だったとしても、騒動はまだまだ続くものと思われます。

関連記事:高島礼子夫高知東生の逮捕で女優生命の危機!7月ドラマは放送不能か


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。