橋本奈々未乃木坂46 卒業と芸能界引退を発表 トイレ盗撮事件がトラウマか?

乃木坂46の第1期生で人気メンバーの橋本奈々未、16thシングル”サヨナラの意味”(11月9日リリース)で初センターをつとめることが発表されたばかりでしたが、10月20日の”乃木坂46のオールナイトニッポン”で卒業を発表しました。さらに芸能界も引退する意向で、今後は一般人として生きていくと宣言しました。スタジオには橋本が希望したキャプテン桜井玲香と生田絵梨花が同席し、涙ぐむ場面も見られました。

スポンサードリンク

どうしても拭えなかった芸能界への違和感 トイレ盗撮事件が追い打ちに

乃木坂46の第1期生メンバー橋本奈々未、白石麻衣と並ぶ美貌で乃木坂46で1・2を争う人気メンバーとしてグループを牽引してきました。

武蔵野美術大学へ入学して、たったひとりで上京、反対していた両親の援助は受けないと宣言してのひとり暮らし。

奨学金で学費をまかない、アルバイトで生活費を稼ぐという計画はすぐに行き詰まり、おにぎり1個で1日を過ごす極貧の生活の中で弁当目当てで応募した乃木坂46第1期生オーディション、歌もダンスも未経験、言われるままに必死で応えた結果、なんと合格してしまったのです。

▼乃木坂46お披露目会見写真(最前列の右端が橋本奈々未)

2011年8月21日乃木坂46結成、合格を告げられたその日の記者会見で詰めかけた報道陣のフラッシュを浴び、自分の人生が変わってしまったとそれから1週間泣き暮らします。

2012年2月22日、1stシングル”ぐるぐるカーテン”リリースで七福神に抜擢され、それからずっとフロントメンバーとして活躍してきました。

いわゆるアイドル像とは一線を画し、さばさばした男前の性格とドSキャラで、乃木坂46のクールビューティとして人気を博したのです。

元々芸能界に興味がなかったこともあり、乃木坂46の活動には全力で取り組んでいたつもりでしたが、自分のいるべき場所はここではないという、ぬぐえない違和感を感じ続けていました。

乃木坂46と橋本自身の人気が爆発し、アイドル以外にも、女優・モデル・テレビ番組MCアシスタントと幅広い分野に活動を広げることになります。

それにつれて増えていく収入には驚くと同時に、罪悪感に近い違和感を覚えていました。

そんな状況を、両親に家を買ってあげるとか、弟の学費を負担するとかの理由を掲げて自分自身を無理やり納得させてきたのです。

しかしそれらは本人も気付かないストレスとなり、体調に変調をきたすことになります。

体力には自信があったはずなのにたびたび体調を崩し、ライブや握手会を欠席することになってしまいました。

2014年8月には原因不明のアナフィラキシーを発症し入院を余儀なくされます。

人には言えなかったものの、モチベーションは上がらず、2014年まではとてもひどい状況だったと語っています。

2015年が明けたころから覚悟を決め、モチベーションを上げようと決めました。

2015年3月にはファッション雑誌CanCamの専属モデルに決定、2015年4月には中居正弘MCの『World Baseballエンタテイメント たまッチ!』(フジテレビ)の5代目アシスタントに抜擢され、橋本の将来は順風満帆に見えました。

ところがそれに水を差すような出来事が起こります。

福岡のラジオ局LOVE FMの番組にゲスト出演したさいに、そこで利用したトイレで盗撮の被害に遭ってしまったのです。

盗撮されたのは2015年1月15日、橋本はメンバーの高山一実と中元日芽香とともにラジオ局LOVE FMを訪れていました。

盗撮はそのビルの障がい者トイレで行われたそうです。

そしてあろうことか盗撮犯はその動画を盗撮専門のアダルト動画配信サイトに売り渡し、動画を買い取ったサイト運営会社は入会金2万円でその動画を有料配信するとアナウンスしました。

画像の一部はサンプルとして事前に掲載され、ネットは騒然となりました。

▼事前に公開された画像の一部(上半身のみを掲載)

