徳山大五郎を誰が殺したか?第3話”燃やシタイ”あらすじと感想 生徒の誰かが徳山と不倫?

隠したはずの長濱ねるのロッカーから徳山大五郎の死体が消えた。そして再び死んだはずの徳山からのLINEが届く。こんないたずらを仕掛けてくるのはやはり犯人なのか?そこに徳山を捜しに妻がやってきた。生徒の誰かが夫の徳山と不倫していたという。妻の不倫相手探しが始まる。誰も名乗り出ないことにブチ切れた妻は、ロッカーにガソリンを撒いて火をつけると言い出した。

スポンサードリンク

消えた死体は隣のロッカーに移動しているだけだった

放課後16:30

不登校中の長濱ねるのロッカーに隠したはずの徳山大五郎の死体が消えた。

茫然と立ち尽くす3年C組の生徒たち。

平手:ない!死体、誰かが運びだした。

守屋:何のために?警察に引き渡すため?

全員の携帯に、LINEの着信音が鳴る

一体誰が死体を隠して、LINEを打ったのか?

長沢菜々香が山形弁で何か言う

米谷奈々未:(山形弁を翻訳して)ウチラ的には良かったけど…

土生瑞穂:ロッカー隣りだったもんね(と米谷のロッカーを指さす)

米谷が自分のロッカーを開けると

なんと徳山大五郎の死体が入っている

叫び声を上げる米谷

(山形弁で)誰が徳山の死体を自分のロッカーに移したのか?早くどかしてよ!

隣の鈴本美愉のロッカーの荷物を取り出して死体を移動しようとする米谷

それを阻止しようともみ合う米谷と鈴本

渡辺理佐:てか、ねるんとこ戻せば良くない?

斉藤冬優花:どうせ(学校に)来てないんだし

鈴本:‥‥そうだよ

米谷:んだな

徳山の死体は再び長濱ねるのロッカーに戻された

原田葵:誰がわざわざ動かしたんだろうね?

平手:それは……まだわかんない

その時平手の頭をよぎったのは平手が囮になって廊下に放置された時、突然学校に現れた長濱ねるの姿だった

1時間目の授業が始まる

副担の神崎:徳山先生は今日お休みです、今朝メールが来ました

菅井友香:(LINEじゃなく)メールが来たんですか?

神崎:ええ、わたしLINEやらないから

体調が悪いから休ませてください。今日の化学は自習でお願いします

2日目昼休み12:42

平手:見られてる、誰かにずっと見られてる‥‥

べりか(渡辺梨加)が開いた弁当には謎のキャラが

 

 箸で謎キャラの目を突き刺して弁当を食べ始めるべりか

弁当を忘れたことに気付く鈴本が”最悪‥”とつぶやいて購買にパンを買いに行った

いつものように亀に餌をやる上村莉菜

扉の外には教室の中をじっと見ている女性(ふせえり)が

上村:なんですか?

謎の女性:3年C組って‥‥

上村:はい、ここですけど

重箱らしきものを両腕に抱えて教室に入ってきた

生徒たちに緊張が走る

弾かれたように立ち上がる尾関梨香

尾関:美愉のおかあさん!お弁当ですよね、今美愉パン買いに行ってて

あそこ美愉の席です。ここに座っててください。

わたし呼びに行ってきます

と教室を飛び出していった

美愉の席に座り重箱をドンと置く謎の女

”美愉さんにはいつもお世話になっています”と挨拶する守屋茜

茜をじっと見つめ”あなた、大人っぽいのね”という謎の女

謎の女:わたし、美愉さんのお母さんじゃないのよ

私はみんなの担任の徳山大五郎の妻です

 

平手:それ、先生にお届けものですか?

徳山の妻:いや、これはみんなにと思って‥‥差 し 入 れ

重箱の上の段を開けると、あふれんばかりのパクチーが現れた

徳山の妻:パクチーサラダ

なにこれ?

芝?(志田愛佳)

”どうぞ”と言いながら平手に割り箸を渡して勧める妻

徳山の妻:誰?いま芝っていったの?

うつむく志田

徳山の妻:(平手に)あなた、独特な可愛さがある

パクチーを頬張る平手

”どう?”と尋ねる妻

平手:カメムシみたいな味がする

妻:あなた、もしかしてパクチー初めて?

平手:はい

妻:じゃあ、いいわ

米谷:パクチーはカメムシと同じアルデヒドの匂いだからね

上村:へえ、じゃあパクチーない時便利だね

米谷:えっ、カメムシ食べるの?

上村:うん

”どんどん食べて”とみんなにパクチーを勧める徳山の妻

今度は小林由依にパクチーを食べさせる妻

徳山の妻:どう?おいしいパクチー好き?

林:セロリみたいでおいしい

徳山の妻:あそう、好きなのね、立ってみて

立ち上がる小林

徳山の妻:あなた、色っぽいじゃない

”いや”といぶかる小林

”デザートはどう?と言いながら重箱の下の段を開ける妻
そこには
ぎっしりと詰められたマカロンが

大量のマカロンにテンションが上がる生徒たち

小林にマカロンを差し出す妻

古林:わたし、甘いのはちょっと(苦手)

徳山の妻:じゃあ、いいわ

菅井友香:大胆ですねえ、パクチーとマカロンって

徳山の妻:そう?こういうのって一度好きになるとトコトンはまるじゃない、主人も急に好きになっちゃって

ねえ、マカロンのおいしいお店知らない?

