(…)

池田瑛紗(いけだてれさ)乃木坂46 5期生File No.9~名門 女子学院高校卒業後、OCHABIで美大浪人中に乃木坂46オーディション合格、2023年3月東京芸大を受験し合格を果たす!

アイドル

池田瑛紗(いけだてれさ)乃木坂46 5期生File No.9 ~浪人中に乃木坂46オーディションに合格し、3度目の挑戦で念願だった東京藝術大学への入学も果たした苦労人~


2021年3月女子校御三家の女子学院高校を卒業し、現役での東京藝大受験に失敗、一浪中に乃木坂46五期生オーディションに合格、さらに2浪の末3度目の挑戦で東京藝術大学に合格した変わり種。

5期生最年長(2002年5月12日生まれ)であり、5期生学力テストではぶっちぎりの83点を叩き出し1位となった才媛である。

池田瑛紗のプロフィール

東京都出身

2002年5月12日生まれの19歳(2022年3月現在)、5期生11人中の最年長。
妹が一人いるが、顔は似ていない。(mini8月号インタビュー)

▼”そらまめ”をむいている”ちびてれさ”

特技:絵を描くこと。手先が器用なこと

一度会った人のことは忘れない
カメラで撮影した画像のように記憶を蓄積する才能(映像記憶とかピクチャリングと呼ばれる能力)を持っているようだ。
絵が上手なことも頷ける。

”海外旅行に行ったことはなく、苦手科目は英語だが、英検準1級を持っている”(B.L.T2022年12月号でのインタビュー46問46答での記事)とされていたが、2022年10月29日の三―グリ定点カメラ映像に現れて、”英検2級は持っているが準1級は持っていない”と訂正している。

趣味:漫画を読むこと、
アニメも大好き。
特に好きなのは、”進撃の巨人”と”新世紀エヴァンゲリオン”。

オーディションでは、カラオケでよく歌っていた”涼宮ハルヒの憂鬱”の”God knows”を歌った。
好きなアーティストは、宇多田ヒカル。
エヴァンゲリオン新劇場版の主題歌”Beautiful World”が一番好き。

アヒルのフィギュアを集めていて、現在53匹いる。
家のいたるところにアヒルがいる。

好きなことやもの:食べること、特にエビ。寝ること。変な服

苦手なものやこと:虫・トマト・太陽は好きだけど苦手・運動(しかし中高6年間バスケ部)

性格:根暗・ネガティブ・猫っぽい・きまぐれ(by冨里奈央)、くっつかれるのは好きじゃないけど、自分からくっつくのは好き。

他の5期生からは、”変な子”と言われる

中高6年間、バスケ部に所属していた。

友人から“松村沙友理さんが浪人中に乃木坂を受けた”という話を聞き、オーディションを受けることを勧められて応募した。

5次審査で、”ダンスの練習をしてきてください”と言われて、”ダンス経験まったくないのにやばくないか”‥‥?”って思って震えた。

ミネラルウォーターが値上がりしたので、お得な2リットル入りペットボトルを大量に箱買いしたため、部屋が水だらけになっている。
仕事場にも2リットルのペットボトルを持ってくる。

”誠意のある人間になりたい。”
”アイドルの仕事にちゃんと向き合ってる人として見られたい。”
とその抱負を語っている。

スポンサーリンク

池田瑛紗はハーフではない

母親が台湾人で、瑛紗は台湾出身、父親が日本人のハーフとのリーク情報があったが、真偽が不明だった。

このハーフ問題については、池田瑛紗がメディア賞を獲ったファッション誌”mini”8月号でのグラビア撮影時の1問1答で、ハーフであることを明確に否定している。

よくハーフ?って聞かれますが、両親とも東京出身です。
兄弟の中でお父さんだけハーフっぽい顔立ちで、私は父に似ました。

スポンサーリンク

美大受験に失敗、浪人中に乃木坂5期生のオーディションに応募した

物心ついたころから絵を描くことが好きで、本格的に絵の勉強を始めたのは高2から。

本気で美大を目指していた。

都内女子校御三家の1つ女子学院高校(私立の名門中高一貫校、偏差値70超・東大現役合格者20名以上)を2021年3月に卒業、東京藝術大学を受験したが失敗、その後再度美大進学を目指して御茶ノ水美術学院(有名な美大受験のための専門予備校・通称ochabi)に通っていた。

▼池田瑛紗が描いたと思われる作品

持っている花は、桃の花。


スポンサーリンク

2023年3月26日、東京藝術大学合格を公表

かねてから美術大学への進学を目指して浪人中であることを公表してきた池田瑛紗だが、2023年3月26日のブログにて、日本の美術系・芸術系大学の最高峰である東京藝術大学に合格したことを公表した。

歴代乃木坂メンバーで、芸術系の大学に在籍したのは、1期生の橋本奈々未(武蔵野美術大学)、若月佑美(常葉大学造形学部)、伊藤万理華(多摩美術大学 美術学部 )、生田絵梨花(東京音楽大学)の4人で、5期生の池田瑛紗は5人目となる。

東京藝術大学は、数ある日本の芸術系大学の中でも他の追随を許さない最高峰の大学であり、アイドル池田瑛紗の二浪での合格はまさに快挙。

個性に溢れ、才能豊かな5期生の中でもひときわ輝く存在となったと言えるだろう。

池田瑛紗はブログで次のように綴っている。

2023年3月26日、池田瑛紗のブログ

タイトル:皆様へ

みなさんこんにちは
乃木坂46 5期生の池田瑛紗です。
今日もブログを読みに来てくださりありがとうございます!

