樋口日奈 乃木坂46にブレークの予感 父は元ヤンキーのヘアメイク

乃木坂46の1期生樋口日奈、この春(2016年3月)高校を卒業したことで本格的にアイドル活動ができるようになりました。乃木坂NO.1のスタイルと美貌、そして誰もが認める性格の良さで乃木坂の秘密兵器と言われています。最近メディアでの露出がぐっと増えてきて、まさにブレークの予感がプンプンしています。父は昔バリバリのヤンキーで今はヘアメイクとして活躍しているようです。

スポンサードリンク

”ひなちま”は乃木坂46の秘密兵器 姉の柚子はモデルで女優

乃木坂46の1期生”ひなちま”こと樋口日奈、1998年1月31日生まれの18歳です。(2017年1月30日現在)

ヘアメイクをしている父、母、5歳上と2歳上の二人の姉との5人家族です。

父は若いころバリバリのヤンキーで、玄関に写真を飾っておくと、しつこいセールスの人がそれを見てビビッて帰ってしまうので、家では魔除け的存在だと言われています。

”乃木坂工事中”の父の日企画で”父親の秘密”を電話で聞かれた”ひなパパ”は、

若いころの写真も見せているので秘密は何もない

と語り若いころのパパの写真が公開されました。

周りのメンバーはあまりのガチヤンキーぶりに若干引き気味でしたが、日奈は

頭はばっちりリーゼントでさらしを巻いている姿がカッコいい

と言ってみんなを驚かせました。

ママと昔のアルバムを見ていた時

日奈絶対この時代にいたらお父さんののこと好きになってる

と言っていたことも明かして、娘を持つ父親であるMCバナナマンの設楽統を羨ましがらせていました。

スポンサードリンク

すぐ上の姉樋口柚子(ゆず)は現在明治学院大学の2年生ですが、モデル・女優としも活動していて、最近では”橋下×羽鳥の番組”(テレビ朝日)に7月4日・11日と2週にわたって傍聴人として出演しています。

”ひなちま”は母の実家がある長野県駒ケ根市で生まれましたが、その後はずっと東京で育ちました。

2004年4月世田谷区立玉堤小学校に入学します。

小さいころは歌手になる夢を持っていて、小学1年から中学1年までダンスを習っています。

▼ひなちま小学校1年生

成績は優秀で6年生の時”お味噌調べてみよう!食べてみよう!読後感想文コンクールで入賞しています。

その時の作文『味噌のイメージ』はこちら

中学受験を経て姉と同じ難関進学校の東京都立桜修館中等教育学校(中高一貫校)に入学しました。

2011年中学2年生(13歳)の時、ダンスの先生に勧められて乃木坂46の1期生オーディションに参加して合格します。

桜修館は公立の学校でしかも東大に現役で3人も合格するほどの進学校でした。

ひなちまも学業優先だったため乃木坂46のレッスンや活動に時間をかけられませんでした。

しばしばアンダーライブも欠席しています。

学校では体力を温存するためほとんどしゃべらない”省エネ学生”として過ごしたそうです。

そのため同級生からは”無口な子”と思われていました。

ただ学校のイベントでは無駄に張り切ってしまうタイプで、高校最後の合唱コンクールで初めて金賞を取って大泣きして普段とのギャップから、”変わっている子”認定されてしまいました。

スポンサードリンク

2歳年上(学年は1個違い)の姉”柚子”(ゆず)も桜修館で、日奈が中3、柚子が高1の時、2学年合同のマラソン大会に出場し147人中日奈47位、柚子64位となり、姉に勝ったことを嬉しそうに公式ブログ(2013年2月15日のエントリー)にアップしています。

学業優先だったので、なかなかシングルの選抜メンバーには選ばれず、8thシングル”気づいたら片想い”で初めて選抜入りしています。

選抜メンバーはメディアの出演などが多く、授業をたびたび休むことになり、両立の難しさを痛感しました。

そのためこれ以降選抜メンバーに選ばれることはありませんでした。

1期生の中でもダンスは抜群にうまく、西野七瀬も”ひなちま”のダンスは大好きと言っています。

乃木坂でNo.1と言われる和風美人で、スタイルも抜群、18歳とは思えぬ色気があります。

乃木坂ってどこ”の番組中で、母親から”ひなちま”が壇蜜に憧れていることを暴露されています。

そしてなんといってもひなちまの一番の魅力は輝く笑顔性格の良さです。

16thシングルサヨナラの意味で2期生でOL兼任メンバーの新内眞衣が初めて選抜メンバーに選ばれた時にひなちま自身は選ばれていないにもかかわらず、心から祝福している様子がわかって、その性格の良さが知られました。

2014年高校1年生の時、舞台學蘭歌劇”帝一の國”に白鳥美美子役(井上小百合とのWキャスト)で出演したことで演技の面白さに目覚め、将来の夢が歌手から女優へと変わっていきました。

顔立ちがいわゆる”老け顔”で、純日本風であることも自覚しているので、時代劇への出演を目指して2014年の春から乗馬にも取り組み始めています。

2016年3月桜修館を卒業しました。

姉の柚子は明治学院大学に進んでいますが、”ひなちま”が大学へ行ったのかどうか定かではありません。

メディアへの露出もだんだん増えてきて、運営サイドの”ひなちま”推しに力が入ってきています。

7月3日フジテレビのスーパーフォーミュラーをテーマとしたトーク番組超速GO音<スポーツLIFE HERO’S PLUS>でナレーターに起用されました。

7月17日の2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦にサーキットレポーターとして参加することが番組の最後にアナウンスされました。

原稿読みも安定していて、ナレーションも安心して聞いていられます。

”ひなちま”はしゃべりも的確で、すでにバラエティ番組で活躍している秋元真夏高山一実をしのぐトークの能力を持っています。

これからは多くのバラエティ番組に出演することになるでしょう。

乃木坂46の15thシングル裸足でSummerのカップリングのアンダー曲”シークレットグラフィティ”ではいきなりセンターに抜擢されたことにも運営の”ひなちま”推しの本気度がうかがえます。

夢である女優への道も間もなく開かれていくと思われます。

乃木坂46の秘密兵器”樋口日奈”がやっとそのベールを脱ぎつつあります。

2017年一推しのアイドルとして”ひなちま”にはブレークの予感がプンプンしています。

追記

2017年3月から東京を皮切りに全国5都市で行われる『舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星」』しずかちゃん役に樋口日奈が起用されることが発表されました。

さらに1月30日放送の乃木坂工事中の中で17thシングルでの選抜メンバー入りが発表されうれし涙を流しました。

ひなちまのブレークはすぐそこまで来ています。


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。