知ってる子がいたら教えてほしいなあ

理佐:ググれよ

冬優花:パクチーとマカロンって、女みたいな趣味してるな徳山

徳山の妻:(尾関に向かって)いかが?

”マカロンだけなら”と尾関が伸ばした手をピシッと叩く妻

急に怖い顔をして”マカロンだけはダメ、両方食べなきゃダメ”と叫ぶ徳山の妻

尾関:何で?

徳山の妻:まず、パクチー、パクチーを食べた人にだけマカロンを上げる、上げる、上げる

小池美波を見つけて

徳山の妻:ねえ、好きな男子いるの?

小池:(ビビリながら)いや、女子高やから

徳山の妻:女子高だって出会いはあるでしょ、通学のバスとか、ほら、電車とか

守屋:怖いんだけど

平手:なんか探してる、死体を捜しに来た犯人かも

守屋:そっか。殺したのにニュースにならないから?

平手:確かめに来た

パクチーをバクバク頬張る瑞穂を見つけ

徳山の妻:あなた

瑞穂:はい、パクチー大好きです

妻:年上の男性は好き?

瑞穂:はい、好きです

妻:立って

立ち上がった瑞穂を眺めまわして

妻:綺麗、昔のわたしみたい

”はい、食べて”と瑞穂にマカロンを手渡した

マカロンをおいしそうに頬張る瑞穂

妻:おいしい?

頷く瑞穂

”あなたね”と瑞穂に詰め寄る徳山の妻

平手:あの!徳山先生体調大丈夫ですか?今日学校を休むってメールが‥‥

突然大きな声で笑い始める徳山の妻

妻:しらじらしい、そんなことあなたがたが一番良くわかってんじゃない

隠してもムダよ、もうゼーンブわかってるんだから

動揺する生徒たち

 

平手を指さしながら

妻:子供ねえ、焦りが顔に出ちゃってる

平手:わたしたちは何も知りません

手を叩きながら

妻:素晴らしい団結力

急に大声で

妻:全員っ!共犯者になりたいのっ!

夫はねえ、ずうーっとパクチーなんか嫌いだったのよ

マカロンなんて50過ぎるまで存在すら知らなかった

わたしの時もそうだった

わたしがティラミスにはまってるって言ったら、チーズ嫌いなのに自分も食べだして

織田奈那:どいいうこと?

茜:何言ってんの?

妻:女よ、夫には女がいたってことなのよ

平手:不倫?先生と私たちの誰かがってことですか?

妻:家に帰ってこないのはそういうことでしょ

誰なの、早く名乗り出なさいよっ!

平手:ホントにそれ不倫ですか?たった一日二日帰ってこなかっただけじゃないですか?

妻:一か月よ!一か月!

一か月家にも帰らない、連絡もしない、電話にも出ない

平手:だからって不倫相手が生徒ってなんで決めつけるんですか?

妻:証拠があるからよ、証拠!

バッグから1枚の写真を取り出す徳山の妻

妻:主人のパソコンの中にあった写真よ、この学校の制服よね

 

動かないでっ!

誰なの?早く名乗り出なさい!さもないと

ロッカーに近づく徳山の妻

息を飲む生徒たち

妻:いいわ、10分だけ時間をあげる、だから出てきて話をしましょ

そう言い捨てて教室から出て行ってしまった

スポンサードリンク

ベりかのワイドショーの時間

現場のべりかです。なにか手がかりはあるでしょうか?

教室の時計、昨日から止まってるんだけど、これって死亡推定時刻かなあ

ねえねえ志田さん!志田愛佳さん!どう思う?

ヘッドフォンで音楽をききながらジャンプし続ける志田

平手:不倫相手探しにきてたんだ

小池:徳山なんて想像しただけでキモイねんけど

瑞穂:でも、この中にいるってことでしょ?」

理佐:いま不倫とかどうでもよくない?

平手:いや、その不倫相手が犯人という可能性がある

菅井:自分から名乗り出るとは思えないけど

小林:でも奥さん、見つけ出すまで帰らない勢いだよ」

今泉祐唯:帰ったとしても捜索願とか出されたらやばいよね

茜:じゃあさ、誰か不倫相手役する?誰かが徳山の彼女だったってことにするの

織田:奥さん余計ヒートアップして騒ぐんじゃない?