私事ですが、
今年の四月から東京藝術大学へ進学することになりました。

学生の頃から恋焦がれ、何度も挑戦し続けた場所であり、乃木坂46のオーディションに応募したのも浪人中の出来事でした。
大学のことを公表するに至ったのは、私が今後乃木坂46でお仕事を続けていくにあたってとても大きなことだと思ったからです。
スタッフさんと相談させていただいて決めました。

この1年で、私の周りがどれだけ素晴らしい方たちで溢れているか知ることが出来ました。
自分のことで大変なはずなのに私のことを気遣ってくれる友人たち、私の都合に合わせて変則的なスケジュールを組んでくださったマネージャーの皆さんやそれに合わせてくださるスタッフの皆さん、暖かいお言葉に沢山励まされました。本当にありがとうございました。乃木坂46のオーディションに合格した時、進学は諦めようと思っていました。
ここまで優しい応援を受けることができるなんて考えてもいませんでした。
本当に皆さんありがとうございました。これからは沢山恩返しさせてください。

そして、乃木坂46の私を見つけてくださり、いつも応援してくださる皆さん。いつか未来の私を見つけて好きになってくれるかもしれない皆さん。
いつもありがとう。今、このブログを読んでいて不安に思うこともあったかと思います。

あのね、私は皆さんのことが大好きだし、乃木坂46のことが何よりも大切なんです。それを知って欲しくてこの1年間自分なりに頑張ってきました。
その事が伝わっていたら嬉しいし、私の覚悟をこれからの私の姿からわかって欲しい です。
今後は乃木坂46の活動と大学の生活を両立出来るように頑張りたいと思っています。まだまだ皆さんと一緒に上を目指していきたいです。

私が選んだ人生の選択肢が乃木坂46の可能性を広げることに繋がると信じて前へ進んでいきたいと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!

スポンサーリンク

▼池田瑛紗の紹介動画はこちら

 

自分でも認めている重度の”漫画オタク”

5期生のリレーブログ(2022/04/29)に、大量の好きな漫画を挙げている。

進撃の巨人、新世紀エヴァンゲリオン、少女ファイト、HUNTER × HUNTER、チェンソーマン、チキタ ★GuGu、シドニアの騎士、ベルサイユのばら、ヒストリエ、タコピーの原罪、ここは今から倫理です、イタズラな Kiss、ライチ☆光クラブ、東京都北区赤羽、動物のお医者さん、パタリロ!、ペリリュー ~楽園のゲルニカ〜、重 版出来!、にがくてあまい、ディエンビエンフー、かくかくしかじか、ワカコ酒、眉月の誓、7SEEDS 書き過ぎ?

もっともっとあります。
ご飯系漫画、日常系漫画、歴史漫画もよく読みます。

特に好きなのは進撃、エヴァです!
推しはハンジさん、ミサトさんです(–‘ なぜ好きかって?… *ネタバレにつき自己規制 *
ともかく!エヴァはまずカラーリングが強いですよね。
黄緑×紫の組み合わせがほんとかっこいいです。
後述します が仮面ライダーWサイクロン×ジョーカーも同じカラーリングなのです。
補色なのもなんかいい♡♡

彩ちゃんにその話をしたらマスカットとぶどうだね!と言われました。
これからエヴァとW見たらお腹なりそう。

読めない展開を考察するのが好きです。
小さい頃から考察サイトを読み漁ったりしてました。

オタク話はまだまだあるので近いうちに詳しくお話したいと思います。
ネタバレ注意△

そうそう、私は仮面ライダーが好きです。
電王が特に好きで、クウガ、w、ビルド、ジオウも完走済!…と言いたいですが見直したい所も多々あります。(リ アタイ派)(クウガ除く)(何故ならまだ産まれてないので) 最初に言っておく!電王の推しはデネブです。
仮面ライダーゼロノスベガフォームがすき!