被害者のひとりが乃木坂46の人気フロントメンバーであったことで騒動は一気に過熱してしまいます。

事態の予想を上回る拡大に、刑事事件化を恐れた動画配信運営会社は結局有料配信を断念します。

2015年10月動画配信運営会社は警察に摘発され、関係者17人が逮捕されるという結末を迎えます。

事件の性質から被害者の橋本本人からも乃木坂46の運営サイドからも一度もこの事件に触れることはありませんでした。

スポンサードリンク


この事件で橋本は心に深い傷を負ってしまいます。

元々芸能活動に違和感を感じていた橋本は、自分が芸能人であったためにこんな被害に遭ってしまうのだと考えるようになってしまったのです。

橋本の今回の芸能界引退に、この事件が大きく影を落としていることは想像に難くありません。

トップアイドルで、専属モデル契約やテレビタレントとしても活躍している橋本の年収は数千万と予想されます。(推定4~5千万)

それを捨てての引退は、男前な橋本らしい潔い決断とも言えますが、それだけ橋本が負った心の傷が深かったとも言えます。

”無理しなくていいのよ”

母のこのひと言に背中を押されて乃木坂46からの卒業と芸能界引退を決断しました。

普通の23歳の女性として心静かに暮らしていくことが彼女の一番の望みなのです。

良くも悪くも橋本奈々未らしい、潔い決断だと言えるでしょう。

卒業発表をしたオールナイトニッポンの放送の中で、子供が大好きで将来は3人の子供が欲しいと語った橋本。

その願いが叶うことを願ってやみません

今回のオールナイトニッポンは誰とやりたいかとスタッフに聞かれて、橋本は自分と考え方が似ていて、”ズルくない”とという理由で桜井玲香と生田絵梨花を選びました。
3%e4%ba%ba

番組中で橋本はどんなふうに育てたら桜井や生田のような素直な人間に育つのかと二人に質問していました。

家族が大好きな橋本が、自分自身が思う理想の家庭を桜井や生田の生い立ちに見ているのかもしれません。

引退後は本人の望むように静かに暮らしていけることを望むばかりです。

スポンサードリンク

16thシングルサヨナラの意味 作詞秋元康 作曲杉山勝彦

橋本の卒業について秋元康総合プロデューサーは今のところ何もコメントを出していません。

ただその思いは橋本が最初で最後のセンターをつとめる16thシングル”サヨナラの意味”の歌詞に込められているのでしょう。

作詞秋元康 作曲杉山勝彦

電車が近づく気配が好きなんだ

高架線のその下で耳を澄ましてた

柱の落書き 数字とイニシャルは

誰が誰に何を残そうとしたのだろう

時の流れ(時の流れ)が教えてくれる(教えてくれる)

過ぎ去った普通の日々が

かけがえのない足跡と

サヨナラに強くなれ

この出会いに意味がある

悲しみの先に続く僕たちの未来

始まりはいつだって

そう何かが終わること

もう一度君を抱きしめて

守りたかった愛に代わるもの

電車が通過するホームと風の中

君の唇が動いたけど聞こえない

静寂が戻り答えを待つ君に

僕は目を見て微笑みながらうなずいた

大切なもの(大切なもの)

遠ざかっても(遠ざかっても)

新しい出会いがまた

いつかはきっとやってくる

サヨナラを振り向くな

追いかけてもしょうがない

思い出は今いる場所に置いてゆこうよ

終わることためらって

人はみな立ち止まるけど

僕たちは抱き合ってた

腕を離してももっと強くなる

躊躇してた間に陽が沈む(せつなく)

遠くに見える鉄塔ぼやけてく(確かな距離)

君が好きだけどちゃんと言わなくちゃいけない

見つめ合った瞳が星空になる

サヨナラは通過点

これからだって何度もある

後ろ手でピースしながら歩き出せるだろう

君らしく

サヨナラに強くなれ

この出会いに意味がある

悲しみの先に続く僕たちの未来

始まりはいつだって

そう何かが終わること

もう一度君を抱きしめて

ホントの気持ち問いかけた

失いたくない

守りたかった愛に代わるもの

 

関連記事
:橋本奈々未引退の真相 電気も水道も止まるほどの極貧だった北海道時代を語る
:橋本奈々未の卒業曲”サヨナラの意味”のMVのストーリーが楽曲に合っていなくて失望してしまった
乃木坂46 16thシングルセンターは橋本奈々未 卒業フラグかとファンは騒然


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。