橋本奈々未の卒業曲”サヨナラの意味”のMVのストーリーが楽曲に合っていなくて失望してしまった

乃木坂46の橋本奈々未が初センターをつとめる16thシングルサヨナラの意味のMVが公開された。その内容が残念でならない。MVは、感情が高ぶると皮膚から棘が現れてしまう棘人(しじんと読むらしい)とそうでない人々の間にある抜き難い壁とそれをお互いの知恵の結晶である”棘刀式”という儀式を行うことでお互いを許し合うというストーリーになっている。これが楽曲としての”サヨナラの意味”にそぐわないことおびただしいのだ。

スポンサードリンク

“サヨナラの意味”のMVは前作”裸足でSUMMER”と同様 失敗作になってしまった

このMVは先にこのストーリーありきでのもので楽曲は何であってもかまわなかったようにみえててしまう。

すくなくともこの楽曲から着想を得て作られたストーリーではないと断言できる。

MVの制作サイドの自己満足の塊のようなものが出来上がってしまった。

今回僕たちが望んでいたのは、ななみんが気持ちよく卒業できて、僕たちが優しい気持ちでななみんを送り出すための楽曲でありMVだったのに。

でもその思いは見事に裏切られてしまった。

最初にして最後の橋本奈々未のセンター曲のMVとして、期待が大きかった分だけ僕たちが感じた失望は大きい。

絶望と言ってもいいくらいだ。

スポンサードリンク

このMVが公開されて、このストーリーの解釈について、ネットでは様々な議論がなされているようだが、もっともらしい解釈も芸術論もうっとおしいだけだ。

僕たちは乃木坂46を卒業し、同時に芸能界まで引退することを潔く決断したななみんを、気持ちよく次のステージに送り出したかっただけなのに、このMVはそんな僕たちの想いまで踏みにじってくれたのだ。

深川麻衣を送り出す楽曲”ハルジオンが咲くころ”のMVは、映像作品としての芸術性は低かったかもしれないが、この曲を最後に、乃木坂を去って行く深川を惜しむ気持ちが溢れていて、観る者を優しい気持ちにしてくれた。

この棘人のMVを見て、橋本の未来に何を感じろと言うのか。

MVでは橋本は、誰にも何も告げずに、どこかへ旅立ってしまう。

これでは橋本の未来になんの希望も見えてこない。

いい加減にしてほしい。

前作”裸足のSUMMER”のMVでは、茶色い海の中で、メンバーを裸足で踊らせるという茶番を演じさせている。

夏の海で裸足になる

という歌詞と、茶色い海が似合わないことを、誰も指摘しなかったのが不思議だ。

乃木坂工事中で、このMVの茶色い海にについて、センターの斉藤飛鳥が疑問を呈していたのには全くその通りと応援してあげたくなった。

MVの中では足元は見えないからという理由で、裸足ではなく、サンダルを履いたままダンスを踊っていたのが、カメラアングルの加減で後列メンバーのサンダルがしっかり映り込んでいたのには苦笑いするしかなかった。

裸足でSUMMERとサヨナラの意味、この2作品のMVは明らかな失敗作である。

両作品ともスケジュールがタイトで、撮り直す時間的な余裕がなかったのかもしれない。

それでも、”裸足でSUMMER”での失敗を踏まえて、しっかり制作サイドにオリエンテーションすべきだったのだ。

この失敗の責任は運営にあると言わざるを得ない。

せっかくななみんのために、”サヨナラの意味”という良い楽曲を作ってくれた秋元康総合プロデューサーと作曲家杉山勝彦氏にも失礼であろう。

ななみんの晴れ舞台がこんなことになってしまい、涙がでるほど悔しい想いがしている。

カップリングのななみんのソロ曲”ないものねだり”のMVが、ごく普通の良い作品になっているのが唯一の救いである。

裸足でSUMMERは、あんなMVの出来にもかかわらず、80万枚も売れたらしい。

だからMVがこんなありさまでも、シングル”サヨナラの意味”も売れるに違いない。

それはファンからななみんへの感謝の気持ちだからだ。

応援してきた”ななみん”の旅立ちにこんなことを言わなければならない自分にも腹が立っている。

ななみんの未来に多くの素晴らしい出会いと、たくさんの笑顔が待っていることを祈るばかりである。

関連記事:橋本奈々未乃木坂46 卒業と芸能界引退を発表 トイレ盗撮事件がトラウマか?


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。