スポンサーリンク
冨里奈央(とみさとなお) 乃木坂46 5期生File No.5~白石麻衣がいじめにあっていたことを聞き、自分も変われるかもしれないと思って乃木坂46のオーディションを受けた~
冨里奈央(とみさとなお) 乃木坂46 5期生File No.5 ~父親のすすめで乃木坂46のオーディションを受けることに~ 冨里奈央の紹介動画はこちら プロフィール 千葉県市川市出身 2006年9月18日生まれの15歳(2022年2月現在)...
五百城茉央(いおきまお) 乃木坂46 5期生File No.8~いつも笑顔の8等身美人、歌で何かを伝えられるアイドルになりたい~
五百城茉央(いおきまお)は、書道と剣道が得意で、お風呂と鮪が好きな8等身美人~歌で何かを伝えられる人になりたい~ 五百城茉央の紹介動画はこちら プロフィール 兵庫県出身 2005年7月29日生まれの16歳(2022年2月現在) 166㎝・O...
奥田いろは(おくだいろは) 乃木坂46 5期生File No.6~天才子役と呼ばれた過去も!~
奥田いろは(おくだいろは)は、5歳でNHK大河ドラマに出演し、芦田愛菜と共演した天才子役だった 奥田いろはの紹介動画はこちら プロフィール 神奈川県で生まれて5歳までいて、その後千葉県で育った。 157.5㎝・A型 2005年8月20日生れ...
小川彩(おがわあや) 乃木坂46 5期生File No.4~乃木坂46最年少メンバーは、トマトが大好きで、歌もダンスも得意な未来のエース候補!~
衝撃の14歳 小川彩、鮮烈デビュー!~乃木坂46 5期生File No.4~ヒップホップが得意な乃木坂最年少メンバー ▼小川彩 14歳のリアル 小川彩の紹介動画はこちら プロフィール 千葉県出身 154㎝・B型 ▼2歳の小川彩 視力は0.1...
スポンサーリンク
菅原咲月(すがわらさつき) 乃木坂46 5期生File No.3~5期生のムードメーカーで、みんなから頼られるしっかり者~
乃木坂46 5期生File No.3 菅原咲月(すがわらさつき) 菅原咲月の紹介映像はこちら プロフィール 千葉県出身 157㎝・A型 2005年10月31日生まれの16歳・高校1年生(2022年2月4日現在) 好きな事:寝ること・ドラマや...
井上和(いのうえなぎ) 乃木坂46 5期生File No.1~抜群の表現力と歌唱力で初の5期生曲”絶望の1秒前”のセンターに抜擢!~
乃木坂46 5期生File No.1 井上和(いのうえなぎ) 井上和の紹介動画はこちら プロフィール 神奈川県出身 156㎝・B型 2005年2月17日生れの16歳・高校2年生(2022年2月4日現在) 両親と2人の弟の5人家。 下の弟とは...
一ノ瀬美空(いちのせみく) 乃木坂46 5期生File No.2~嫌なことがあっても一晩寝れば忘れるポジティブ女子大生、王道アイドルが大好きで握手会にも参加していた~
乃木坂46 5期生File No.2  一ノ瀬美空(いちのせみく) 一ノ瀬美空の紹介動画はこちら 一ノ瀬美空のプロフィール 福岡県出身 156㎝・B型 2003年5月24日生まれの18歳(2022年4月現在) 九州の私立の名門福岡雙葉高校を...
井上和(いのうえなぎ) 乃木坂46 5期生File No.1~抜群の表現力と歌唱力で初の5期生曲”絶望の1秒前”のセンターに抜擢!~
乃木坂46 5期生File No.1 井上和(いのうえなぎ) 井上和の紹介動画はこちら プロフィール 神奈川県出身 156㎝・B型 2005年2月17日生れの16歳・高校2年生(2022年2月4日現在) 両親と2人の弟の5人家。 下の弟とは...
中西アルノ(なかにしあるの) 乃木坂46 5期生File No.7~29thシングル”Acutually…”センター抜擢でネットが大炎上、不適切SNS発言発覚で活動自粛、2度目のお見立て会で活動再開~
乃木坂46の5期生7人目は、猫のような瞳とショートボブが個性的な中西アルノ(なかにしあるの)18歳、オーディションで抜群の歌唱を披露して秋元康総合プロデューサーらを驚かせた 中西アルノの紹介動画はこちら 中西アルノ29thセンター抜擢は乃木...

コメント

  1. Xu Chonglin より:

    3月18日に活動自粛が報じられた岡本姫奈(ひな)さんは愛知県出身で、佐藤楓さん・遠藤さくらさん・筒井あやめさんと同じらしいです。(岡本さんは豊橋、楓さんと遠藤さんは名古屋)

  2. Xu Chonglin より:

    先ほど池田さんの手書きのプロフィールが公開されました。(2022年3月28日14時時点)
    2002年5月12日生まれ・東京都出身・身長159cm・血液型は不明

    https://www.nogizaka46.com/s/n46/diary/detail/100113?ima=1605&cd=5th_generation_m

  3. いぬさく より:

    年齢をみると、多分てれぱんは二浪で合格だぜ

    • susumutaira より:

      いぬさく様
      池田瑛紗さんは、2021年3月に女子学院を卒業されているので、ご指摘の通り”二浪”での芸大合格でした。
      記事を早速訂正いたしました。
      ありがとうございます。
      管理人