茜:チャンスだって。女のせいで徳山が家に帰らないって奥さんに想いこませればいいんだから

そこに戻ってきた尾関と鈴本

なぜか彼女役は鈴本に決定してしまうことに

徳山と鈴本が付き合っていたという証拠写真をねつ造する生徒たち

そのころ徳山の妻は、用務員の橋部と会っていた

妻は橋部から白い紙袋を受け取っていた

小林:奥さん戻ってきた、奥さん戻ってきた

あわてて徳山の死体をロッカーに戻す生徒たち

鈴本に対する妻の尋問が始まった

2人が付き合っていた証拠の写真を妻に見せる鈴本

 

相当無理がある写真だが

鈴本:(あくまで明るく)つまりそういうことなんで、でももう別れたんで、今更責められても困るっていうか、今どこに居るかは知りません

妻:この教室にいるじゃない

急に立ち上がってロッカーに駆け寄る徳山の妻

ロッカーを足で蹴り始めた

妻:出てきなさいよ、あなたそこに隠れてるんでしょ?そこにいればバレないと思った?

瑞穂:ええ?なんで?

妻:匂いよ、お風呂に入らなかった次の日の匂い 25年連れ添ったあたしが気付かないとでも思ったの?アナターっ!

ロッカーに駆け寄って徳山の妻の前に立ちはだかる茜たち

茜:落ち着いて!ここには何もっ!

妻:そこ、どきなさい

紙袋からポリタンクを取り出し、中の液体をロッカーにかけ始めた

平手:ガソリン?

ライターを取り出し蓋を開ける妻

 

妻:出てこないなら本当に火をつけるわよ

燃やす気?

ヤバくない?

でも逆に都合よくない?

ウチラ的には証拠隠滅

隠滅しないよ、死体は残るでしょう(今泉)

でも奥さんが焼き殺したってことで丸く収まる

燃えたって死因調べられるよ(小林)

妻:本気よ、出てこないなら本当に火をつける

ロッカーに近づく徳山の妻

突然平手が妻の前に立ちふさがった

平手:やめてください

徳山先生を‥‥先生を‥殺さないでくさだい 先生を殺さないでください

菅井:殺さないでください

守屋:殺さないで

織田:殺さないでください

みんなも同じように叫びだした。

平手:それに、そんなことしても奥さんの気持ち報われないと思います

妻:そうね、こんなことしてもなあんにもならない

そう言ってライターを投げ捨てた

妻:いい生徒さんたちね、あなたを匿って、あたしのことまで気づかってくれて、みんなあなたのこと慕ってる、あなたにはいつも優しいひとが集まるのよね、こんなにだらしのない人なのに、でもあなたの作るそういう空気がすごく居心地がよくて、大好きだった

ねえ、それでも出てきたくない?もう、わたしの顔なんか見たくない?

”わかった”と小さくつぶやいて徳山の妻は教室を出て行ってしまった

織田:出て来いよ

茜:いや出ないでしょ

菅井:出たんじゃないの、生きてたら

冬優花:なんか複雑だね夫婦って

理佐:好きになるってそういうことだよ

”なんか臭くない?”とい言ながら副担任の神崎が入ってきた

何でもないんです、なんでもないんです

”なにこれ?”と重箱を指さす神崎

菅井:徳山先生の奥さんが差し入れ、先生もどうぞ

神崎:奥さんいらしたの、職員室でいただくわ

重箱を持って教室を出ていってしまった

 

平手:奥さんは犯人じゃなかった、一体誰が徳山を‥‥犯人をしょっぴきたい

今泉:それ、気に入ってるんだ

”うん”と言って平手が笑った

廊下を歩きながらパクチーをおいしそうに頬張る神崎

神崎はパクチー好き?

もしかしたら徳山の不倫相手は神崎かもしれない

夜、誰も居なくなった3年C組の教室に現れた人影

死体が入っている”ねる”のロッカーを開け、袋からマカロンを取り出して食べているのは不登校のはずの長濱ねるだった

 

平手が怪しんだ通り、犯人は長濱ねるなのか?

スポンサードリンク

第3話燃やシタイの感想

消えたはずの死体は隣に移動していただけだった

こんなイタズラをするのは犯人なのか?

徳山の妻が現れ、徳山が一か月も家に帰っていないという。

その原因は生徒の誰かと徳山との不倫だと言い、証拠の写真を見せてきた。

始めは徳山の妻が犯人ではと疑っていた生徒たちも、あまりに必死に夫を探す妻の姿に、妻は犯人っではないと結論づけた。

一方でその不倫相手の生徒が犯人だという可能性も浮上してきた。

夜中に教室に現れる長濱ねるも怪しさ全開だ

生徒以外では副担任の神崎も疑わしい。

徳山の不倫相手が神崎だとしたら、徳山のセクハラについて聞かれた時の”ノーコメント”の答えも納得がいく

徳山に対する仕事上の愚痴も、徳山を嫌っているような言動も、疑いをそらすためのカムフラージュなのかもしれない。

徳山の妻にガソリン入りのポリタンクを渡した用務員の橋部の嫌疑も晴れたわけではない。

次週は本物の刑事が事情を聞きにくるらしい。

さらに新しい容疑者が浮上するのか、まったく展開が予測できない。

平手はいつか犯人をしょっぴくことができるのだろうか?

関連記事
:徳山大五郎を誰が殺したか?第4話”捜シタイ”あらすじと感想”警察がやってきた、徳山が盗撮犯?”
徳山大五郎を誰が殺したか?第2話騙シタイ 長濱ねる登場 あらすじと感想


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。